ログイン | 無料ユーザー登録


麒麟がきた
Youtube


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志トランプ】人物の説明文がトホホな人たち

司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

学生時代のよかミカン

 

私が学生時代に級友からもらった中国製の三国志トランプ(上海文化用品総公司製)には人物の絵の下に、その人物の簡単な説明文(三国志演義ベー

ス)が載っています。

 

名前と主な業績が書かれているのですが、なかにはトホホな説明文を書かれている人も!もうちょっといいこと書いてあげなよ!

って言いたくなるようなトホホな説明文をご紹介します!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!?

関連記事:廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将軍

 


 

悪いことしか書かれていない劉禅

悪いことしか書かれていない劉禅のトランプ

 

蜀の二代目皇帝・劉禅(りゅうぜん)の説明文はこうなっています。

 

劉禅、幼名は阿斗(あと)劉備(りゅうび)の死後に後を継ぐが、

凡庸で無能であり、政治は諸葛亮(しょかつりょう)が執った。

宦官を重用し、へつらいの言葉を喜んで聞き、国が滅んでも心を痛めなかった。

 

いやいや、国が滅んでも心を痛めなかったってことはなかったんじゃないでしょうか。

しょうがないから降伏しただけなのでは……。

降伏した以上、

いつまでも故国を思ってウジウジしていたってしょうがないじゃないですかぁ。

それで無神経な人みたいに書かれるのはあんまりだと思います!

(いや劉禅は無神経だよ、とお思いになった方はこちらの過去記事をご覧下さい↓)

 

君たちはどう生きるか?アホ劉禅に学ぶ聡明な生き方

 


 

やむをえず重用された!?廖化

やむをえず重用された廖化のトランプ

 

三国志演義では、黄巾の乱(西暦184年~)から蜀の滅亡(西暦263年)までを戦い続けている超長生き武将の廖化(りょうか)

(90歳以上まで現役? 廖化は二人いる説もあり)彼の説明文はこうなっています。

 

廖化。もとは西蜀の副将であった。五虎将軍があいついで死去し、

新たに将才のある人物が現れなかったため、

諸葛亮はやむをえず廖化を先鋒として重用した。

 

もともとは副将レベルの人物だったのに人材不足でやむをえず重用されたんですと?

人物紹介で「やむをえず重用された」なんて、あんまりじゃないですかー!

もっと書きようあるでしょうに。トホホ。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

武芸は強くない?馬岱

武芸は強くない馬岱

 

劉備なき後の蜀でちょいちょい活躍している馬岱(ばたい)の説明文は、こうなっています。

 

馬岱。西涼の馬超(ばちょう)の族弟。勇気にすぐれ、武芸は強くないものの自分の力を尽くし、

忠心をつくして蜀のために戦った忠義の将。

 

武芸は強くないものの、ってわざわざ書く必要ありますかね?

強くないってこともなかったでしょうし。

でも、あんまり派手な強さを見せないところが馬岱の人気の源かもしれませんね。

人並み外れた力はないけど自分の力を尽くすなんて、素敵です。


 

ケツの穴が小さくて憤死!?あんまりな書かれ方の周瑜

ケツの穴が小さくて憤死あんまりな書かれ方の周瑜のトランプ

 

呉の重臣・周瑜(しゅうゆ)の説明文はこうなっています。

 

周瑜、字は公瑾(こうきん)。東呉の都督。胸に韜略(兵法)を有し、

赤壁の戦いでは劉備と連合して曹操(そうそう)を破った。

器量が小さく、諸葛亮によって三回憤激させられ死去。

 

三国志演義ベースの世界観では、周瑜は器量が小さくて憤死させられるだけの人なのか……。

胸に有している韜略も、業績も、全て諸葛亮のいい噛ませ犬になるための材料に過ぎないのでしょうか。トホホ……。


  

 

 

若い頃しか注目されない陸遜

若い頃しか注目されない陸遜のトランプ

 

呉の重臣・陸遜(りくそん)の説明文はこうなっています。

 

陸遜。字は伯言(はくげん)。東呉の若き都督。

才気を内に秘め、蜀の劉備が東呉遠征を行った時は陸遜は才智を振るい、

蜀の陣営七百里を火攻めにして勝利した。

 

陸遜は呉の重臣で、還暦過ぎまで八面六臂の活躍をした人だと思うのですが、ここでは「若き都督」と書かれています。

劉備を破った夷陵の戦いしか評価されていないようですね。トホホ。

 

なぜだかいい人っぽく書かれている張昭

なぜだかいい人っぽく書かれている張昭

 

呉の重臣・張昭(ちょうしょう)の説明文はこうなっています。

 

張昭。字は子布(しふ)。東呉の要の謀士で、孫策(そんさく)が臨終のさいに重任を託した臣である。

しかし肝心な赤壁の戦いの前には曹操への降伏を強く勧めており残念なことである。

 

「残念なことである」というのは、張昭は本来そんな人じゃないはずだ、という意味ですよね。

私のイメージでは、張昭って本来そんな人だろうと思うのですが。

自分ばっかりエエカッコして孫権(そんけん)に非協力的で家に放火されたりしてるじゃないですか。

そのエピソードは三国志演義にはないから、演義ベースだとそこそこいい人なんですかね……。

(群雄に協力する=いい人だとは限りませんが。名士目線から見ればヒーローかも?)

これはトホホな説明文ではありませんが、なんだか違和感があります。

 

ありのままに書かれてもトホホな呂布

ありのままに書かれてもトホホな呂布のトランプ

 

三国志物語の前半戦で叛服常無き生涯を駆け抜けた呂布(りょふ)。説明文はこうなっています。

 

呂布。字は奉先(ほうせん)。武勇はあるが謀略はなく、

利を見て義を忘れ、女色を見て頭がくらむ人物。

最初は丁原(ていげん)に仕えて義理の父と仰ぎ、

後には董卓(とうたく)の義理の息子となり、最後には白門楼で死亡した。

 

ひどい書かれようなんですが、呂布はおおむねこんな感じではないでしょうか。

ありのままに書いてもトホホな内容になるって、すごい人徳ですね。

さすがは人中の呂布です。

「呂布こそ、真の三國無双よ!」by董卓

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

中国の子供たちは、三国志トランプにある説明文を読みながら三国志に対する理解を深めて成長していくんでしょうかね。

ト…トホホ……。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布奉先はどんな人?武力だけじゃない凄い所8選

関連記事:周瑜の遺言が名文すぎて泣ける周瑜爆ageキャンペーン

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話


 


 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 公孫サンは英雄劉備が真似した人物 公孫瓚はクズ野郎だった?北の英傑公孫サンの実像があまりにも酷い件…
  2. 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜 陸抗と羊祜は力が拮抗していたから○○しなかった
  3. 荀彧 荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件
  4. 周瑜に憧れる袁術 袁術が軍師を欲しがってたってホント?人の意見を聞かない袁術の本音…
  5. 曹操VSかく 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  6. 五虎大将軍の黄忠 黄忠がすごいのは民衆からの愛され方がすごかったから?正史に書いて…
  7. 土いじりをする劉備 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第四回:幽州(ゆうしゅう)、…
  8. 賈逵(かき) 賈充の父・賈逵は息子と違い軍事に優れた人物だった!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 袁紹と曹操
  3. 日本戦国時代の鎧(武士)
  4. 高杉晋作
  5. 怒る曹操
  6. 張飛の最後
  7. 曹丕
  8. 負けた魏延
  9. 三国志大学 曹操

おすすめ記事

  1. 劉表(りゅうひょう)とはどんな人?肥沃な土地と膨大な兵力を保持しながら、華々しい活躍をしないで終わった荊州牧 朝まで三国志 劉表
  2. 三国志時代の大晦日が楽しそう!プレゼント交換、友達と夕食や夜更かし 孫権と劉備と曹丕
  3. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯
  4. 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介 曹丕と曹植
  5. 袁術は悪政なのか微妙なところ?袁術は名門主義をとったので失敗した 袁術
  6. 【岳飛の墓事情】死後における岳飛と秦檜の評価をめぐって 岳飛(南宋の軍人)

三國志雑学

  1. 後悔する孫権
  2. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  3. 賈詡
  4. 孔明
  5. 病気がちな孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備 婿
  2. 魯粛
  3. 張飛は文武両道
  4. 魏の夏侯淵
  5. 甘寧と凌統
  6. キレる劉備になだめる黄権
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

勝海舟はどうして西郷どんを高く評価したの? 于禁 「于禁は降伏。龐徳は討ち死に」どうして違いが生まれたの?? 西郷隆盛像 日本で初めてダイエットをしたのは西郷どん? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その1 大和朝廷を建国したカムヤマト 邪馬台国最期の戦い(後編)邪馬台国滅亡と神武降臨(神武天皇) 夏侯惇 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの? キングダム 【ネタバレ注意】キングダム539話レビュー「戦の相手」 月照はどんな人?西郷どん最愛のお坊さん?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP