三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

姜維はなぜ魏から蜀に寝返った?




姜維と鄧艾のタイマン

 

姜維(きょうい)の北伐失敗と蜀の衰退へ』では、姜維による北伐が失敗に至る経緯について取り上げました。

姜維は元々魏にいた武将ですが、諸葛亮(しょかつりょう)の北伐によって敵の蜀に降伏し、蜀の北伐の大将となりました。

 

日本の戦国武将と同じく三国志においても敵国に鞍替えして出世した人物は多く

ざっと数えても、魏では賈詡(かく)張郃(ちょうこう)徐晃(じょこう)張遼(ちょうりょう)等、蜀では法正(ほうせい)黄権(こうけん)孟達(もうたつ)

呉では甘寧(かんねい)などが鞍替えによって出世しています。

姜維は魏に仕えていたにもかかわらず蜀では大将軍になり北伐を指揮しました。

三国志の時代の典型的な人物であると言えます。

 

今回は姜維による北伐失敗と蜀の衰退までの過程について取り上げます。

それから姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなったのかということを考えたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蜀はなぜ北伐に乗り出したの?その目的は?

関連記事:【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化

 

 

姜維の北伐と魏から蜀へ

姜維の北伐と魏から蜀へ

 

『姜維の北伐失敗と蜀の衰退へ』によれば、蜀による北伐は諸葛亮によって西暦228年に始まりました。

諸葛亮はこの第一次北伐で魏に敗北します。

 

しかし、この第一次北伐の途中に姜維は魏から蜀に寝返ります

以降、姜維は北伐に従軍し、諸葛亮の下で頭角を現すようになりました。

諸葛亮が死亡してから、姜維は諸葛亮の遺志を引き継ぎ、北伐を続けました。

最初の北伐は順調に進み、徐質(じょしつ)王経(おうけい)という魏の武将を討ち取りました。

 

しかし、256年の段谷(だんこく)の戦いで魏に大敗してから、姜維による北伐の戦況は不利になりました。

戦況が不利になったため、いったん北伐を中断しましたが、262年に北伐を再開します。

北伐を再開しても魏に敗れ、姜維は蜀の政権内で完全に孤立しました

 

263年蜀の衰退を見た魏の鍾会(しょうかい)鄧艾(とうがい)が大軍で蜀に侵攻、姜維は天然の要害剣閣(けんかく)に立て籠もり抵抗しますが、

迂回(うかい)して蜀の首都を突いた鄧艾の戦略により劉禅(りゅうぜん)が降伏し姜維もやむなく剣を捨てました

 

 

姜維はなぜ魏から蜀へ寝返った?

姜維はなぜ魏から蜀へ寝返った?

 

姜維が魏から蜀へ寝返った動機について取り上げます。

最初に、姜維の家柄について取り上げます。

姜維は涼州天水郡の豪族の出身で出世が見込める家柄の家庭に生まれました。

若くして昇進できたことから、蜀に寝返る動機については当てはまりません。

 

次に、魏の武将について取り上げます。

当時の魏の武将は有能な人物が多いと言われています。

諸葛亮による北伐に対抗するために、魏は前半には曹真(そうしん)、張郃、郭淮(かくわい)等、後半には司馬懿(しばい)を送り出しています。

 

魏には有能な人材が多かったのですが、一方で蜀には有能な人材が乏しい状態でした。

姜維は蜀による北伐があったとき、偵察中の姜維は上官に内通を疑われ城から締め出され行き場を失った事でやむなく蜀に降伏しました。

 

姜維の降伏は偶発的な事故でしたが、その後、故郷に帰ろうとはしなかったので諸葛亮の下で蜀の武将として北伐に加われば

出世しやすいと考えたのかもしれません。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

三国志ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は姜維が魏から蜀に寝返った動機について取り上げました。

姜維は蜀に寝返り、諸葛亮の後を継いで北伐の大将軍となりました

姜維は出世することに成功しましたが、蜀は魏に降伏して終わりました。

降伏後の姜維について取り上げます。蜀は魏に降伏しましたが、

姜維は魏の鍾会を抱き込んで蜀の再興を目指します。

 

しかしその途中で計画が漏れてしまい鍾会共々殺害されました。

北伐を始めた頃から蜀と魏に国力の差がありました。

国力の面で圧倒的に強い魏に残っていると安泰だと考えがちですが、

姜維は活躍の場を求めて蜀に寝返りました。

あえて国力の面で不利な蜀に寝返ったことで、結果的に姜維は三国志の中で有名な人物になることができました。

 

もし姜維が魏に残っていたらどうなっていたのでしょうか。

魏には有能な人材が豊富であったことからほとんど出世できないと考えられます。

三国志の中で名前を残すくらいの有名な人物になることもなかったでしょう。

 

姜維が魏に残っていたら蜀との戦いはどうなったのでしょうか。

人材や国力の面で蜀と比べると圧倒的に魏が優位であったことからあっさりと降伏した可能性があります。

諸葛亮が魏の戦力を落とすために魏の有能な人材を引き抜こうとして抵抗したことも考えられます。

戦況によっては蜀の地理的な状況を活かしてゲリラ戦で魏に抵抗することも考えられます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた

関連記事:姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 蜀の魏延 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1…
  2. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世し…
  3. 宋姫 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由…
  4. 赤鎧を身に着けた曹操 【潼関の戦い】二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい
  5. 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?
  6. 劉備主役 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳
  7. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編
  8. 曹操と夏侯惇 【三国志妄想列伝】夏侯惇が群雄として立てる人だった!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徳川家を守った篤姫
  2. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  3. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

おすすめ記事

  1. 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明 馬謖を斬り悲しむ孔明
  2. 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直
  3. 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?
  4. 【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ
  5. 『とちぎの三国志「山車人形」まつり』が開催。三国志の登場人物を載せた山車を展示
  6. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍

三國志雑学

  1. 三国志大学で勉強する公孫瓚
  2. 曹操女性の敵3
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 残忍な曹丕
  2. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  3. 吉川英治様表紙リスペクト
  4. 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した

おすすめ記事

連環の計って、どんな作戦? 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第3回 曹操交代!まさかのあの人が主力メンバー入り!! 愛馬に乗る張遼 張遼ってイケメンだったの?【張遼好き必見】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【10/17〜10/23】 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!! 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう) 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 原田左之助とはどんな人?池田屋事件での逸話や薄桜鬼での原田左之助 費禕 費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP