孫策と陸家との深い関係とは?陸家と孫家はその後どうなったの?

2021年3月15日


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

孫策と陸家(1P目)

 

陸遜、陸家の長となる

陸遜 剣と刀

 

陸遜たちが避難したのはもともと陸家の本拠である呉県でした。陸康亡きあと、陸家の家長は陸康の子、陸積(りくせき)でしたが、まだ幼かったため年長であった陸遜が陸家を取り仕切ることになります。

 

呉の勢力を率いる孫策

 

のちに孫策は袁術の元から独立し、呉県もその傘下に入りました。しかし、その因縁からか、陸遜は孫策に仕えたことは無かったようです。一方陸家の長である陸積は孫策に仕えました。まだ年若だったため、孫策の家臣団の中では末席でしたが、孫策にも堂々と意見するなど豪胆な人物だったようです。

 

張昭

 

これには同じ「呉の四姓」の「張家」の一族である張昭(ちょうしょう)も感心したそうです。この時点でどうやら陸家と孫策の因縁も解消されたようです。

 

関連記事:陸績とはどんな人?演義では蜜柑をパクった事を孔明に蒸し返され赤っ恥

関連記事:孫権は張昭の屋敷を放火した?放火に至った公孫淵事件を考察

 

孫策、非業の死を遂げる

ほっぺたに矢を受ける孫策

 

陸家の本拠呉県を含む江東地方を席巻していた孫策でしたが、その一方で多くの勢力の恨みを買う事になります。孫策はある日単騎で外出した際に滅ぼした勢力の刺客によって殺されてしまったのです。

 

郭嘉

 

曹操(そうそう)の参謀の郭嘉(かくか)は孫策について「有能だが多くの仇を持ち無警戒」と評したことが現実となってしまいました。

 

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

孫策は弟の孫権に跡をたくし、亡くなりました。

 

関連記事:孫策が袁術のもとから離れたのは本当に皇帝になったのが原因なの?

関連記事:大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?

 

陸遜、孫権に仕える

陸遜

 

孫策には士官しなかった陸遜でしたが、地方では名声を高めていました。そして21歳のとき、孫策の弟の孫権が孫家当主となった際に仕えることになりました。

 

孫権に気に入られる孫峻

 

孫権は陸遜の事を高く評価し、孫策の娘を陸遜に嫁がせるなど関係を深めていくことになります。陸家は孫策と対立する関係でしたが、ついに親戚同士になったのです。

 

関羽を油断させる陸遜

 

後に陸遜は関羽(かんう)との戦いや、夷陵(いりょう)の戦いなど呉軍の中枢で働いていくことになります。

 

関連記事:何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの?

関連記事:どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?

 

その後の陸家と孫家

孫権に煽られて憤死する陸遜

 

その後も陸家と孫家はつながりを深めていくことになります。陸遜は晩年、孫権の後継者争いに巻き込まれ、憤死することになりましたが、一族は大いに繁栄しました。陸家からは多くの将軍や丞相(じょうしょう)を輩出し、「呉の四姓」の中ではもっとも呉の中で力を持ちました。

 

斉王になる司馬攸

 

しかし、孫家も陸家も中国を統一した「晋」の争いに巻き込まれ、のちに衰亡していくことになってしまうのです。

 

関連記事:陸遜の息子・陸抗と羊コの友情と、正史における詰問シーンの理由

関連記事:落日の呉を支えていたのは丁奉と陸抗の二本柱!この二人には英雄の時代に転生してほしい

 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

孫策と陸家はかなり深い因縁がありました。しかし、のちに親戚になるぐらいに親密になったことを考えると、因縁以上にお互いに能力的に魅力を感じる事があったのかもしれませんね。対立しても相手の事を知ることが大事だと思わせる関係性ですね。

 

関連記事:孫策は嫉妬深く陰険な人物だった?

関連記事:孫策は仇を討てたのか?黄祖と孫家のバトルを考察

 

陸遜特集

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-孫策, 陸遜
-,