朱治とはどんな人?孫呉三代に仕え、戦三昧だった呉の将軍

2019年7月18日


 

呂蒙

 

孫呉には多くの名将と呼ばれる人たちがいます。たとえば周瑜(しゅうゆ)呂蒙(りょもう)など孫策(そんさく)の頃から仕え、多くの実績を残しています。

 

朱治

 

しかし孫呉には孫堅から仕え、多くの戦いで実績を残した将軍たちがいるのをご存知でしょうか。今回は孫堅(そんけん)の頃から仕えた重鎮・朱治(しゅち
)
について紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「朱治 呉」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介

関連記事:孫権の髭はどんな髭?なんと孫権は異民族でもあった?

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



孫堅の配下となって戦で活躍する朱治

呉の孫堅

 

朱治は揚州丹陽群出身の武将で、県の役人として就職。その後朱治は孫堅の配下として加わり、荊州で反乱を起こしていた異民族討伐戦で功績を残します。

 

孫堅、孫賁

 

孫堅は董卓を討伐するため各地の群雄が連合軍を形成し、董卓(とうたく)討伐のための戦が勃発すると、彼も董卓を討伐する戦に参加。朱治も孫堅に従って董卓討伐戦へ出陣し、董卓軍を撃破した陽人の戦いで活躍します。

 

海賊時代の孫堅

 

朱治は孫堅と一緒に洛陽復興作業に参加した後、孫堅から歩兵と騎兵を預けられ、黄巾賊の反乱に困っている陶謙(とうけん)の元へ援軍として向かいますが、この時が朱治と孫堅の永遠の別れになってしまいます。

 

孫堅逝く

 

孫堅はその後、劉表(りゅうひょう)討伐戦を行いますが、劉表の武将・黄祖によって討ち取られてしまい、孫堅軍もバラバラになってしまいます。朱治は孫堅が劉表に討ち取られていることを知らず、黄巾討伐戦を順調に進めていました。

 

 

 

孫策を盛り立てて揚州平定戦でも活躍する朱治

亡くなる孫堅

 

朱治は孫堅が亡くなった事を知ると悲しみに明け暮れることになりますが、孫堅の息子・孫策が袁術(えんじゅつ)のもとへ身を寄せていることを知り、孫策の元へ向かいます。朱治は孫策の元にたどり着くと彼を助け、盛り立てていきます。

 

イケメン孫策と袁術

 

その後孫策は袁術から命令を受けて揚州へ向かうことになると朱治も孫策に従って出陣。朱治は孫策と一緒に揚州に割拠する群雄や異民族を討伐し、揚州平定戦で大きな功績を残しますが、軍勢を率いて異民族委討伐作戦を実行中に孫策が暗殺されて亡くなったことを知ります。

 

張昭

 

朱治は張昭(ちょうしょう
)
と一緒に孫策を盛り立てていく事を決め、孫権に忠誠を尽くして仕えます。

 

 

孫権の統治に反旗を翻した異民族討伐で功績を挙げる朱治

戦で手柄を立てる朱治

 

朱治は孫権に仕えると揚州で反乱を起こしていた異民族討伐戦に明け暮れることになります。揚州は異民族が多い土地で多く、何度も孫呉の統治を嫌って反乱を繰り返していました。朱治は孫呉の統治に不満を持っている異民族を討伐に出陣。

 

暴れまわる異民族に困る梁習

 

朱治は多くの異民族を討伐し、異民族の反乱を抑える実績を残します。孫権は朱治が異民族討伐戦の途中経過を報告に来る際、必ず自ら朱治を出迎えて宴会を開いて朱治をもてなしたそうです。

 

呉南蛮異民族をボコボコにする潘濬(はんしゅん)

 

さらに孫権は朱治が手を抜かないで全力で仕事に取り込んでいることを知っていたので、彼に特別待遇を与え、彼の長年の実績に報いていたそうです。朱治は孫家三代に仕え、孫権や他の諸将から尊敬を受け、孫呉を支えた重鎮として慕われていた将軍でした。

   

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は孫堅・孫策・孫権の三代に仕えた朱治を紹介しました。

 

むち打ちで裁かれる黄蓋

 

孫家には彼のほかにも赤壁の戦いで曹操軍を打ち破るきっかけを作り出した黄蓋(こうがい)や特殊部隊を率いて戦った韓当(かんとう)・幽州出身で周瑜(しゅうゆ)を尊敬していた程普(ていふ)など多くの名将たちによって支えられていました。

 

孫権と三国アヒル

 

そのため孫堅時代から仕えていた彼らが孫権を支え盛り立てたため、孫権が孫策の跡を継いでも孫策時代に仕えていた諸将の離反もなく、孫家が築いた領土内の動揺も最小限で抑えています。もし孫堅時代から仕えていた重鎮たちが協力しなければ、赤壁の戦いの前に孫呉の基盤が崩れ、三国志が出現しなかったかもしれません。

 

張昭、孫権、孫策、周瑜

 

このことを考えると孫権は孫堅時代から仕えた重鎮と孫策時代に仕えた周瑜や張昭達など優秀な人材が豊富にいて、人材面で非常に恵まれていたと考えることができるでしょう。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

関連記事:三国志 Three Kingdomsの孫権が陰険すぎる!

関連記事:「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権

 

呉の武将

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-はじめての呉
-,