馬超は使い勝手がかなり悪い武将だった「三国志とりかへばや物語」


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

 

馬超(ばちょう)と言えば錦馬超とも言われたイケメンであり、武勇に優れた北部の雄。

 

曹操を絶対殺すマンとしてなった馬超

 

悪漢、曹操(そうそう)に理不尽にも一族を奪われ、その復讐に立ち上がるも運命の悪戯か上手く行かず、流浪の果てに正義の使徒は仁徳の人、劉備(りゅうび)と出会い、居場所を手に入れ……というとかなり三国志演義(さんごくしえんぎ)の補正が強すぎでしょうか。

 

実際には結構やりたい放題というか、暴れん坊な印象が強い馬超ですが……そんな馬超を別の武将ととりかへばや(トレード)するならどうなる? 馬超とりかへばや、考えてみましょうか。

 

 

 

本当は因果応報な馬超

馬超をフルボッコする閻行

 

馬超は正史三国志(せいしさんごくし)と三国志演義ではだいぶ印象が違う武将の一人です。まず三国志演義では曹操に一族を殺されて立ち上がりますが、正史ではこれが逆転……というか、三国志演義が正史とは逆転していると言った方が良いでしょうか。

 

馬騰と曹操

 

まず色々あって馬超の父、馬騰(ばとう)が入朝。曹操が張魯(ちょうろ)に攻撃。涼州(りょうしゅう)に残っていた馬超、次はこっちを攻撃されると不安。

 

馬超と韓遂

 

韓遂(かんすい)と手を組んで曹操と戦う。敗北。一族が曹操に殺される。

 

処刑を下す曹操

 

これが正史の流れです。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の馬超は心に欠落を抱え咆哮!虚無に苛まれる豪傑

関連記事:馬超は孔明と一緒に戦った事はあるの?

 

 

 

 

その後も度々反乱を起こすがいいとこなし

蜀では結果が出せない馬超

 

その後、馬超は羌族(きょうぞく)を率いて群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)の時代らしく隴上で蜂起。そこで冀城の涼州(りょうしゅう)刺史が降伏したにも関わらず、一族殺害。この際にその部下たちをそのまま配下に加え入れたために、後に反乱を起こされます。最終的に血で血を洗うようなお互いの親族殺し合いが行われ、馬超は張魯の所に落ち延びました。

 

劉備軍に降伏する馬超

 

この後、張魯の部下たちと上手く行かず、結局劉備の所まで行くことになりました。

 

関連記事:馬超は許チョにビビって何にもできなかった!?一騎打ちもウソ?

関連記事:馬超はメンタルが弱い?馬超孟起のメンタルが弱かった理由

 

馬超特集

 

 

馬岱と共に劉備の世話になる

漢中王になる劉備

 

さて劉備の元に行った馬超、劉備には厚遇されたとされていますが、その後はどうしていたかは分かりません。漢中でも戦いの記録はありますが目立った活躍はなく、最終的には劉備が皇帝になって蜀漢を建国後に驃騎将軍となり、47歳で亡くなりました。

 

ボロボロになった馬超

 

因みに臨終の際に「一族は曹操にだいたい殺されたけど従弟の馬岱(ばたい)がいるのでよろしくお願いします」と劉備に頼んでおり、三国志演義ではこの馬岱がこの後かなり活躍(そして苦労する)ことになるのも有名ですね。

 

「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱

 

こういった経緯は三国志演義では省かれたり、脚色されたりとされており、馬超は三国志演義の中でもかなり演義恩恵を受けている存在と言えるでしょう。そんな馬超をとりかへばやしてみるなら……どうなるでしょうか?

 

関連記事:実は馬超は漢民族じゃなく異民族だった?

関連記事:【潼関の戦い】どうすれば馬超は曹操に勝てたの?

 

蜀漢の滅亡

 

 

部下で魏に降伏した龐徳と交換

ホウ徳(龐徳)

 

龐徳(ほうとく)は馬超の父、馬騰配下でしたが、馬超の配下となり、馬超が張魯の元に行った際に取り残されたか離れたかあるなどの紆余曲折を経てから曹操配下になりました。

馬超と別れるホウ徳

 

ホウ徳自身もその活躍は少ないものの、曹操配下として最期に関羽(かんう)との奮戦、その潔くも壮絶な最期から正史に記録され、三国志演義でも描写されていることは皆さまご存知の通り。馬超がもしホウ徳のように張魯の元に留まり、なんやかんやで曹操の配下となれば、もしかしたら、もしかしたら壮絶な最期を迎えられたかもしれません。

 

ホウ徳

 

ホウ徳もホウ徳で蜀では取り立てられ、もしかしたら夷陵(いりょう)の戦いなどでも奮戦する姿が見られたのではないでしょうか。ほんの少しですれ違った運命の二人のとりかへばやの結末、見てみたいですね。

 

関連記事:馬超とホウ徳の分岐点はどこだった?正史三国志を追いかけてみる

関連記事:ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将

 

三国志とりかへばや物語

 

はじ三倶楽部

 

 

主君を変えた似たモノ同士の張郃とトレード

張コウ 張郃

 

色々あってやってきた武将、ということで(ちょう)コウと馬超のとりかへばやは如何でしょう?張コウは劉備も恐れた名将、じっくりと、しかし慎重に戦いを進めるかの武将は蜀でもいぶし銀な活躍を見せてくれることでしょう。

 

呂布を受け入れる劉備

 

劉備も馬超までとは行かずも、厄介な張コウが仲間になってくれれば喜ぶのではないでしょうか!

 

曹操を絶対殺すマンとしてなった馬超

 

逆に馬超はどうでしょうか……うーん挙げては見たものの張コウとはタイプが違いすぎますからね……

 

司馬懿

 

ただ生き残れれば曹真(そうしん)司馬懿(しばい)が上手く使うと思いますし、ホウ徳と一緒に関羽と壮絶に戦う最期を迎える可能性も生まれ、正史のような寂しめの最期ではなくなるかと思います。

 

関連記事:張郃は司馬懿に暗殺された?張郃の死因に迫る!

関連記事:馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか?

 

ぐっすり眠れる!ながら三国志

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-,