皇帝に即位した袁術とは何者か?早すぎた改革者に迫る


袁術

 

袁術(えんじゅつ)後漢(ごかん)(25年~220年)の群雄の1人です。短期間ではありますが後漢に見切りをつけて、(ちゅう)(197年~199年)という王朝を建国して皇帝にまでなりました。

 

袁術

 

残念ながら、中国の正当王朝として認められていません。今回は正史『三国志』をもとに、後漢に反抗して皇帝にまでなった袁術について解説します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「皇帝 袁術」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:釣った人材が次々逃げる!ダメ釣り人袁術

関連記事:袁燿とはどんな人?袁術の息子で正史と三国志演義で全然違う生涯を送った袁燿

 


 

名門に生まれる袁術

袁術

 

袁術は後漢の司空にまで昇りつめた袁逢(えんほう)の嫡子として生まれました。袁家は後漢の名門です。

 

袁紹

 

従兄に袁紹(えんしょう)がいます。

 

袁術と袁紹の喧嘩

 

『三国志演義』では実の兄弟という関係になっていますが、実際は親族関係というだけのようです。袁紹は生まれがよく分からないので、袁術は昔から袁紹のことを馬鹿にしていました。そのため、袁紹と袁術の仲は悪かったようです。

 


 

宦官討伐に加わる袁術

王族ボンビーから一転セレブ09 霊帝

 

中平6年(189年)に後漢の第12代皇帝霊帝(れいてい)が亡くなりました。

 

何進

 

その後、大将軍の何進(かしん)宦官(かんがん)との間で権力闘争が起こりました。だが、何進の弟の何苗(かびょう)や妹の(皇后が宦官を擁護していたので、最終的に何進は宦官に殺されることになります。

 

宦官を一掃することを決意する何進

 

この時に袁術は袁紹や董卓(とうたく)と一緒に、何進の敵を討つために宦官を一掃します。

 

董卓

 

ところが、今度は董卓が権力を自分のものにしたので袁術は董卓と敵対しました。初平元年(190年)に袁紹を筆頭に各地の群雄が董卓討伐に集まりました。この時袁術も参加しますが、大した成果も得られずに董卓には長安に逃げられました。


 

袁紹と天下を争う袁術

ヘソにろうそくを刺される董卓

 

初平3年(192年)に董卓は呂布(りょふ)王允(おういん)により殺されて天下は混乱に陥りました。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

袁術は公孫瓚(こうそんさん)陶謙(とうけん)と手を結んで袁紹に対抗しました。一方、袁紹は曹操(そうそう)と手を結びます。

 

袁術

 

初平4年(193年)に袁術と袁紹は天下を争って戦います。結果は袁術の惨敗に終わります。

 

諦める公孫サン(公孫瓚)

 

袁術と同盟を結んでいた公孫瓚も袁紹に敗れました。この時点で、袁術は天下統一の争いから脱落しています。敗北した袁術は南方の揚州まで逃げて揚州刺史の陳温(ちんおん)を殺して、その領土を奪いました。

 

魏の曹操孟徳

 

余談ですが、陳温は曹操が挙兵した時に兵士を提供してくれた人物であり、曹操にとっては恩人に当たります。


  

 

 

袁術皇帝になる

袁術

 

その後も袁術は董卓の残党と連絡をとって、朝廷から正式に左将軍に任命されています。従兄の袁紹も将軍号は持っていますが「自称」です。袁術はこの点、連絡をとる相手はともかく、朝廷に対しての手続きをとっています。

 

袁術

 

袁紹との差別化を図ろうとしているのが分かります。

 

献帝

 

その後、董卓の残党も曹操に敗れて後漢の第14代皇帝の献帝(けんてい)も曹操が保護しました。これで後漢の権威が落ちたと思った袁術は、後漢に代わる王朝を自分が建国することを決意します。

 

袁術

 

もちろん部下から反対もあいましたが、袁術は強行的に決意します。建安2年(197年)に袁術は皇帝になりました。国号は「仲」です。

 

袁術

 

袁術は三国が樹立される前に皇帝になったのです。

 

玉璽を見つけた孫堅

 

皇帝だけが持つことを許される玉璽(ぎょくじ)という印鑑は、かつて董卓討伐の時に孫堅(そんけん)洛陽(らくよう)の井戸から見つけたものを袁術が譲られており、それを使うことにしました。

 

悲惨の末路

道具を輸送する民人

 

ところが、袁術の基盤としている揚州は思った以上に土地がよくありません。そのため、民や部下も袁術から心が離れていきました。

 

袁術

 

建安4年(199年)に袁術は「仲」を解散して、袁紹に帝を譲る決意をします。ところが、同年に袁術は亡くなりました。

 

徐璆

 

袁術が持っていた玉璽は広陵太守の徐璆(じょきゅう)の手に渡り、朝廷に返還されました。袁術の一族は間もなく孫権(そんけん)に保護されますが、丁重に扱われたそうです。

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が後漢のもう1人の皇帝袁術に関しての記事でした。袁術が建国した仲は具体的政策が無いまま、終わったのが残念でした。筆者の気持ちとしては、もう少し長続きして欲しかったです。

 

※参考文献

・宮川尚志『六朝史研究 政治・社会篇』(平楽寺書店 1964年)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:匡亭の戦いから転落した袁術、彼はどうして皇帝を名乗ってしまったの?

関連記事:袁胤とはどんな人?袁術を守った忠義の人だけど報われない人生を送った人物

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

 

関連記事

  1. 皇帝になることを決意する孫権
  2. 水時計
  3. 方天画戟(武器)
  4. 趙雲
  5. 公孫サン(公孫瓚)
  6. 多様化が進む蜀の国

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP