キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての呉

朱治とはどんな人?孫呉三代に仕え、戦三昧だった呉の将軍

朱治




呂蒙

 

孫呉には多くの名将と呼ばれる人たちがいます。たとえば周瑜(しゅうゆ)呂蒙(りょもう)など孫策(そんさく)の頃から仕え、多くの実績を残しています。

 

朱治

 

しかし孫呉には孫堅から仕え、多くの戦いで実績を残した将軍たちがいるのをご存知でしょうか。今回は孫堅(そんけん)の頃から仕えた重鎮・朱治(しゅち
)
について紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「朱治 呉」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介

関連記事:孫権の髭はどんな髭?なんと孫権は異民族でもあった?

 

 

孫堅の配下となって戦で活躍する朱治

呉の孫堅

 

朱治は揚州丹陽群出身の武将で、県の役人として就職。その後朱治は孫堅の配下として加わり、荊州で反乱を起こしていた異民族討伐戦で功績を残します。

 

孫堅、孫賁

 

孫堅は董卓を討伐するため各地の群雄が連合軍を形成し、董卓(とうたく)討伐のための戦が勃発すると、彼も董卓を討伐する戦に参加。朱治も孫堅に従って董卓討伐戦へ出陣し、董卓軍を撃破した陽人の戦いで活躍します。

 

海賊時代の孫堅

 

朱治は孫堅と一緒に洛陽復興作業に参加した後、孫堅から歩兵と騎兵を預けられ、黄巾賊の反乱に困っている陶謙(とうけん)の元へ援軍として向かいますが、この時が朱治と孫堅の永遠の別れになってしまいます。

 

孫堅逝く

 

孫堅はその後、劉表(りゅうひょう)討伐戦を行いますが、劉表の武将・黄祖によって討ち取られてしまい、孫堅軍もバラバラになってしまいます。朱治は孫堅が劉表に討ち取られていることを知らず、黄巾討伐戦を順調に進めていました。

 

 

孫策を盛り立てて揚州平定戦でも活躍する朱治

亡くなる孫堅

 

朱治は孫堅が亡くなった事を知ると悲しみに明け暮れることになりますが、孫堅の息子・孫策袁術(えんじゅつ)のもとへ身を寄せていることを知り、孫策の元へ向かいます。朱治は孫策の元にたどり着くと彼を助け、盛り立てていきます。

 

イケメン孫策と袁術

 

その後孫策は袁術から命令を受けて揚州へ向かうことになると朱治も孫策に従って出陣。朱治は孫策と一緒に揚州に割拠する群雄や異民族を討伐し、揚州平定戦で大きな功績を残しますが、軍勢を率いて異民族委討伐作戦を実行中に孫策が暗殺されて亡くなったことを知ります。

 

張昭

 

朱治は張昭(ちょうしょう
)
と一緒に孫策を盛り立てていく事を決め、孫権に忠誠を尽くして仕えます。

 

孫権の統治に反旗を翻した異民族討伐で功績を挙げる朱治

戦で手柄を立てる朱治

 

朱治は孫権に仕えると揚州で反乱を起こしていた異民族討伐戦に明け暮れることになります。揚州は異民族が多い土地で多く、何度も孫呉の統治を嫌って反乱を繰り返していました。朱治は孫呉の統治に不満を持っている異民族を討伐に出陣。

 

暴れまわる異民族に困る梁習

 

朱治は多くの異民族を討伐し、異民族の反乱を抑える実績を残します。孫権は朱治が異民族討伐戦の途中経過を報告に来る際、必ず自ら朱治を出迎えて宴会を開いて朱治をもてなしたそうです。

 

呉南蛮異民族をボコボコにする潘濬(はんしゅん)

 

さらに孫権は朱治が手を抜かないで全力で仕事に取り込んでいることを知っていたので、彼に特別待遇を与え、彼の長年の実績に報いていたそうです。朱治は孫家三代に仕え、孫権や他の諸将から尊敬を受け、孫呉を支えた重鎮として慕われていた将軍でした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は孫堅・孫策・孫権の三代に仕えた朱治を紹介しました。

 

むち打ちで裁かれる黄蓋

 

孫家には彼のほかにも赤壁の戦い曹操軍を打ち破るきっかけを作り出した黄蓋(こうがい)や特殊部隊を率いて戦った韓当(かんとう)・幽州出身で周瑜(しゅうゆ)を尊敬していた程普(ていふ)など多くの名将たちによって支えられていました。

 

孫権と三国アヒル

 

そのため孫堅時代から仕えていた彼らが孫権を支え盛り立てたため、孫権が孫策の跡を継いでも孫策時代に仕えていた諸将の離反もなく、孫家が築いた領土内の動揺も最小限で抑えています。もし孫堅時代から仕えていた重鎮たちが協力しなければ、赤壁の戦いの前に孫呉の基盤が崩れ、三国志が出現しなかったかもしれません。

 

張昭、孫権、孫策、周瑜

 

このことを考えると孫権は孫堅時代から仕えた重鎮と孫策時代に仕えた周瑜張昭達など優秀な人材が豊富にいて、人材面で非常に恵まれていたと考えることができるでしょう。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志 Three Kingdomsの孫権が陰険すぎる!

関連記事:「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 陸抗 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将
  2. 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす…
  3. 華歆(華キン) 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  4. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  5. 魯粛 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  6. かぼちゃと孫権 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権
  7. 呉の小覇王・孫策 孫策(そんさく)とはどんな人?たった26年の生涯を駆け抜けた小覇…
  8. 孫皓と張俊 呉のA級戦犯?孫皓を皇帝にした呉の重臣「万彧・濮陽興・張布」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の魏延
  2. 孔明 耳で聞いて覚える三国志
  3. 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250
  4. 張昭
  5. 鄧艾
  6. 程昱(ていいく)
  7. ゆるい許褚

おすすめ記事

  1. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの? 劉禅
  2. そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった! 美女を集めた曹叡
  3. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事
  4. 織田信長は精神的な病気だった?天才的なひらめきを発揮した信長の苦悩 キレる織田信長
  5. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝 関羽と張飛と劉備
  6. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選 劉備

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 三国志の計略と孔明
  3. 疫病が流行った村


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 許チョ(許褚)
  2. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  3. 司馬朗と董卓
  4. 李牧
  5. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3
  6. 曹操を励ます荀彧

おすすめ記事

蜀の皇帝に即位した劉備 劉備は本当に大器だったの?三国志演義の主役を斬る 杜幾(とき)とはどんな人?魏の国内で素晴らしい統治をおこなった名行政官 幻の1940年の東京五輪 いだてん 1940年、幻の東京オリンピックとは?なんで中止になったの? 曹操 【9月の見どころ】9/16公開予定:【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた 幕末 洋式軍隊の行進 彰義隊が散った上野戦争とはどんな戦いだったの? 孔融と曹操 曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる 韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝) 意外!中国人は三国志をあまり読んでない!? 華陀と麻沸散 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP