何晏は腐敗した政治の象徴なのか?魏王朝の老荘思想を発展させた貢献者を考察


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

何晏と曹操

 

曹操(そうそう)の養子である何晏(かあん)、皆さんは何晏についてどのような人物とお考えでしょうか。何晏は当時の文学などを見ていくと外せない人物でもあるため、良く目にする名前です。しかし人によっては心底受け付けない、そんな人物でもあることと思います。

 

今回はそんな何晏について、少しお話いたしましょう。

 

 

大将軍の孫・何晏

何進

 

さてまず何晏の経歴から。実はその祖父はあの十常時に殺された将軍、何進(かしん)。残念ながら父親の名前は分かっていませんが、母親は尹氏(いんし)です。この尹氏が曹操(そうそう)のお妾さんになり、子の何晏は曹操の養子となりました。言ってしまうと連れ子として引き取られて養子となったのです。

 

何晏

 

が、同じ養子だった秦朗(しんろう)が常に控えめにしていたのに対して何晏は派手な装いに身を包み、実子のような振る舞いをしていたために曹丕(そうひ)からは嫌われていてわざわざ「養子」と呼ばれていたと言います。

 

関連記事:何進と何皇后は本当にお肉屋さん?何兄妹のズバ抜けて出世した違和感

関連記事:霊帝の外戚である何進と騫碩の対立について解説

 

はじめての漢王朝

 

 

 

閑職から出世する何晏

曹丕

 

曹丕に嫌われていた何晏は当然のように出世は望めず、曹丕の後継者となった曹叡の時代になってもそれは変わらないままでした。しかし曹叡(そうえい)の死後、時の権力を握ったのは曹爽(そうそう)(筆者、ここで歯を噛みしめる)

 

曹爽

 

曹爽と親しかった何晏はここで出世。何晏からすればようやく日の目が向いたとも言えますが、曹爽の取り巻きとして出世した何晏は周囲から非難の目も向けられることとなります。

 

関連記事:司馬昭の父である司馬懿の政敵 曹爽たちはどんな政策だったの?

関連記事:もしも、曹爽が司馬懿に勝っていたら三国志はどうなった?

 

if三国志

 

 

栄華続かず何晏

司馬懿

 

しかしその日の目はすぐに沈みました。それは249年の正月のこと。司馬懿(しばい)のクーデターによって曹爽らは処刑されました。もちろん曹爽の取り巻きたちもその一味として尽く処刑されることになります。

 

何晏

 

最早命運尽きた……となる中で、不思議な役目が何晏に回ってきました。何晏は司馬懿によって、曹爽一派を裁判するようにと申し付けられるのです。

 

関連記事:司馬懿は北伐キラー?蜀と呉の侵攻を食い止め続けた戦略を解説

関連記事:司馬懿の息子は司馬師・司馬昭以外どうして変人・悪人バカだらけなの?

 

魏のマイナー武将列伝

 

 

 

最悪と言って良い最期を迎える何晏

司馬懿

 

本来ならば自分も曹爽らと早々に(爆笑ポイント)処刑される立場。しかし不思議なことに司馬懿からはそんな曹爽一派の裁判を命じられた何晏。何晏はここで助かりたい一心で、曹爽一派の取り巻き七名の名前を書きだして、その裁判をかなり厳しく執り行いました。

 

異議ありと叫ぶ司馬懿

 

そんな何晏に司馬懿は声をかけます。

「名前が一人足りないのではないか」

「それは私の名前ですか」

これに司馬懿は頷き、何晏もまた処断されてその生涯は終わることになります。

 

関連記事:司馬懿を招いたのは曹操ではない!曹操の誘いを断った逸話はどうやって生まれた?

関連記事:張春華とはどんな人?実は晩年まで司馬懿とラブラブだった?

 

英雄の死因

 

 

 

学者としての姿

魏志(魏書)_書類

 

最期の最期で、ある意味仲間を売るという最悪の姿を記録されることになった何晏ですが、後世ではその名をよく見かけることとなります。とうのもこの何晏、論語の注釈書である論語集解(ろんごしっかい)を記し、老荘思想の学問である玄学(げんがく)を興すなど数多くの文学、思想面での働きを残しているからです。なので三国志時代の文学思想を調べていると、この何晏の学者としての偉業を垣間見ることができます。

 

関連記事:【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

関連記事:老荘思想(道家)ってどんな思想?ありのままに?

 

孔門十哲

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-