司馬昭の父である司馬懿の政敵 曹爽たちはどんな政策だったの?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

司馬懿の墓

 

正始10年(249年)に司馬懿(しばい)は政敵である曹爽(そうそう)を倒すためにクーデターを起こしました。

 

司馬師

 

後世、「高平陵の変(こうへいりょうのへん
)
」と呼ばれるものです。司馬懿の息子である司馬師(しばし)司馬昭(しばしょう)も従軍。司馬昭は当日までクーデターを行うと知らなかったそうです。ところで司馬昭の父である司馬懿が敵対した曹爽(そうそう)はどのような政策を行っていたのでしょうか?

 

魏志(魏書)_書類

 

今回は正史『三国志』をもとに、曹爽が行った政策について解説します。


曹真の子 曹爽

曹爽

 

曹爽自身は曹操(そうそう)の「族子」の1人である曹真(そうしん)の息子です。族子とは一族の子供という意味です。ただし、曹真の本当の名字は「(しん)」なので曹真の本名は秦真(しんしん)。なんだか語呂が悪い名前ですね・・・・・・


曹爽の側近たち

曹爽の配下にいる王渾

 

曹爽の側近には以下の人がいました。

 

(1)曹義(そうぎ)・・・・・・曹爽の弟

(2)曹訓(そうくん)・・・・・・曹爽の弟

 

何晏

 

(3)何晏(かあん)・・・・・・曹操の養子。後漢(25年~220年)の大将軍の何進(かしん)の孫。

(4)鄧颺(とうよう)・・・・・・後漢開国の功臣鄧禹(とうう)の子孫。蜀(221年~263年)の鄧芝(とうし)の親戚。

(5)丁謐(ていひつ)・・・・・・曹操最初の妻である丁夫人(ていふじん)の一族

(6)畢軌(ひつき)・・・・・・外戚(がいせき
)
(=皇帝の一族)

(7)李勝(りしょう)・・・・・・曹爽の友人であり夏侯玄(かこうげん)の部下

 

曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん)

 

(8)桓範(かんはん)・・・・・・曹操と同郷の指導者的立場の人物

(9)夏侯玄(かこう げん
)
・・・・・・外戚。曹爽の父方の姉妹の子。

 

諸葛誕

 

(10)諸葛誕(しょかつたん)・・・・・・蜀の諸葛亮(しょかつりょう)の親戚。おそらく諸葛氏本家の人と推測される。

(11)李豊(りほう)・・・・・・外戚

 

まだいるのですが、とりあえずこれぐらいにしておきます。共通しているのは一族や名門で固めていることでした。なによりも彼らは「浮華事件(ふかじけん)」に巻き込まれていたのです。


浮華事件とは?

董昭

 

浮華事件とは()(220年~265年)の太和6年(232年)に董昭(とうしょう)が、「学問を本業とせず、交遊だけを仕事としている人物がいる」と告発。告発された人々は「浮華の徒」と言われました。

 

夏侯玄

 

その結果、夏侯玄・諸葛誕・李勝などは処分された。なお、魏の第2代皇帝である曹叡(そうえい)も、この処分には賛成していました。この事件は周囲の名声や口だけで全く仕事をしない、2世・3世の政治家を処分するのが目的だったのです。


曹爽の政策

曹芳

 

やがて曹叡が亡くなって曹芳(そうほう)が即位すると、曹爽は浮華事件で処分された人々を呼び戻しました。

 

野心がありすぎる夏侯玄

 

曹爽たちは早速、政策に取り掛かります。まずは曹爽の弟の曹義(そう ぎ)曹訓(そう くん
)
の2人で禁軍(近衛兵)を統括。さらに対蜀戦線の司令官に夏侯玄が、対呉戦線に諸葛誕と文欽(ぶんきん)を派遣します。要するに首都と地方を自派で固めたのです。

 

李豊と張緝

 

また、尚書省も何晏(かあん)鄧颺(とう よう)丁謐(てい ひつ)畢軌(ひつき)・李豊で固めました。尚書省は人事権を握っていたのです。人事を担当するのは吏部尚書という役職でした。曹爽政権発足当時、吏部尚書は盧毓(ろいく)が担当していました。彼は盧植(ろしょく)の息子であり、司馬懿と親しい関係です。当然、彼は何晏によって政権中枢から追われました。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 孔融と曹操
  2. 五虎大将軍の馬超
  3. 袁術
  4. 陸遜
  5. 蔣琬(しょうえん)
  6. 孔明もコペルニクスに似ていた

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP