三国志の武将も登場!道教の神様まとめ

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

道教の神様(1P目)




 

三国志の人物が神格化された存在

 

道教では三国志の登場人物も数名神格化されているので、それらを紹介していきます。

 

関帝廟で関羽と一緒に祀られる周倉

 

関聖帝君(かんせいていくん) 関羽を神格化した存在で、関公や恩主公(おんしゅこう)など様々な呼び名があります。道教系の廟ではたいてい関羽が主神として祀られていて、他にも関平(かんぺい)周倉(しゅうそう)廖化(りょうか)王甫(おうほ)が神格化され、関羽の守護神として一緒に祀られることも多いです。

 

孔明

 

孔明先師(こうめいせんし) 諸葛亮(しょかつりょう)を神格化した存在。また、張良(ちょうりょう)姜子牙(きょうしが)といった有名な軍師、宰相を神格化した天枢上相(てんすうじょうしょう)という括りの一人として数えられることもあり、玉皇大帝の補佐をしていると言われています。

 

張飛の男気人生

 

張聖帝君(ちょうせいていくん) 張飛(ちょうひ)を神格化した存在。この他にも土地を守る城隍や、民を守護する桓侯大帝(かんこうたいてい)として祀られます。桓侯大帝は時代によって様々な人物に姿を変えたとされ、後漢時代は張飛となって長坂橋で民が逃げるまで曹操(そうそう)軍の前に立ちはだかったそうです。

 

京劇コスチューム趙雲

 

趙聖帝君(ちょうせいていくん) 趙雲(ちょううん)を神格化した存在で、子竜公とも呼ばれます。関羽や張飛と違って非業の死を遂げていないために神格化された時期が比較的遅かったのですが、現在では台湾南部の台南などに趙雲を祀る廟が集中しています。

 

馬超の兜にフォーカス

 

馬聖帝君(ばせいていくん)&黄聖帝君(こうせいていくん) 馬超(ばちょう)黄忠(こうちゅう)を神格化した存在。馬超は弟の馬休(ばきゅう)馬鉄(ばてつ)が、黄忠は幕僚だった厳顔(げんがん)魏延(ぎえん)が守護神として一緒に祀られています。

 

蜀の皇帝に即位した劉備

 

劉漢主公(りゅうかんしゅこう) 劉備(りゅうび)が神格化された存在で、台湾の民間で信仰されています。

 

関連記事:台湾には関羽の像がたくさんある?種類豊富な関羽像を紹介

関連記事:台湾には関帝廟が100個以上ある?台湾って三国志が人気なの?




三国志ライターTKのひとりごと

TKさん(三国志ライター)

 

道教の神様は3600名以上存在するといわれていて、民間信仰なども含めるとその数はもっと多いかもしれません。そのため、全てを把握することは難しいですが、三国志における蜀の武将のように民間で好かれている人物は神格化されている場合もあります。

 

廟によってもどういう神様を祀るかは異なるので、中華圏を旅行する際は各地の廟を巡って珍しい神様を探してみるのも面白いのではないでしょうか。

 

関連記事:関羽はどうして人気になったの?どんなところが魅力?

関連記事:なぜ関羽は祀られるようになったの?初期の関羽信仰から神様になった経緯

関連記事:関羽の多すぎる異名を中国の三大宗教、民間信仰毎にまとめました

 

【関羽はなぜ神となったのか】
関帝廟

 




< 1

2

関連記事

  1. 文帝(前漢)
  2. 孔子と儒教

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP