ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての漢

韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】

出世した韓遂




韓遂

 

韓遂(かんすい)馬騰(ばとう)と共に長安近辺から引き返すと、涼州へ戻っていきます。

涼州へ帰還を果たした二人は、そのまま自らの領地へと戻っていきます。

二人は義兄弟の契りを交わした仲でありましたが、

領地へ戻ると些細な事から争いになります。

この些細なもめ事がなかなか収まらず、ついにこの争いは戦にまで発展していきます。

韓遂馬騰の戦はなかなか決着がつきませんでした。

この戦の時に韓遂は涼州にいた馬騰の妻と子供を殺害しております。

馬騰はこの事を知らされると怒り狂い、韓遂との溝は深まっていきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

前回納品:韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】

関連記事:衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた

 

 

鍾繇の仲介によって和解が成立

曹操

 

曹操(そうそう)の配下である鍾繇(しゅよう)は関中全域を安定させるために長安へ赴任します。

彼は雍州・涼州が大いに乱れている事を知ります。

特に乱れているのは涼州であることが判明します。

涼州が乱れている原因は、韓遂と馬騰の二人が激しく争っている事が原因です。

彼は涼州の乱れをただすためには二人の間を和解させるのが一番早いと感じ、

二人の間を行き来します。

鍾繇は幾度も韓遂と馬騰の間を行き来してついに二人を和解させることに成功。

こうして涼州に再び平穏な時が訪れてきます。

 

 

曹操配下として涼州をおさめる

曹操 五胡十六国

 

韓遂は曹操配下の鍾繇の説得を聞いて馬騰との対立を和解してもらった事がきっかけで、

曹操に人質を差し出し、以後曹操の配下として涼州を治めていきます。

袁紹(えんしょう)と曹操が中原の覇者を決める戦いである「官渡の戦い」が勃発した時に、

涼州では独立勢力が勢いづいて曹操に反旗を翻します。

涼州を守っていた韓遂は曹操に反旗を翻した独立勢力を討伐していきます。

その後も何度か反乱が起きるたびに、反乱軍を討伐し、

曹操配下として実績を積んでいきます。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

漢中討伐…?

表情 曹操02

 

韓遂は曹操の配下となってからは以前のような反骨心が消え、従順に従っていきます。

しかしこの従順さもある戦のうわさを聞いた事で亡くなってしまいます。

曹操は益州の玄関口である漢中を攻略しようと軍勢を編成します。

韓遂はこの時、曹操の漢中討伐は名分のみでわれらに攻撃を仕掛けてくるのではないかと

危惧を抱きます。

 

馬超仲間入り

 

韓遂はこのような危惧を抱いている時に、

馬超(ばちょう)から「韓遂殿。このままでは曹操に討伐されてしまいますぞ。」と煽られると

従来の反骨精神がもたげてきます。

そしてついに韓遂は馬超・楊秋(ようしゅう)・馬玩(ばがん)など、

関中近辺にいる独立勢力を結集させ、曹操に反旗を翻します。

 

馬超の猛攻

許チョ

 

こうして反乱を起こした韓遂達はさっそく曹操へ攻撃を仕掛けます。

韓遂の指示の元、反乱軍の主将的存在であった馬超は曹操軍に猛攻を仕掛けます。

この時の馬超の攻撃はすさまじく、曹操をあと一歩で討ち取れる寸前まで追い詰めます。

曹操は親衛隊の許楮(きょちょ)のおかげでなんとか命からがら逃げのびます。

 

関連記事:曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?

関連記事:ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

 

賈詡の秘策

賈詡

 

曹操は馬超の攻撃によってあと一歩のところまで追い詰められた事で、

関中軍の手ごわさを感じ、賈詡(かく)に相談

賈詡は「馬超と韓遂が協力体制を築いているため、

関中十部(かんちゅうじゅうぶ=韓遂らの独立した勢力の代表的な十人の事)が、

勢いづいているのでしょう。

ならば二人の間を裂けば、協力関係は瓦解し、関中十部もバラバラになりましょう。

私が見事二人の仲を裂いてみせましょう。」と進言します。

曹操はこの進言を採用し、賈詡に二人の仲を裂くように命じます。

 

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

関連記事:【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

関連記事:【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!?

 

曹操との会見

現実主義曹操

 

韓遂は曹操から手紙をもらいます。

その内容は「二人で話しておきたいことがある」と書いてありました。

韓遂はさっそく返事を書いて、会見場所と日時を決めます。

その後韓遂は一人で曹操の元へ赴き、会見を行います。

曹操は韓遂が来ると

「韓遂よ。俺らが孝廉として推挙された時の都の状況はひどかったな。」

などと思い出話を持ち掛けます。

曹操は韓遂と同じ年に孝廉(こうれん)に推挙された仲間同士でした。

そのため韓遂も「そうだな。あの時はひどかった。」と曹操に話しかけ、

そのあとは二人で思い出話に興じます。

この時の会見は結局思い出話が中心となって、

軍事の事や今後の事は一切話題に上りませんでした。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 織田信長 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る
  2. 呂不韋 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった!
  3. 郭嘉が亡くなり悲しむ曹操 衝撃の事実!魏には2人の郭嘉が存在した!?
  4. 親友に裏切られた曹操 本拠地の兗州でクーデター発生!親友の裏切りにあった曹操
  5. 武田信玄と徳川家康 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  6. 楊懐 楊懐とはどんな人?劉備の益州入りを阻止しようとした将軍
  7. 孔明君のジャングル探検 孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?
  8. 鮑信と曹操 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬遷(しばせん)
  2. 織田信長
  3. はじめての三国志編集長kawauso
  4. 関羽と関索
  5. 司馬炎(はじめての三国志)
  6. しっかりと仕事をこなす華歆(華キン)
  7. 朝まで三国志 公孫瓚

おすすめ記事

  1. 【キングダム】王賁の最期は?どんな死を迎えたの?
  2. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な決着
  3. 【悲報】ついに夏侯惇が最弱劉備に負けてしまう!! 夏侯惇
  4. 劉琦はどうして毒殺されなかったのか!?【素朴な三国志疑問】
  5. 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣 はじめての三国志 画像準備中
  6. 蒋琬の子孫はどのような人物たちだったのか!? 蔣琬(しょうえん)

三國志雑学

  1. そろばんを叩く関羽
  2. 呉の小覇王・孫策
  3. 孔明のテントがある野外のシーン
  4. 父・関羽とともに亡くなる関平
  5. 玉璽 三国志


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 後継者争い 劉協と劉弁
  2. 艶麗な楊端和
  3. 始皇帝
  4. 呂布を水攻めする曹操
  5. 陳勝・呉広

おすすめ記事

【告知】伝説の企画「袁術祭り」電子書籍を発売するよ 海上での戦い 劉備と曹操 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの? 朶思大王 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算 皇帝曹奐 魏のラストエンペラー曹奐(そうかん)魏の最後はどうやって迎える事になったの? 張良と始皇帝 【始皇帝失敗】巡遊で天下に顔を売るつもりが命を狙われる羽目に 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の出世の糸口「本圀寺の変」って何? 今川義元 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る! こいつらが悪役達だ! 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP