年末年始はおウチで三国志を楽しむ!オススメ三国志映画の世界4選




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

正史三国志_書類

 

正史「三国志」や小説「三国志演義」を読んでいると数々の英雄たちが目に浮かぶはずです。そんな三国志好きに実写で「三国志」の世界を楽しめる映画をいくつか紹介します。

正史三国志・呉書を作り上げる韋昭(いしょう)

 

すべて本場の中国で作られた映画たちで、本国での三国志の見方をうかがい知ることもできますよ。

 

三国志映画:趙雲が主役「三国志(2008年)」(原題・三國之見龍卸甲)

 

 

中国・韓国合作映画

監督-ダニエルリー

出演-アンディ・ラウ、サモハンキンポー、マギーQなど

 

男気溢れる趙雲

 

蜀の「趙雲(ちょううん)」が主役の映画です。趙雲が劉備(りゅうび)の配下になり、最後に引退するまでの約50年間を描いた物語で、香港のスーパースター、「アンディ・ラウ」が若年から老年までの趙雲のすべてを演じています。一応「三国志」に沿ったストーリー展開ですが、趙雲の兄貴分「羅平安」や魏の大軍を指揮する曹操(そうそう)の孫「曹嬰」(女性)などオリジナルキャラクターが多数登場します。

 

阿斗を劉備まで届ける趙雲

 

物語は趙雲の生涯を2時間以内にまとめているため、駆け足で進み、主に「長坂(ちょうはん)の戦い」と最後の北伐がメインとなるのでタイトルの「三国志」は大げさかもしれません。「サモ・ハン・キンポー」(出演も)が指揮したアクションシーンは迫力があり、多くの兵士を投入した戦争シーンや曹嬰と趙雲の一騎打ちが見どころです。

 

関連記事:趙雲の最後の戦い!第1次北伐における箕谷の戦いに迫る

関連記事:【新解釈・三國志】趙雲はイケメンでモテる事を自慢する変な人だったの?

 

【仁に惹かれた蜀のスター・趙雲】
趙雲

 

 




 

三国志映画:赤壁を再現!「レッド・クリフ2部作(2008年、2009年)」(原題・赤壁)

 

 

中米韓日他合作映画

監督-ジョン・ウー

出演-金城武、トニー・レオン、ヴィッキー・チャオほか

 

赤壁の戦い

 

赤壁(せきへき)の戦い」を映画化した2部作です。前半では「長坂の戦い」や「八卦(はっけ)の陣」を駆使した合戦シーンと張飛(ちょうひ)関羽(かんう)などの大活躍がメインで、後半で「赤壁の戦い」を描きます。

大喬・小喬侍らし酒を飲みたい曹操

 

曹操の悪役ぶりが強く、赤壁の戦いのきっかけが周瑜(しゅうゆ)の妻であった小喬(こきょう)を手に入れるため、だったりもします。周瑜と諸葛亮(しょかつりょう)の知恵比べがメインで、彼らが競い合いながらも尊敬を深めていく描写が目を惹きます。

 

人形劇三国志を視聴する桃園三兄弟 劉備、関羽、張飛

 

趙雲、張飛、関羽など蜀の主役級メンバーや呉の陸遜(りくそん)、周瑜などほぼオールスターの三国志武将が登場し、三国志好きにはたまりません。また、小喬、大喬(だいきょう)孫権(そんけん)の妹尚香(しょうこう)など女性陣のエピソードもあり、男ばかりが活躍しがちな三国志に華を添えます。圧巻はなんといっても合戦シーンです。

 

曹操軍の輸送車を襲う趙雲

 

前半の「長坂の戦い」では趙雲や張飛の一騎当千を描き、後半の「赤壁」では迫力の炎に包まれていく兵士たちや焦る曹操が完全再現されています。

 

甘寧 裏切る ゆるキャラ

 

今もバラエティ番組などでよく聞くテーマ曲など音楽は日本の「岩代太郎(いわしろたろう)」さんが担当し、中村獅童(なかむらしどう)さんも「甘寧(かんねい)」をモデルとした「甘興」というキャラで出演しています。

 

関連記事:黄蓋は苦肉の策だけではない!レッドクリフでも大活躍した黄蓋の逸話

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




 

三国志映画:関羽が無双する「三国志英傑伝・関羽(2011年)」(原題・関雲長)

 

 

中国映画

監督-フェリックス・チョン、アラン・マック

出演-ドニー・イェン、チアン・ウェインほか

 

五関六将破りを行う関羽

 

関羽の有名な「関羽千里行(かんうせんりこう)」「五関突破(ごかんとっぱ)」がテーマの映画です。曹操と関羽の関係にテーマを絞り、他の三国志の武将は殆ど登場しません。

 

青龍偃月刀を持つ関羽

 

最大の見どころは「宇宙最強」と言われるアクションスター、ドニーイェンのアクションで、五つの関を様々な手段を使って戦い突破していく様が素晴らしく、特に狭い場所でのソードアクションは必見です。

 

曹操を演じたチアン・ウェインは監督としてもカンヌで受賞している名優で、後に「スターウォーズ・ローグワン」でもドニーイェンと共演しています。

 

関連記事:もしも第一次北伐に関羽が生きていたらどうなった?諸葛亮と関羽の共同作戦を考えてみた

関連記事:関羽が華容道で曹操を斬ると劉備は滅亡していた?

 

【義に生きた武人・関羽】
関羽

 

 

三国志映画:荊州をめぐる争いを大胆アレンジ「SHADOW/影武者(2018年)」(原題・影)

 

 

中国映画

監督-チャン・イーモウ

出演-ダン・チャオ、スン・リーほか

 

三国志の時代における魏呉蜀の「荊州(けいしゅう)」をめぐる争いをアレンジし、架空の時代に設定した映画です。あまり三国志とは関係なさそうな映画ですが、衣装などはその時代に近く、男たち、そして可憐な女性たちが国をめぐり知略や武力を競い合うさまは「三国志」好きならば楽しめるはずです。

 

皇象(こうしょう)仙人

 

映像はまるで水墨画のような様式美にあふれており、特殊な傘を使ったアクションシーンなど、芸術的な画面からは目が離せません。ストーリーは全体的に重苦しく、陰謀が渦巻いていますが難しいことはなく、あまり見られないアクションシーンの数々と相まって最後まで飽きずに楽しめることでしょう。

 

関連記事:諸葛亮は天下三分の計を諦めた?荊州の関羽を見殺しにしたのはなぜ?

関連記事:関羽は馬超を敵視したのではなく利用した?関羽の荊州統治と北伐戦略

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル

 

 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

「三国志」をテーマにした映画は実に幅広く、史実のアレンジも大胆な印象がありますね。頭で想像していた武将が実際に動くのは見ていて楽しく、今後も三国志の映画化には注目していきたいものです。

 

関連記事:『新解釈・三國志』映画ズバッと批評!【ネタバレあり】

関連記事:漢王朝成立の歴史を美麗に描く!おすすめの映画3本をご紹介

 

【聴きだしたらもう止まらない音声コンテンツ開始】
ながら三国志

 




 

関連記事

  1. 曹植は軟弱ではなかった
  2. 曹叡
  3. 晋の陳寿
  4. 蜀の馬超
  5. 貂蝉

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP