【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

曹操暗殺計画はまた失敗、その理由とは




photo credit: Don’t Mess With Mercury via photopin (license)

 

密告によって既に動きを把握していた曹操に穆順が捕まり、計画も全て露見してしまいます。

忠義心に篤かった穆順は、誰に頼まれたのかどんな拷問にも口を割らなかったのですが、結局は伏完や伏皇后は逮捕されてしまうのです。

 

伏完・穆順一族はもろともに処刑され、二人の皇子も毒殺。

伏皇后は献帝の前で撲殺されるという非常に悲しい最期でした・・・。

もちろん言外に献帝に対しての見せしめの意味もあったのでしょうが、長く連れ添った妻を目の前で殺された献帝も悲しみます。




後漢書献帝伏皇后紀による最期

photo credit: Purple Tomato via photopin (license)

 

正史である『後漢書献帝伏皇后紀』での最期は少し違います。

 

同じように先に曹操暗殺計画を企てた董承が処刑された際、その娘で同じく献帝の後宮に入っていた董貴人が身重の身に関わらず処刑されたのを知り、伏皇后は父に曹操の排除を懇願します。

本来なら皇帝の子供を宿している貴人を処刑するなど、皇帝に刃を向けているのにも等しい事。

それを全く意にも介さない曹操に恐れをなしたといいます。

 

ところが父・伏完は娘の頼みを聞きながらも敢行する事はせず、建案14年(209年)に死んでしまいます。




過去に計画した曹操の暗殺計画が本人にバレてしまう

裏切りは許さぬ 曹操

 

兄である伏典が跡目を継ぎ、曹操暗殺計画もそのまま闇に葬られたと思われたのですが、

建案19年(214年)になって突然、過去に伏皇后が曹操暗殺計画を立てていたことが露見。

 

曹操は激怒します。

もちろん曹操は献帝に伏皇后の『廃皇』を求め、皇后の印綬も取られてしまいます。

 

伏一族は処刑され伏皇后の生んだ2人も毒殺

photo credit: Nature’s Welcome Sign via photopin (license)

 

伏一族は処刑され、伏皇后の生んだ2人の皇子達も毒殺。

伏皇后は独房に幽閉され、そこで死んだとされています。

さすがに曹操も民衆の手前、皇后を処刑するわけにはいかず、自殺を促したと言われています。

 

実質はお蔵入りしていた暗殺計画を蒸し返したのも、曹操は自分の娘を皇后に据えて皇帝の外戚として権力拡大をするのが狙いだったと見られています。

伏皇后の死の2ヵ月後には、曹操は献帝に嫁がせていた自分の娘を皇后に立后していることからも・・・言いがかりをつけて殺害したと推測されますね。

 

いつの時代でも、皇帝の外戚として力を拡大していくのは常套手段なんですね。

 

ところで伏皇后に頼まれても計画を敢行しなかった父・伏完と兄・伏典ですが、

先に董承の娘の最期も見ている身としては、敢行しない事こそが父親として兄として伏皇后と一族の身を守ることだと思ったのかも知れません。

 

実際、献帝伏皇后紀には父・伏完は『冷静で思慮深く心の広い人』と記され、

政治の実権が曹操にあると判断すると自分が皇帝の外戚の地位にあることを嫌い、自らが持っていた印綬を返上したと記されています。

既に宮中は曹操に牛耳られ、曹操に睨まれるのはどういう意味を持つのか分かっていたのでしょう。

 

三国志ライターAkiの独り言

Aki

 

伏皇后は周り人間達の思惑に翻弄された幸薄い人生だったと思ってしまいますが、献帝の傍らに皇后として仕え続けたのは実に20年。

夫婦でいえば、銀婚式まであとちょっと。

お互い夫婦としての情もあって、2人の皇子にも恵まれていて。

決して恵まれた人生では無かったと思いますが、それなりに幸せな時間があったのでは・・と思いたいです。

ならば、何故わざわざ暗殺計画など危ない橋を渡る必要があったのか。

由緒正しい生まれで長年献帝を支えた彼女の、漢王朝の皇后としての誇り高い矜持が曹操の横暴を許せなかったのかもしれませんね。

幸薄く影も薄い伏皇后ですが、儚いながらも最期まで誇り高い女性だったと思います。

 




よく読まれている記事

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

袁紹 曹操

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

曹操議員

 

よく読まれてる記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

 

曹萌

 

よく読まれてる記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

この記事を書いた人:Aki

Aki

■自己紹介:

歴史全般大好きなのですが、三国志大好き歴は20年以上。

地元には『諸葛川(もろくずがわ』という川があるのですが、名前を見る度にニヤリとしてしまいます。

好きな歴史人物:曹操諸葛亮、額田王、織田信長

何か一言:いつか三国志の小説でも書いてみたいです♪

< 1

2

関連記事

  1. 曹操 耳で聞いて覚える三国志

    はじめての変

    おうち時間を充実!無料歴史コンテンツ最新版(4月16日時点)

    新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、4月7…

  2. 歯を失う恐怖を嘆いた詩人の韓愈
  3. 献帝 恩賜の御衣
  4. 軍師孔明
  5. 袁術に助けを求める呂布

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP