黄皓の策謀!劉禅が占いを信じなければ蜀は滅亡しなかった!?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

黄皓

 

わずか二代で滅亡した蜀。原因は黄皓(こうこう)劉禅(りゅうぜん)に告げた占い結果でした。

 

怪しい巫女のい占いを信じる黄皓

 

日本人も神社でおみくじを引いて一喜一憂しますが、国家滅亡のきっかけが占いだったらショックです。ここでは三国志演義をベースに蜀の滅亡と占いについて探っていきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「劉禅 占い」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮はどうして劉禅から国を奪わなかったのか

関連記事:劉禅その後はどうなった?皇帝劉禅の生涯・降伏後の姿は本当の姿だった?

 


 

劉禅が皇太子に

劉禅

 

あの劉備(りゅうび)を父親に持つ劉禅(りゅうぜん)。劉備が「漢中王(かんちゅうおう)」を名乗ると劉禅は皇太子となります。皇太子は必ずしも長男がなるわけではなく、孫や次男、親戚のケースもある古代中国。

 

劉禅

 

実力がないと部下がついてこないので、中国では継承順位よりも側近や大臣の陰謀などで皇帝が決まる事が多々あります。しかし、劉備が蜀の初代皇帝ですから、同時に皇帝と皇太子が誕生した形になります。赤ん坊のころに二度も誘拐されるなど波乱万丈の人生を送った皇太子と言えるでしょう。周りに劉備、関羽(かんう)張飛(ちょうひ)諸葛孔明(しょかつこうめい)といった英雄がいながら、彼らが昇天したときにそばにいることはありませんでした。

 

その点で劉禅は人生を大臣や武将によって大きく左右された人物です。

 


 

姜維は北伐、黄皓は朝廷で暗躍

蜀の姜維

 

蜀は財政難に陥っていました。その経済基盤を支えるために北伐によって資金を獲得する方法が取られたのです。北伐は諸葛亮孔明のときに始まり、彼が五丈原で星になると姜維(きょうい)が後を継ぎます。朝廷では宦官の「黄皓」が皇帝となった劉禅に取り入り、密かに動きます。

 

北伐したくてたまらない姜維

 

必死に北伐をしていた姜維は、その黄皓と犬猿の仲でした。ところが皇帝の劉禅は黄皓と仲が良く信頼を置いていましたから、黄皓は北伐を理由に姜維を遠ざけることができたのです。朝廷内では黄皓に逆らう大臣はおらず、みな自分の身を案じていました。そのため蜀の朝廷は疲弊し、皇帝を自在に操る黄皓が跋扈していたというのが現状です。

 

劉禅に気に入られる黄皓

 

まさに奸臣の代名詞ともいえる黄皓。中国のドラマでもかなりの悪人面で描かれています。


 

鍾会が兵を集める中、黄皓は占いに没頭

鍾会

 

ある日、魏の鍾会(しょうかい)が兵を集めているというニュースが皇帝・劉禅の耳に入ります。姜維のすすめによって、劉禅は急いで戦闘の準備をしますが、黄皓はやめるように言います。理由は自分が日頃から信じている占いで魏が攻めてくることはないという結果が出たからです。

 

当時、中国で占いはそれほど信じられていませんでしたが、中には信じている人もいました。基本的に中国では空想やファンタジーものが流行しないのは、こうした文化が背景にあります。中国人は昔から科学的に観察するのが好きだったのです。

 

閑話休題。黄皓は単に姜維と仲が悪かったというのもありますが、かなり占いにハマっていたようで必死に皇帝を説得。言葉巧みに諭し、魏が蜀に攻めてくることはないと言い切ります。

 

 

熱心な説得で、ついに皇帝・劉禅も折れるのです。しかし、黄皓の情報操作により、蜀の大臣はこうした騒動を知ることはありませんでした。

 

西暦263年の夏。

占いとは裏腹に魏は鐘会、鄧艾、諸葛緒を派遣。蜀へと進軍を開始します。対する劉禅は張翼、廖化、董厥を向かわせます。

 

野望が膨らむ鍾会

 

姜維は10万の大軍で包囲するものの、鐘会は一気に南下して成都へと攻め込むのです。合議の末、諸葛瞻を魏軍に当たらせますが、鄭艾の先鋒にやられてしまいます。諸葛瞻は突撃し、綿竹で戦死。劉禅は軍事会議で投降するよう大臣に勧められますが、これを拒否します。

 

すると兄弟の「劉諶」が妻と子を巻き添えにして無理心中を計るのです。次に大臣らは部下に兵を率いて前衛に赴くよう皇帝に勧めますが、劉禅はこれも拒否。最後は攻めてきた魏の鄧艾に投降します。


  

 

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

占いの結果を真面目に信じた劉禅にも非はありますが、黄皓を昔から信頼していたので仕方がなかったのかもしれません。もしかしたら、黄皓の占いは口実で単に嫌いだった姜維を困らせたかっただけということも考えられます。もともと黄皓と姜維は仲が悪い上に劉禅には臣下の良し悪しを見極める器量もありませんでした。

 

司馬昭

 

いずれにしろ大臣と皇帝の連携プレーがうまくいっていなかったのでしょう。それを見抜いて攻撃を仕掛けた魏の司馬昭(しばしょう)こそ天晴れです。

 

参考書籍:参考書籍:「三国演義(中国語版)」羅貫中/長江文芸出版社

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!?

関連記事:劉禅は父親に似ず暗愚であるって本当?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

関連記事

  1. 男気溢れる趙雲
  2. 賈逵(かき)
  3. ロバ顔の諸葛瑾
  4. 沖縄そばを食べる関羽
  5. 曹休

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP