三国志の脇役である闞沢は超レアな政治家!?その理由とは?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

『三国志』の主役級キャラクターと聞けば、すぐに思い浮かぶのは劉備りゅうび)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)諸葛亮(しょかつりょう)曹操(そうそう)など・・・・・・しかし、主役だけでは歴史は動くわけではありません。というわけで、筆者が選ぶ『三国志』のバイプレーヤーを紹介します。

 

カン沢(闞沢)

 

今回は呉(222年~280年)の政治家闞沢(かんたく)です。闞沢は史料が少ないので正史『三国志』と小説『三国志演義』の両方から紹介します。

※記事中の歴史上の人物のセリフは、現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「三国志 脇役」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?

関連記事:三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

 

 

農家の子に生まれる闞沢

読書が大好きなカン沢(闞沢)

 

正史『三国志』によると闞沢は、「家世農夫」と記されいます。「家世農夫」は「代々農家」という意味です。武将でしたら珍しい話ではないですが、闞沢のように政治家が農家出身というのは非常にレアケース。闞沢は昔から学問が好きで本を転写しながら、字を覚えていきました。

 

周囲の人間からしてみれば、「農家のせがれのくせ何をやっているんだ?」と思われたことでしょう・・・・・・

 

 

小説『三国志演義』のウソ

赤壁の戦い

 

闞沢で読者の皆様がご存知なのは、小説『三国志演義』の「赤壁の戦い」です。

 

むち打ちで裁かれる黄蓋

 

建安13年(208年)に闞沢は、黄蓋(こうがい)のニセの投降文書を曹操(そうそう)に届けますが曹操に見破られそうになります。曹操は『孫氏』の兵法書を熟読していたので、闞沢と黄蓋の投降がウソと考えます。

 

周瑜

 

だが、闞沢は「兵法書を熟読するのは結構ですけど、兵法の応用を知っておいた方がいいですよ」と口で曹操を負かします。この闞沢の弁舌と黄蓋のニセ投降作戦、周瑜(しゅうゆ)の火計により劉備と孫権(そんけん)は曹操に勝利します。

 

でも、この話は小説『三国志演義』の虚構の上に、闞沢は赤壁の戦い不参加。闞沢が孫権のもとで直接働くことになるのは、建安24年(219年)からであり割と遅い・・・・・・

 

陸遜

 

さらに、夷陵の戦いで呉が蜀(221年~263年)に苦戦していると、闞沢がまだ無名だった陸遜(りくそん)を孫権に紹介します。ところが、それも小説『三国志演義』の虚構です。


尊敬される闞沢

水滸伝って何? 書類や本

 

闞沢は呉の危機の時に必ず登場する人物かと思ったら、全て小説『三国志演義』の虚構であり実物はかなり地味な人物です。

それじゃあなぜ、闞沢はこんなに有名なのでしょうか?

 

農民から苦学して成り上がり尊敬されるカン沢(闞沢)

 

闞沢は政治や戦争で有名になったわけではなく、農民から苦学して成り上がった人物なので、そこが尊敬されています。なんといっても虞翻(ぐほん)がリスペクトしていました。虞翻は呉の変わり者として有名で、主君の孫権に平気な顔で何度も盾突いていました。

 

戦え于禁

 

魏(220年~265年)の于禁(うきん)が呉に捕虜として生活していた時も会うたびに、「殺せ、殺せ」と言うばかり。当然こんな変わり者は、他人を尊敬するはずありません。

 

でも虞翻は闞沢だけ見る目が違っており、「闞沢、ハンパないって!!」と叫んでいたようでした。

すいません、ネタが古かったようですね・・・・・・

 

虞翻がリスペクトしていたのは本当の話であり、闞沢を前漢(前202年~後8年)の儒学者の董仲舒(とうちゅうじょ)揚雄(ようゆう)に比較していました。董仲舒は前漢の第7代皇帝に武帝に仕えて儒学を国学にまでしており、揚雄は前漢から新(8年~23年)に仕えて大成した儒学者です。

 

また、孫権の息子の孫登(そんとう)も亡くなる間際に今までよく頑張ってくれた部下の名前に闞沢を挙げています。闞沢がいかに凄いのか分かる話でした。


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上、闞沢についてざっくりと解説しました。

闞沢は農民の身でありながら、苦学して出世していくので筆者は好きなキャラクターなんですよ。

 

その点、関羽は好きになれません。学問を修めている身でありながら、傲慢な態度で同僚に接しているあの姿は、正史『三国志』を読んでいるだけでムカムカします。

 

関羽ファンの皆様スミマセン(汗)

 

※参考文献

・高島俊夫『三国志 「人物縦横断」』(初出1994年 のち『三国志きらめく群像』ちくま学芸文庫 2000年に改題)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役

関連記事:孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

関連記事

  1. 饅頭を作る孔明
  2. 周瑜と陸遜
  3. 荀攸
  4. 唐周(とうしゅう)黄巾賊
  5. 夏侯惇と呂布

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP