架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた!

この記事の所要時間: 65




華陀

 

三国志の時代では、医療に関して華佗(かだ)という名医がいたことが知られています。

彼は、この時代では珍しい「麻酔薬」を使用したり、

また歴史で初めて外科手術をした医師ということで知られています。

また、「漢方薬」等の内服薬を用いることで、身体の異常を和らげたり、治療することもできます。

とはいえ、現代と比べると当時の医療は水準が低く、治療の選択肢も限られておりました。

当時の医療技術ですから、荒療治の様な治療法を施さねばならない場合も多々ありました。




三国志時代の医療

華陀 麻沸散

 

荒療治として良く知られているのは関羽の腕に刺さった毒矢の傷を

華佗(かだ)が切り開いて毒を削り落とす、というエピソードです。

麻酔も無く腕をザクザク切り開く等、常人にとっては気絶モノの荒療治ですが、

関羽は平然とそれを麻酔無しで受けた上に、同時に囲碁を打ったり、

食事したり、談笑したりしていたようです。

さて、関羽の英雄ぶりはともかく当時の医療水準では現代ほどの知見は得られていなかったため、

「人体は何をどうすればどうなるか?」ということが分からなかったのです。

そのため、怪我や病に対してどう対処すればよいかわからず、

結果として先ほどのような荒療治をするしかなかったわけです。

今回は、このような三国志時代での荒療治の事例を紹介します。




これは手術か? 留賛の発明した外科手術の民間療法!?

戦え于禁㈫01

 

留賛(りゅうさん)は、字(あざな)は正明(せいめい)であり、呉の武将です。

留賛(りゅうさん)は郡の役人として仕えていました。

当時、黄巾賊が各国の至る所で反乱をおこしており、

その鎮圧のために留賛(りゅうさん)は自ら兵を率いて討伐にあたっていました。

ある時、黄巾賊の首領である呉桓(ごかん)を討ちとりましたが、自身も傷を負いました。

傷を治療し、養生していましたが、傷が治ったにもかかわらず、

足が曲がったまま動かなくなってしまったため、

立ち上がることができず、そのまま歩けなくなってしまいました。

このような場合、現代の知識があれば、「傷が癒えたのになぜ異常が残っているのか」

「何が原因で足が曲がったままなのか」、それを人体の解剖学的に考え、

そこから合理的な治療方法を考えます。

しかし、当時はそのような知識は無く、

まして医師でもない人が人体はどうなっているかなど知る術はありませんでした。

そのため、留賛(りゅうさん)は、歩けないまま、日々を過ごしていました。

そんなある日、彼は書を読んでいる時のことでした。

留賛(りゅうさん)は、兵法書を読み先人達の英雄としての姿に感嘆していました。

 

留賛(りゅうさん)「私の祖先はこんなにも偉業を成し遂げている・・・。

なのに、私は偉業を成し遂げるどころかこんなところで歩くこともままならぬ。何と情けない・・・・。

こうしてはいられない!!!。」

 

関連記事:世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか

関連記事:華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

関連記事:絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏

 

足の筋を切断

あじさい f

 

元々気性の激しい留賛(りゅうさん)は、一刻も惜しいとばかりに家族を集めて、今から足を治すと宣言しました。

その治療方法とは、足の筋を切断することで、曲がったままの足を伸ばすという先駆的な医療のように見えて、

その実自殺行為そのものでした。

ただ、彼の考えでは、「曲がったままで歩けないならば、邪魔な部分を斬ってしまおう」という考えだったのではないかと思われます。

 

突然の申し出に、親族は猛反対しましたが、制止を振り切った留賛(りゅうさん)は、足の筋を切断してしまいました。

すると、あまりの激痛にその場で気絶してしまいました。

しかし、家族が気絶した彼の足を引き延ばしたため、ようやく彼は足を伸ばすことができました。

さらに、そのまま引き延ばした状態で足を固定していたため、傷が治る頃には、

足を引きずりながらもなんとか歩けるようにはなりました

このエピソードを聞いた凌統(りょうとう)は、留賛(りゅうさん)を孫権(そんけん)に推挙し、

官職につき後に武将として活躍することになりました。

 

関連記事:凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ

関連記事:よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

 

関羽はやはり鬼神だった! 周瑜の絶望外科手術

周瑜の魅力

 

周瑜(しゅうゆ)は字(あざな)は公瑾(こうきん)で、呉の孫策(そんさく)の義弟であり、

呉の大都督として赤壁の合戦で名を馳せた智将として知られています。

彼は赤壁で勝利を収めた後、南郡の制圧に乗り出しました。

 

呉の南郡制圧の際に、魏の曹仁(そうじん)達の守る南郡城に侵攻した時のことです。

この時、魏軍は近隣の城を取られたばかりで、士気が落ちており、呉軍は対照的に勢いに乗っている状態でした。

曹仁(そうじん)「丞相(じょうしょう、

曹操(そうそう)のこと)がこの時のために残してくださった封書の作戦通りに動くのじゃ。」

そして、魏と呉の軍勢が衝突し、その結果魏が敗走する形になりました。

南郡城が空になったのを見てとった周瑜(しゅうゆ)はそのまま南郡城を占領しようと自ら軍を率いて中に入りました。

しかし、城内には落とし穴がいくつも掘られており、多くの兵は穴に落ちてしまいました。

さらに、少数の魏軍が城壁の上に伏せており、

周瑜(しゅうゆ)が城内に入ったのを見るや否や矢を雨のように浴びせました。

脇腹に矢を受けた周瑜(しゅうゆ)は落馬し、友軍に救われて辛うじて撤退しました。

しかし、周瑜(しゅうゆ)を射た矢には毒が塗られていました。

また、素人が矢を無理に引き抜いたために、鏃が体内に残った状態になってしまいました。

軍中の医師が治療にあたりましたが、その治療方法は関羽(かんう)と同様に、

鑿と槌で肉を切り開いて鏃を取り出すというものでした。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  2. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  3. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  4. 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説して…
  5. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  6. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  7. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為…
  8. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】
  2. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事!
  3. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  4. 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる
  5. 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?
  6. 若かりし曹操は熱血漢

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか? 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破! え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

おすすめ記事

  1. 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん
  2. 呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生
  3. 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣
  4. 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?
  5. 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生
  6. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】
  7. 真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦
  8. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP