よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての漢

韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】

この記事の所要時間: 511




photo credit: Maroon Bells via photopin (license)

photo credit: Maroon Bells via photopin (license)

 

 

韓遂(かんすい)馬騰(ばとう)と共に長安近辺から引き返すと、涼州へ戻っていきます。

涼州へ帰還を果たした二人は、そのまま自らの領地へと戻っていきます。

二人は義兄弟の契りを交わした仲でありましたが、

領地へ戻ると些細な事から争いになります。

この些細なもめ事がなかなか収まらず、ついにこの争いは戦にまで発展していきます。

韓遂馬騰の戦はなかなか決着がつきませんでした。

この戦の時に韓遂は涼州にいた馬騰の妻と子供を殺害しております。

馬騰はこの事を知らされると怒り狂い、韓遂との溝は深まっていきます。

 

前回納品:韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】




鍾繇の仲介によって和解が成立

曹操

 

曹操(そうそう)の配下である鍾繇(しゅよう)は関中全域を安定させるために長安へ赴任します。

彼は雍州・涼州が大いに乱れている事を知ります。

特に乱れているのは涼州であることが判明します。

涼州が乱れている原因は、韓遂と馬騰の二人が激しく争っている事が原因です。

彼は涼州の乱れをただすためには二人の間を和解させるのが一番早いと感じ、

二人の間を行き来します。

鍾繇は幾度も韓遂と馬騰の間を行き来してついに二人を和解させることに成功。

こうして涼州に再び平穏な時が訪れてきます。




曹操配下として涼州をおさめる

曹操 五胡十六国

 

韓遂は曹操配下の鍾繇の説得を聞いて馬騰との対立を和解してもらった事がきっかけで、

曹操に人質を差し出し、以後曹操の配下として涼州を治めていきます。

袁紹(えんしょう)と曹操が中原の覇者を決める戦いである「官渡の戦い」が勃発した時に、

涼州では独立勢力が勢いづいて曹操に反旗を翻します。

涼州を守っていた韓遂は曹操に反旗を翻した独立勢力を討伐していきます。

その後も何度か反乱が起きるたびに、反乱軍を討伐し、

曹操配下として実績を積んでいきます。

 

漢中討伐…?

表情 曹操02

 

韓遂は曹操の配下となってからは以前のような反骨心が消え、従順に従っていきます。

しかしこの従順さもある戦のうわさを聞いた事で亡くなってしまいます。

曹操は益州の玄関口である漢中を攻略しようと軍勢を編成します。

韓遂はこの時、曹操の漢中討伐は名分のみでわれらに攻撃を仕掛けてくるのではないかと

危惧を抱きます。

 

馬超仲間入り

 

韓遂はこのような危惧を抱いている時に、

馬超(ばちょう)から「韓遂殿。このままでは曹操に討伐されてしまいますぞ。」と煽られると

従来の反骨精神がもたげてきます。

そしてついに韓遂は馬超・楊秋(ようしゅう)・馬玩(ばがん)など、

関中近辺にいる独立勢力を結集させ、曹操に反旗を翻します。

 

馬超の猛攻

許チョ

 

こうして反乱を起こした韓遂達はさっそく曹操へ攻撃を仕掛けます。

韓遂の指示の元、反乱軍の主将的存在であった馬超は曹操軍に猛攻を仕掛けます。

この時の馬超の攻撃はすさまじく、曹操をあと一歩で討ち取れる寸前まで追い詰めます。

曹操は親衛隊の許楮(きょちょ)のおかげでなんとか命からがら逃げのびます。

 

関連記事:曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?

関連記事:ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

 

賈詡の秘策

賈詡

 

曹操は馬超の攻撃によってあと一歩のところまで追い詰められた事で、

関中軍の手ごわさを感じ、賈詡(かく)に相談

賈詡は「馬超と韓遂が協力体制を築いているため、

関中十部(かんちゅうじゅうぶ=韓遂らの独立した勢力の代表的な十人の事)が、

勢いづいているのでしょう。

ならば二人の間を裂けば、協力関係は瓦解し、関中十部もバラバラになりましょう。

私が見事二人の仲を裂いてみせましょう。」と進言します。

曹操はこの進言を採用し、賈詡に二人の仲を裂くように命じます。

 

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

関連記事:【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

関連記事:【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!?

 

曹操との会見

現実主義曹操

 

韓遂は曹操から手紙をもらいます。

その内容は「二人で話しておきたいことがある」と書いてありました。

韓遂はさっそく返事を書いて、会見場所と日時を決めます。

その後韓遂は一人で曹操の元へ赴き、会見を行います。

曹操は韓遂が来ると

「韓遂よ。俺らが孝廉として推挙された時の都の状況はひどかったな。」

などと思い出話を持ち掛けます。

曹操は韓遂と同じ年に孝廉(こうれん)に推挙された仲間同士でした。

そのため韓遂も「そうだな。あの時はひどかった。」と曹操に話しかけ、

そのあとは二人で思い出話に興じます。

この時の会見は結局思い出話が中心となって、

軍事の事や今後の事は一切話題に上りませんでした。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 呂布、ナイスシュート!
  2. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  3. 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とお…
  4. おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪…
  5. 【センゴク】新事実かも!武田滅亡の原因は信玄のせいだった?
  6. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を…
  7. 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将…
  8. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯
  2. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第5回 ついにあの武将が「覇王化」!!
  3. 十常侍ってなんぞや?
  4. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】
  5. 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将
  6. 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期 韓非が作った故事成語「矛盾と守株」の真の意味とは? 朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!実は魏の隠れ五大将軍だった 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!! 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は? そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの? 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する? 島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕?

おすすめ記事

  1. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?
  2. キングダム 513話 ネタバレ予想:王翦は落ちない鄴をどう落すのか?
  3. 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!
  4. 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る
  5. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!
  6. もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?
  7. 後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?
  8. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP