姜維の度重なる北伐!戦果はあったのか?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

北伐したくてたまらない姜維

 

「三国志」後期で活躍する姜維(きょうい)諸葛亮(しょかつりょう)亡きあとの蜀軍の責任者として何度も魏に対する北伐を決行しました。しかし、結局はそのことが蜀滅亡の原因となってしまいます。

 

姜維怨嗟の声

 

失敗した、と思われがちな姜維の北伐ですが、何か戦果を挙げることはできたのでしょうか?

 

今回の記事では北伐での姜維の戦いぶりを探ってみようと思います。




姜維が北伐を開始するまでの歩み

魏から蜀に下る姜維

 

姜維は天水地方に生まれ、元々は魏の武将として活動していました。しかし、諸葛亮の北伐にともない、蜀に降伏。その才能を高く評価した諸葛亮によって蜀軍において出世していくことになりました。

 

羌族に援軍してもらうよう使者を出す姜維

 

諸葛亮の死後は蜀軍の中枢を担うようになり、異民族の慰撫等で活躍します。姜維は西方の地理に通じていることや、自らの才能や武勇を恃みとし、諸葛亮の悲願を達成するために大規模な北伐を計画していました。

 

2つの持論を展開する費禕

 

しかし、当時の軍権を握る「費禕(ひい」は「内政と人材育成が先だ」と反対します。姜維が本格的に北伐を開始したのは費?が不慮の死を遂げ、軍権を掌握してからでした。

 

関連記事:蒋琬、漢中にて北伐を開始!その時、姜維と費禕は何を考えていた?

関連記事:夏侯覇を委縮させた夏侯という名のプレッシャー!「悪友姜維とつるんで何をたくらんでいるのやら

関連記事:蔣琬と費禕の二人がいなければ三国志の歴史が大きく変わっていた!?




初期の北伐では大きな戦果をあげる

費禕の宴会に呼ばれて毒を塗った刀で暗殺に成功した郭修(かくしゅう)

 

費禕が亡くなったのは西暦253年の春ですが、なんとその夏から姜維は北伐を敢行します。数万の兵を率いて出陣し、南安(現在の甘粛省定西市(かんしゅくしょうていせいし))を囲みます。

 

キラー陳泰

 

しかし、魏の武将「陳泰(ちんたい)」が援軍として迫り、姜維は兵糧が尽きた為に撤退します。

 

すぐに戦争したがる姜維

 

翌年(254年)に魏の武将「李簡(りかん)」の降伏に乗じ、再び出兵。この出兵では魏の武将「徐質(じょしつ)(魏の名将徐晃(じょこう)の息子)」を討ち取り、三県を制圧し、周辺の民を連れ帰るなど大きな戦果を上げました。

 

逃げる夏侯覇

 

さらにその翌年(255年)に魏の武将「夏侯覇
(かこうは)
」が魏の政変のため蜀に亡命してきます。姜維はその夏候覇と共に狄道(てきどう)(定西市付近)に侵攻し、魏の武将「王経(おうけい)」が率いる軍を敗退させることに成功します。

 

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

この時蜀軍は数万人とも言われる兵士を討ち取ったといい、この北伐は大成功します。この戦果により姜維は大将軍に昇格し、完全に蜀軍のトップとなります。

 

関連記事:忘年の交わりとは何?鄧艾と陳泰の関係性は三国志演義の創作だった?

関連記事:【郭淮と陳泰】姜維の北伐を見事に防いだ最強タッグを考察

 

鄧艾に敗れ、北伐に暗雲

行軍する兵士達b(モブ)

 

連年の敗戦により、魏の西方の守りは危機を迎えました。それを見越してか、姜維は徐質を討った翌年(256年)再び北伐を敢行します。

 

鄧艾と姜維

 

しかし、魏軍は名将「鄧(とうがい)」を西方の守りに派遣、彼は姜維の北伐が来ると事前に察知し、兵をわずかな期間で鍛えあげていました。

 

鄧艾

 

姜維は将軍「胡済(こせい)」と合流し、鄧艾を挟撃する計画を立てていましたが、この計画は鄧艾に読まれ、胡済は合流することが出来ませんでした。姜維は退却しますが、鄧艾に激しい追撃を受けてしまいます。

 

姜維

 

姜維は帰還できましたがこの「段谷(だんこく)の戦い」で蜀は2桁の将を死なせ、1万人以上の兵士を失ったといいます。多くの犠牲を出したこの北伐で姜維に対する周囲の怨嗟(えんさ)の声が高まり、姜維は自ら降格を願い出ます。

 

関連記事:出自が正反対の鄧艾と鍾会、蜀を滅ぼした功績者の悲しい末路

関連記事:崖から飛び降り蜀に侵攻?鄧艾による成都攻略はどうやって成功したの?

 

【蜀漢平定の功労者 トウ艾】
トウ艾

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 剣を石にたたきつけて剣を折る姜維
  2. 男気溢れる趙雲
  3. シルクロード貿易で北伐費用の捻出を考えていた姜維
  4. 姜維
  5. 無残な最期を遂げた姜維と鍾会
  6. 鍾会の独立が成功しても最後は姜維に殺されただろうと予想している歴史家たち

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP