ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

石川五右衛門か!自ら釜茹でになろうとして孫権に止められた鄧芝

蜀の外交官・鄧芝


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

鄧芝

 

三国志』といえば、

蜀・呉同盟VS魏という対立構造を

思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

 

三国志』の中で最も大きな戦いであったとされる

赤壁の戦いもそのような対立構造を呈していましたから、

ほとんどの人がそう思っても仕方のないことです。

 

しかし、呉と蜀が

仲良く手を組んでいたかといえば決してそうでは無く、

同盟と言う笑顔の裏では常に火花をバチバチ散らせていました。

 

そしてその歪みが表面化した結果、

大変なことが起こってしまったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復活させたお話

関連記事:鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者

 


 

呉と微妙な関係になってしまった蜀

劉備にキレる孫権

 

赤壁の戦いの後、

孫権(そんけん)からまんまと荊州をもらい受けた劉備(りゅうび)一行。

 

劉備は益州を手に入れたら

荊州を返すという約束もどこ吹く風、

関羽(かんう)を置いて堂々と居座るという暴挙に出ます。

すると荊州をめぐって両者の間で争いが勃発

 

これにより呉と蜀の同盟関係は崩れてしまうかに思われましたが、

曹操(そうそう)が漢中の張魯(ちょうろ)を攻撃し始めたとの知らせが入ります。

このまま2国で争っていたら

曹操が漁夫の利を得てしまうということで

再び思惑が一致した両者は荊州を山分け。

とりあえずは仲直りします。

 

しかし、やっぱり荊州を全て返してほしかった孫権

関羽曹操と争っている間にちゃっかり曹操と密約を結び、

呂蒙(りょもう)陸遜(りくそん)を使って関羽をだまし討ちにしてしまいます。

 

これには劉備もブチギレ。

我を忘れた劉備の剣幕にビビった孫権

何度も劉備に謝ったのですが

当然劉備の怒りが収まるはずもなく、

両国は夷陵の戦いへと突入していったのでした

 


 

頼りない劉禅を守るには…

孔明を説得する鄧芝

 

しかし、最初の方こそ勢いのあった蜀軍でしたが、

あっという間に形成を覆されて

ボロ負けしてしまいます。

このことに大きなショックを受けた劉備は

お腹を壊してポックリ逝ってしまいます

 

このため、

劉備に代わって劉禅(りゅうぜん)が皇帝となったわけですが、

これがまた頼りないのなんのって…。

 

蝶よ花よと育てられたためか、

妙におおらかでラブ&ピースな感じだった彼は

父の漢王朝復興の願いなどどうでも良かった模様。

 

これには諸葛亮(しょかつりょう)をはじめとして

多くの臣下たちが劉禅のボンクラぶりに

頭を悩まされていたわけですが、

彼らが最も恐れていたのは

このアホ息子が魏の曹丕(そうひ)

パクッと食べられてしまうことでした。

 

劉備が死んでからというもの、

暇を持て余した曹丕から諸葛亮に対して

「早く降伏しろよ(笑)」

というお手紙が送られて来ていました。

劉禅は完全にナメられていたわけですね

 

この現状を打破するためには、

冷え切ってしまっている呉との関係を

もう一度復活させるしかない…!

そう考えた諸葛亮

呉に使者を出すことにします。

 

そしてその白羽の矢が立てられた人物こそが

鄧芝(とうし)だったというわけです

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

鄧芝の弁舌に孫権も感激

鄧芝の弁舌に孫権も感激

 

劉備が益州を平定した際に配下に加わった鄧芝は、

ある日劉備に弁舌の才を見出され、

その後トントン拍子に出世を重ねて

尚書にまで上り詰めます。

 

そんな弁の立つ鄧芝に

蜀の命運が託されたわけですが、

彼は想像以上によくやってくれた様子。

 

「もう蜀なんて知らない!」

という状態だった孫権の心を得意の弁舌によって見事溶かし、

蜀と呉の同盟関係を再び締結することに成功したのです。

 

そして、鄧芝本人も孫権から滅茶苦茶気に入られ、

手紙や贈り物をやりとりする仲になったのでした


 

三国志演義』ではかなり激しいパフォーマンスを披露

魁男塾4巻

(画像:魁男塾4巻)

 

巧みな言葉で孫権の心を動かしたとされる鄧芝ですが、

三国志演義』においては

度肝を抜くようなパフォーマンスによって

孫権の心を動かしたとされています。

 

まず、完全に蜀を舐め腐っていた孫権は、

使者として来た奴をビビらせてやろうと

男塾名物(おとこじゅくめいぶつ)・油風呂をご用意。

ニヤニヤしながら使者を待ちます。

 

そしてそこに鄧芝が到着したわけですが、

鄧芝はビビるどころかいきなり孫権を罵倒

思いがけない鄧芝の反応に孫権も逆ギレ!

 

すると鄧芝は孫権に道理とは何たるかをこんこんと説き、

一通り説教を終えたかと思うと

私がどのような覚悟でここに来たかをご覧に入れる!

と言って油風呂に飛び込もうとしたのでした。

 

これには孫権もビックリ。

あわてて鄧芝を引きとめて

同盟を結ぶことを宣言したのでした。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

街亭の戦いで趙雲(ちょううん)と一緒に負けてしまったという

イメージが強い鄧芝ですが、

実はなかなかのやり手だったようですね。

 

彼がいたおかげで蜀の寿命は延び、

三国鼎立の時代が

ちょっぴり長く保たれたのかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名使者

関連記事:【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 


 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 劉邦と張良と陳平 もしも、劉邦軍と劉備軍が入れ替わったら?【if三国志】
  2. 袁術の最後 孫堅さえ生きていれば…袁術、惜しい人を亡くす
  3. 真田丸 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!
  4. 曹操にコテンパにされる袁紹 袁紹が負けた原因はオトモダチ軍閥だったから?官渡の戦いを考察
  5. 張嶷 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認…
  6. 孔明 劉備の剣とハンコ 【知ってた?】三国志の軍隊を動かす為に絶対必要な2つのアイテム
  7. 張飛が使う蛇矛 張飛の武器は蛇矛じゃなかった?蛇矛は三国志の時代の武器だった?
  8. 後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹は黄巾の乱平定に実は参加していなかった!袁紹は何をしていたの…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 篤姫
  2. 孫策に攻撃される黄祖
  3. 三国志ライター よかミカンさん
  4. 曹操のお墓(曹操高陵)
  5. 関羽と関索
  6. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  7. 燃える本能寺

おすすめ記事

  1. 袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介 荀彧と袁紹
  2. キングダム567話「明日の太陽」ネタバレ&レビュー
  3. 昔の日本は中国と比べるとかなり遅れてたらしいけど、漢代の頃はどんな感じだったの? 邪馬台国と魏軍の兵士
  4. 周泰は陸遜と一緒に戦った事ってあるの?孫呉の英雄の共闘を調べてみた 陸遜
  5. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖 孔明
  6. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.2 はじめての三国志編集長kawauso

三國志雑学

  1. 孔明の遺言を聞きに成都から五丈原まで走った李福
  2. 張飛益徳参上
  3. 陳宮
  4. 怪しい巫女のい占いを信じる黄皓


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徳川家康をボコボコにする武田信玄
  2. 父・関羽とともに亡くなる関平
  3. 西夏の旗の兵士
  4. 嬴政(始皇帝)
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

キングダム 524話 ネタバレ予想:朱海決戦はどのように推移する? 三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介! 曹操から逃げ回る劉備 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 永倉新八とはどんな人?新選組への加入から剣術の逸話まで解説 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの? 諸葛瑾と幼い頃の孔明 諸葛亮の幼い日はどんなだった? 卑弥呼 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ? 孫和 孫和とはどんな人?文武両道だけど最後はとっても悲惨な貴公子

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP