敵国に降伏した黄権と潘濬、降将は歴史家や小説家からどう評価されるの?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

李カク(李傕)、郭汜、王允

 

三国志は各国の、争いの歴史とも言えます。そして多くの争いの中では命を落とす武将もいれば、敵国に望む望まぬに関わらず降る、いわゆる降将たちも出てきます。

 

潘濬(はんしゅん)

 

今回はそんな降将たちの中から、黄権(こうけん)潘濬(はんしゅん)について。少し比較しながら見ていきたいと思います。




黄権の人物像

黄権

 

まずは黄権。彼は蜀書に記載のある人物ですが、元々は益州(えきしゅう)を治める劉璋(りゅうしょう)の元にいました。その時には主簿をやっており、劉備(りゅうび)の企みというか何というか、危険性を見抜いて劉璋に進言するも、それが受け入れられることはありませんでした。しかし劉璋より先に降伏することもなく、忠義を果たし、それが劉備に気に入れられ、深く信頼されることとなります。

 

関連記事:魏延が暗殺しようとした劉璋とはどんな人だったの?

関連記事:劉表や劉璋が天下を取れなかったのは無能だからではなかった!

 

【蜀のマイナー武将列伝】
蜀のマイナー武将列伝

 




魏への降伏

キレる劉備になだめる黄権

 

後に劉備は呉との戦いを決意し、黄権はこれを諫めるも聞き入れられず、退路を断たれた黄権は「呉に降伏するくらいなら」と魏に降ることとなります。

 

皇帝に就任した曹丕

 

その際に曹丕(そうひ)から意地悪な言葉をかけられるも劉備を非難することも自分を正当化もせず、魏の国においてもその人柄は称えられました。対して劉備も魏に降った黄権を責めることなく、彼の残された妻子を罪に問うこともなく、義侠の士として蜀書にその名が残されました。

 

関連記事:張遼は過労死したってホント?曹丕に気に入られて寿命を縮めた悲運な漢

関連記事:明かされた真実!曹丕・曹植の後継者争いは、曹操と曹丕が仕組んだ罠だった?

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

潘濬

潘濬(はんしゅん)

 

潘濬は劉備が荊州(けいしゅう)を統治する際に、その配下となり、後には関羽(かんう)の元で働いていました。劉備からは慕われるも、関羽からは糜方(びほう)士仁(しじん)らと共に嫌われていたとも言われています。

 

父・関羽とともに亡くなる関平

 

そんな潘濬は荊州が落ち、関羽が殺されてからも呉に降ることなく自宅に引きこもっていました。その際にベッドに括り付けたまま孫権(そんけん)に召集されるというパワープレイで迎えられ、孫権から「古の賢者たちは捕虜になった後に、抜擢されて名臣になる人物たちも多い。君もそうなってはくれないだろうか」と説得され、それに感服した潘シュンは以後、孫権に重く用いられるようになります。

 

関連記事:関羽の末裔は皆殺しにされた?史書に残る末裔に迫る

関連記事:関羽は劉備の配下ではなかった?荊州独立説を考察

 

【関羽はなぜ神となったのか】
関帝廟

 

 

しかし……

呉志(呉書)_書類

 

潘濬は元々蜀の武将ですが、後に呉に降ったために呉書に記録されることとなります。呉に降った後の潘シュンは正に忠義の将そのものであり、正に硬骨漢(こうこつかん)。かなり評価の高い人物として記録されています。

 

蜀志(蜀書)_書類

 

しかし「季漢輔臣賛(きかんほしんさん)」においては「糜芳、士仁と並んで、呉、蜀二国において裏切り者として笑い者とされた」という酷い有様で記録されているのです。因みにこの季漢輔臣賛というのは蜀の人物史なのは言うまでもありません。

 

関連記事:関羽と糜芳、両者の関係は如何なものだったのか?

関連記事:関羽の死に関わってしまった糜芳の顛末!正当な評価されている?

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 君たちはどう生きるか?劉禅
  2. 夏侯惇
  3. 赤鎧を身に着けた曹操
  4. 虎豹騎を率いる曹休
  5. 万里の長城
  6. 赤壁の戦い 曹操

    デザイン担当:よりぶりん

    曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」

    208年11月、赤壁(せきへき)の戦いで孫権(そんけん…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 8月 12日

    潘濬の場合は荊州失陥が原因。地元定住型の名士はフットワークが無いから仕方がない。言うなら潘濬と陳登は同タイプです。潘濬が笑いものなら陳登もさぞ笑いものだった事だろう。
    まぁ蜀には史官が居ないからゴシップネタと見るべきかな。とりあえず蜀アゲをしとかないと非国民みたいなノリで書かれてるのが季漢輔臣賛ですから、話半分で読むことです。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP