広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠

この記事の所要時間: 245

孔明 東南の風

赤壁で大敗をした曹操は、焼け残った船にも火をかけて燃やした上で

荊州(けいしゅう)を脱出します。

 

東南の風を吹かせて大活躍した諸葛孔明は、

夏口(かこう)に戻ってくると、

即座に曹操の敗走ルートを予測し、追撃の指示を出します。

 

これまで敗走ばかり経験してきた劉備軍にとって、

伏兵によって何度も曹操を苦しめる展開は

手に汗を握るほど盛り上がるものになっています。

 

 

 

烏林では趙雲が

趙雲 子龍

まず、烏林(うりん)の裏道に潜んでいたのは趙雲(ちょううん)でした。

油断していた曹操軍に襲いかかります。

 

曹操は、徐晃(じょこう)と張郃(ちょうこう)が趙雲と戦っている間に

脱出します。

 

 

葫蘆谷では張飛が

長坂の戦い 張飛

次に、葫蘆谷(ころこく)には張飛が潜んでいました。

曹操軍の食事中に、張飛は攻撃に打って出ます。

 

曹操は、許褚(きょちょ)や張遼(ちょうりょう)が戦っている間に

脱出します。

 

ちなみに、葫蘆谷が実際の地名でどのあたりなのかはわかっていません。

 

 

華容道では関羽が

曹操を逃す関羽

 

最後に曹操軍の前に立ちふさがったのは関羽でした。

 

華容道(かようどう)で待ち伏せして来た関羽は

曹操を追い詰めようとしますが、

かつて劉備の夫人と共に捕らえられた際、

厚遇された恩を思い出し、曹操を見逃します。

 

この、「関羽が曹操を見逃す」という部分までもが

孔明の計画の内でした。

 

孔明の罠

孔明の罠

孔明は天文の動きを読むことで未来が占えたのです。

曹操の寿命はまだ尽きないと予測したため、

ここで関羽が見逃すことで、

かつての借りを返し、スッキリさせようという計らいでした。

 

占星術師、諸葛孔明!!

かっこいいですね。

 

 

曹操のひとこと

親友に裏切られた曹操

さて、無事に江陵(こうりょう)まで逃げおおせた曹操は

こんなつぶやきを漏らします。

 

「もし郭嘉(かくか)が生きていたら

こんな負け方はしなかったのに……!」

 

傍で聞いていた武将たちは、

みんなそろってしょんぼりしたとかしないとか……。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操 詩

よく読まれてる記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

逃げる劉備追う曹操

 

よく読まれてる記事:曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ

 

曹操 弱点 蟻

 

よく読まれてる記事:曹操には弱点はないの?

 

周瑜 周郎

 

よく読まれてる記事:三国時代の音楽ってどんな感じだったの?

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  2. 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  3. 陳寿が語る孫権像
  4. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 …
  5. 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの?…
  6. 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  7. 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?
  8. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  2. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった?
  3. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted
  4. 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍
  5. スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・
  6. 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの? 豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになったの? 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編 【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの? キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃいます!

おすすめ記事

  1. 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた
  2. 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された
  3. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼
  4. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント?
  5. 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】
  7. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  8. みにおん三国志とはどんなアプリゲーム?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP