三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

曹操は関羽をGET




曹操は関羽をGET

 

ひげは、①髭(シ)くちひげ ②鬚(シュ)あごひげ ③髯(ゼン)ほほひげの3種類に分けられます。

三国志の登場人物のヒゲがどの漢字をあてられているのかもよく確認してみると面白いですよ。

ちなみにひげは真鍮(黄銅線)と同じ硬さをもっているそうです。

5円玉と同じです。驚きですね。

人間にとって身体の中で特別な部分なのかもしれません。

 

関連記事:美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。




板垣退助のひげ

板垣退助 wiki

 

ひげで印象的、といえばやはり日本人であればお札にもなった板垣退助ではないでしょうか。

彼は意外にもひげを生やし始めたのは40代からだったそうです。彼の場合は「髭」の感じが当てはまります。

リンカーンも含め、大物は立派なひげを生やしているものですね。




三国志のひげ大将と云えばやはり関羽

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

三国志でひげと云えばやはりこの方、関羽雲長でしょう。

三国志演義ではそのひげの美しさから「美髯公」という称号を受けています。

漢の献帝から称号をもらったという説もあるくらいです。

あの孔明ですら関羽への手紙のなかで、関羽のことを「髯」(ひげ)と呼んでいるのです。

人一倍プライドの高い関羽のことですから、自分のひげへのこだわりも尋常ではなかったことだと思いますし、

ひげを褒められるのが一番うれしかったのかもしれません。

 

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

 

蜀にはもうひとり張飛のひげ

張飛にお酒 だめだよ

 

関羽の義兄弟である張飛も特徴のあるひげをしていることで有名です。

三国志演義では「虎の鬚(ひげ)」と形容しています。

これに関しては創作だという声が多いですが、もはや張飛のひげは虎鬚と民間に定着してしまっていますね。

関羽と実に対称的ですのでイメージもしやすいです。

鬍(胡)でひげと呼ぶ場合がありますが、こちらは少し侮蔑の意味がありそうです。

唐代の詩人が初めて張飛のひげについて触れたと云われています。

その一説には、「或いは張飛の胡(ひげ)をあざけり、或いは鄧艾の吃(どもり)を笑う」とあります。

 

関連記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

関連記事:関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!

関連記事:あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

関連記事:張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?

 

魏には特徴的な曹彰のひげ

曹茂

 

曹操の次男(正式にはもっとたくさんの兄がいますが)の曹彰はなんとひげが黄色だったというのです。

まったくイメージが沸きませんが、確かに曹操がこう云っています。

「黄鬚児竟に大いに奇なり」

これは曹彰が烏丸族の反乱を鎮めたときの曹操からの褒め言葉です。

特にイメージカラーが黄色である魏にとって(以前お伝えした通りに漢帝国は赤がイメージカラーでそれに替わるのが黄色です)、

縁起のよいことだったのかもしれませんね。

曹彰は、魏のイメージキャラクターと云っても過言ではないでしょう。

 

関連記事:曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男

関連記事:曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?

関連記事:曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?

関連記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

 

呉には特徴的な孫権のひげ

孫権

 

呉の帝となる孫権のひげは紫だったそうです。

ちなみに三国志演義でも「紫髯碧眼」と記されています。

よっぽど有名だったのでしょう。

紫のひげ……こちらもイメージするのは難しいですね。

髯の字を用いていますので、関羽と同じひげをアピールポイントにしていたようです。

互いに髯からしてライバルだったのかもしれません。

関羽と孫権の孫が生まれていたら、最高の髯の武将が誕生していたのではないでしょうか。

 

関連記事:はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!

関連記事:孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物

関連記事:孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから?

関連記事:孫権の妻たちは意外と知られてない?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

ちなみに関羽の美髯、張飛の虎鬚に対して劉備はひげがなかったそうです。

当時の男子からすると異質だったかもしれません。

ひげがないのは宮中に仕える宦官くらいなものだったのでしょう。

入蜀した際に劉璋の部下に馬鹿にされたという記述が残されています。

すると想像が膨らみます。

果たしてあの袁術はどのようなひげを生やしていたのだろうかと。

名門袁家のスーパーエリートですから、さぞかし立派なひげを蓄えていたに違いありません。

色はやっぱりイメージカラーの黄色だったのでしょうか……。

どこの文献にも記載されていないのが残念です。

 

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

 




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 趙雲 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙
  2. 【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説
  3. 三国志では何故、最初に蜀が滅びたの?
  4. 張遼 カカロットーーーー! 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻
  5. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる…
  6. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった…
  7. 太平道だけじゃない!『三国志』の時代に人々の心を支えた思想や宗教…
  8. 陳宮は何故曹操を裏切ったのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 周瑜に憧れる袁術
  2. 大山巌
  3. 黒田官兵衛
  4. 五虎大将軍の関羽
  5. 玉璽に興奮する袁術

おすすめ記事

  1. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家
  2. 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する! 徐庶の初陣
  3. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!? 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  4. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは? 一騎打ちをする太史慈と孫策
  5. 【第3回 幻想少女】驚愕の事実発覚!三国志フレンドが私にはいなかった!【ネタバレ注意】
  6. 漢民族の衣装といえばチャイナ服?いえいえ、漢服というものがあるのです 袁紹の妃 劉氏

三國志雑学

  1. 皇帝に就任した曹丕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 船冒険する諸葛直 船
  2. 徳川家を守った篤姫

おすすめ記事

劉禅と孔明 暗君・劉禅も名君になれた?桓公と景公を教育した宰相・晏嬰と管仲のトップ教育法を用いれば三国一のダメ君主も覇者になれた 豊臣秀吉 戦国時代 金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦 袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説 関羽に惚れる曹操 【まさかアッチ?】美女を退けた関羽の劉備愛が凄い 【三顧の礼】諸葛亮の嫁の父・黄承彦の詩にドラゴンが出てカッコいい! 宋姫 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由! 関羽に手紙を送る陸遜 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。 顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆から慕われた魏の名太守

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.6「天敵」
  2. 【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!? 劉備孔明と出会う?
  3. 【海の日特集】甘寧だけじゃない三国志に出てくる海賊達を紹介
  4. 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち
  5. 中国文学の黎明を告げた建安の三曹七子とは?
  6. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  7. 公家って何?何をした人たちなの?
  8. どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP