敵を味方につける曹操の合理的人材登用




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操に降伏したくない張衛

 

後漢末の群雄たちを蹴散らし、一代で中国大陸の半分を制圧した英傑・曹操(そうそう)

 

呂布にとどめを刺すよう曹操に献策する郭嘉

 

そんな曹操の覇業を支えたのは優れた家臣でした。しかし、曹操の家臣たちを詳細に見てみると、なんとその多くが一度は曹操と敵対した者たちだということが分かります。

 

曹操に重宝される賈ク

 

そこで、今回の記事では、そんな曹操の敵さえも才能があれば味方につける、という合理的人材登用について見ていきたいと思います。




曹操の覇業を支えた優秀な人材たち

魏王に就任する曹操

 

一代で大勢力を築いた英傑・曹操ですが、彼の覇業は到底一人では成し遂げられるものではありませんでした。

 

荀攸と曹操

 

曹操があれだけの功績を挙げた背景には、間違いなく曹操を支えた優秀な家臣たちの存在があったのです。

曹操と夏侯惇

 

曹操が189年に挙兵した際、つき従う者たちは曹洪(そうこう)曹仁(そうじん)夏侯惇(かこうとん)夏侯淵(かこうえん)ら一族の者たちだけだったといいます。そこから曹操が天下にその名を轟かせていく上では、優秀な人材を登用することが不可欠でした。

 

関羽が大好きすぎる曹操

 

曹操は「才能を愛する」人物であったとよく言われていますが、その他人の才能への惚れ込みようは尋常ではありませんでした。曹操はしばしば、才能に惚れ込むあまり、敵だったはずの人物をも次々と自陣営に加えていきました。

 

郭嘉

 

今回は曹操が、そんな敵対していた者たちの中から登用した優秀な家臣たちについて見ていきたいと思います。

 

関連記事:荀彧の魅力ってなに?人材ネットワークをフル活用し曹操の覇業を支えた軍師

関連記事:曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲しがった人材マニア




張遼

進撃が止まらない張遼

 

曹操陣営の重鎮の一角ともいえる張遼(ちょうりょう)は曹操・曹丕(そうひ)の二代に仕え、呉の孫権(そんけん)の北上を食い止め続けた名将です。しかし張遼は元々、曹操の宿敵ともいえる呂布(りょふ)の部下でした。

 

高順と張遼

 

曹操が呂布を捕らえた時、毅然とした態度を貫いた張遼に感服した曹操は張遼を即座に昇進させて配下に加え、以降張遼は曹操陣営で際立った活躍をみせることになります。

 

関連記事:合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?

関連記事:張遼の魅力とは?古代中国の歴史家からの高い評価を得た理由

 

【泣く子も黙る張遼】
張遼

 

臧覇

藏覇(臧覇)

 

張遼と同じく呂布討伐後に加わったのは臧覇(ぞうは)でした。

 

藏覇(臧覇)と陶謙

 

臧覇は元々徐州(じょしゅう)陶謙(とうけん)の部下でしたが、陶謙の死後に琅邪郡(ろうやぐん)で独立勢力を築き、呂布と協力して曹操と敵対していました。

 

藏覇(臧覇)と曹操

 

曹操は呂布の死後に臧覇を捕らえますが、その人柄に惚れ込んだ曹操は臧覇を解放したばかりではなく、実質的に徐州・青州(せいしゅう)の2州の統治を委任するほど厚遇しています。

 

藏覇(臧覇)と曹丕

 

その後、臧覇は曹操の期待に応えて2州を良く治め、曹操に全幅の忠誠を尽くし、曹丕の代となっても重用され続けました。

 

関連記事:三国志は謀反の繰り返し!呂布の部下、臧覇とは?呂布配下のナンバー2

関連記事:藏覇(ぞうは)とはどんな人?鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯

 

朱霊

朱霊

 

冀州(きしゅう)出身の朱霊(しゅれい)ははじめ、袁紹(えんしょう)の部下でした。

 

袁紹に仕えていた朱霊

 

後に華北の覇権を争う袁紹と曹操は初め協力関係にあり、曹操が徐州の陶謙を攻めた時、袁紹は曹操に援軍を送りましたが、その将が朱霊でした。

 

曹操の器量に惚れ込み家臣になった朱霊

 

朱霊は曹操の人柄と才能に惚れ込み、袁紹のもとに戻らずにそのまま曹操の家臣になってしまいます。官渡(かんと)の戦いの後、冀州を征服した曹操は朱霊に冀州兵を任せ、涼州(りょうしゅう征伐や漢中征伐など、数々の戦いで朱霊は活躍をみせることになります。

 

曹操・曹丕・曹叡の3代に仕えた朱霊

 

その後、曹丕の時代になっても朱霊は厚遇され、長年の功績に対し、自分の望みのままの封地を与えられるという最大限の報奨を受けています。

 

関連記事:歴戦の将、朱霊の相棒!影の薄さは三国一の人物・路招

関連記事:大器晩成とはこのことか!三代にわたって魏に仕えた朱霊の魅力に迫る!

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. ブチ切れる曹操
  2. 悪の正義バットマン風 曹操
  3. 仮病を使う若き司馬懿に嫌がらせをする曹操
  4. 曹操の頭痛の原因は関羽?
  5. 曹操・曹丕・曹叡の3代に仕えた朱霊
  6. 曹操にコテンパにされる袁紹

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 7月 21日

    降将は大勢力ともなれば何処でも任用すると思われ。

    特に曹操の場合は献帝を擁してるからね。曹操は言わば漢王朝の代弁者。その曹操に従わないのは献帝の意向に従わないのと同じだから下手したら朝敵扱いですよ。こんな曹操から声が掛かれば、そりゃ普通に二つ返事ですよ。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP