呂布と張遼はどんな関係性だったの?なぜ呂布配下になったのか?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

張遼の猛攻に泣きながら逃げる孫権

 

三国志の登場人物の一人である張遼(ちょうりょう)。張遼は曹操(そうそう)曹丕(そうひ)に仕え、魏の名将として呉との戦いで大きな功績を挙げたことが有名ですが、

 

赤兎馬にまたがる呂布

 

実は元々、張遼は呂布(りょふ)の部下だった時期があったのです。今回の記事では、そんな呂布と張遼の関係について解説していきたいと思います。




同郷の同僚

呂布の英雄石像

 

呂布と張遼は、ともに并州(へいしゅう)の出身ということが知られています。

 

進撃が止まらない張遼

 

呂布は并州五原郡(ごげんぐん)の出身なのに対し、張遼は并州雁門郡(がんもんぐん)の出身でした。五原郡と雁門郡は後漢王朝の北方国境に位置する地域で、この二人はほぼ同郷と言える間柄だったのです。

 

丁原(ていげん)

 

さらに、呂布と張遼はともに并州刺史の丁原(ていげん)に見出され、丁原の部下としてそのキャリアをスタートさせています。并州は万里の長城を挟んで遊牧民との緊張状態が続いている地域ということもあり、刺史の丁原は武勇に長けた人物を数多く部下にスカウトしていました。

 

方天画戟を持つ呂布

 

その中で、勇猛な軍人として丁原に仕えたのが呂布と張遼だったのです。つまり、この二人は同僚だった時期があるのです。

 

関連記事:呂布の生い立ちが謎すぎて、三国志演義では魏の人になった丁原を考察

関連記事:丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 




張遼が呂布の部下になるまで

勉強が嫌いで武を極める丁原(ていげん)

 

呂布と張遼の上司であった丁原は、宦官勢力と争っていた大将軍何進(かしん)の要請に応じ、董卓(とうたく)らとともに首都洛陽に駆け付けます。

 

呂布に殺害される丁原(ていげん)

 

そんな中、董卓の誘いにより、呂布が丁原を暗殺して董卓に仕えるという事件が起きます。

 

董卓

 

丁原の死後、どうやら彼の軍団は董卓に吸収されたらしく、張遼も董卓の家臣になったと言われています。元々は丁原の家臣として同格だった張遼と呂布でしたが、その圧倒的武力により、董卓の配下において筆頭クラスの将軍となった呂布に対し、

 

まだ漢王朝で消耗しているの? 董卓

 

董卓配下時代の張遼に関する記述は正史・演義ともになく、おそらく出世の点では呂布に大きく引き離されてしまったのではないかと思われます。

 

ヘソにろうそくを刺される董卓

 

その後、呂布が董卓を暗殺すると、董卓の軍団は呂布率いる派閥と、李傕(りかく)郭汜(かくし)率いる派閥に分かれて争います。そんな中、張遼は呂布に従い、ここで初めて張遼は呂布の同僚から呂布の部下となります。

 

関連記事:陳寿先生に物申した!裴松之の賈ク嫌いの原因は董卓にあり?

関連記事:【衝撃】反董卓連合軍が壊滅したのは内輪もめが原因ではない

関連記事:みんな演義に騙された?董卓の長安遷都と洛陽炎上には嘘がある!

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

呂布配下の猛将・張遼

李カク(李傕)と郭汜、郭、張済

 

その後、李・郭汜に敗れた呂布は各地を転戦しますが、張遼は常に呂布につき従い、主力級の将軍として活躍します。

 

劉備を裏切る呂布

 

その後、呂布は曹操や劉備(りゅうび)と争い、劉備から奪取した徐州(じょしゅう)に拠点を定めることになります。

 

呂布に従う陳宮

 

徐州時代の呂布陣営の主な将軍としては、張遼のほかに陳宮(ちんきゅう)高順(こうじゅん)臧覇(ぞうは)魏続(ぎぞく)宋憲(そうけん)侯成(こうせい)らがいましたが、この多くは呂布が各地を転戦する中で配下に加えた将たちでした。

 

高順と張遼

 

その中で、旧知の仲であった張遼は呂布にとってかけがえのない戦友であり、腹心の部下だったと言えるでしょう。

 

敵を相手にして奮闘する張遼

 

呂布配下の張遼は、徐州の小沛(しょうはい)を拠点とした劉備を包囲した際に、劉備と手を組んだ曹操が派遣した夏侯惇(かこうとん)の部隊を撃退し、小沛を攻め落としています。このように、張遼は高順と並ぶ呂布配下の猛将として、曹操や劉備と激しい戦いを繰り広げていたのでした。

 

関連記事:高順が鎮圧した郝萌の反乱の真の首謀者は袁紹・張楊だった?

関連記事:【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

 

呂布の最期と呂布との別れ

呂布のラストウォー 処刑される呂布

 

しかし、張遼の主だった呂布も最期の時を迎えます。曹操の大軍を前に呂布は下邳城(かひじょう)に追いつめられ、最後は部下だった魏続・宋憲・侯成らに裏切られ、曹操に捕らえられてしまいました。

 

曹操に捕らわれる高順、呂布、陳宮

 

張遼も呂布と同時に捕えられたと思われますが、この時に関する記述は正史にはほとんど出てきません。一方で演義によれば、張遼はしばしば呂布に献策したものの取り上げられず、呂布への不満を抱えていました。

 

曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備

 

呂布が捕らえられた際、呂布は曹操に命乞いしようとしますが、張遼は呂布の弱気な態度を叱責し、自らは曹操を罵倒して処刑されようとします。

 

高順が呂布に疎んじられた理由07 高順

 

その後、曹操は呂布や陳宮を斬り、張遼もまさに斬られようとしたところで、張遼の堂々とした態度に感じ入った劉備と関羽(かんう)が張遼の助命を嘆願し、張遼は命を助けられることになります。

 

三国志演義_書類

 

演義の記述は多分に脚色が入っており、呂布配下だった張遼がいつの間にか曹操の家臣になっているという正史の記述の違和感を解消するためにつくられた創作である可能性が高いです。

 

藏覇(臧覇)と曹操

 

ただ、曹操は臧覇・魏続・宋憲・侯成といった呂布配下の武将たちを積極的に登用しているので、おそらく張遼も彼らと同じように登用された将の一人だったと考えるのが自然ではないでしょうか。

 

関連記事:三国志は謀反の繰り返し!呂布の部下、臧覇とは?呂布配下のナンバー2

関連記事:敵を味方につける曹操の合理的人材登用

 

【豪傑を支えた軍師・陳宮】
陳宮

 

三国志ライタAlst49の独り言

Alst49さん 三国志ライター

 

いかがだったでしょうか。張遼と呂布は同じ并州出身で、駆け出しの時代から共に戦い抜いてきた戦友ともいえる間柄だったのですね。後に呂布は非業の死を遂げ、張遼は魏の名将として名を挙げますが、この二人の明暗が分かれたのは、裏切りを繰り返した呂布と謹厳実直な態度を貫いた張遼の人柄の違いがあったからではないでしょうか。

 

関連記事:夏侯惇の部下だった張遼ってどんな性格だったの?

関連記事:張遼の逸話から分かる合肥の鬼神!ウルトラハイパー武将を考察

関連記事:三国志演義の被害者「郭嘉と張遼」実は評価が抑えられている件

 

【泣く子も黙る張遼】
張遼

 

【知りたい人物の出身地ガイド】
三国志主要人物の出身地図

 




関連記事

  1. 愛馬に乗る張遼
  2. 愛馬に乗る張遼
  3. 李典や楽進と張遼は不仲
  4. 病気になった兵士
  5. 魏志(魏書)_書類
  6. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 8月 11日

    ツッコミを入れるなら徐州に小沛は無い。小沛とは沛県の事なので豫州です。なお陶謙が劉備を豫州刺史にして小沛に入れた話は先主伝にある。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP