架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?

この記事の所要時間: 526




曹操 真田丸

 

曹操(そうそう)は河北の戦いに勝利し、中国の半分を手に入れることになります。

その後曹操は、荊州を降伏させ、自分に逆ら最後の勢力孫家の討伐に向かいますが、

孫権(そんけん)劉備(りゅうび)の連合軍に赤壁の地で負けてしまいます。

三国志を知っている人も知らない人も一度は耳にしたことがある赤壁の戦いですが、

なぜ曹操は赤壁の戦いで負けたのかを考えてみました。




曹操にとっての赤壁の戦いとは!?

曹操

 

赤壁の戦いとは曹操VS 孫権・劉備連合軍の戦いです。

三国志を知っている方なら結果は知っていると思いますが、

連合軍の勝利でこの戦は終結。

しかしこの戦いがどのような経緯で、

行われる事になったのか知らない方がいるのではないでしょうか。

そこで曹操サイドに立って赤壁の戦いを紹介していきたいと思います。

まず曹操にとって赤壁の戦いは、自分の勢力に敵対する唯一の存在である孫家を倒して、

天下統一を決める大事な一戦でした。

なぜ孫家のみが曹操に敵対していたのでしょうか。




孫家以外の群雄は何をしていたのか。

朝まで三国志 曹操

 

孫家以外の群雄はなぜ曹操に反抗的な態度をとっていないのでしょうか。

まず、曹操と孫権以外の群雄を紹介する前に、三国志の州を紹介します。

三国志の時代は北から幽州(ゆうしゅう)・幷州(へいしゅう)・冀州(きしゅう)・

青州(せいしゅう)・徐州(じょしゅう)・兗州(えんしゅう)・豫州(よしゅう)・

涼州(りょうしゅう)・益州(えきしゅう)・荊州(けいしゅう)・

揚州(ようしゅう)・交趾(こうし)、そして洛陽や長安近辺を含めた

司隷(しれい)を合わせて13の州に分かれておりました。

このうち曹操は幽州・幷州・冀州・青州・徐州・兗州・司隷・豫州・司隷・

荊州と中華の半分以上を手に入れておりました。

そして残っている州のうち、揚州は孫家を領地としており、

益州は劉璋が領地としておりました。

そして涼州は韓遂(かんすい)馬騰(ばとう)らの反乱軍が占拠。

さてこれらの群雄はなぜ曹操に反抗的な態度をとらないのでしょうか。

 

益州の劉璋はなぜ曹操に反抗的じゃないのか。

張魯 お宝

 

益州の劉璋は漢中にいる張魯(ちょうろ)と戦いを繰り広げておりました。

しかし何度も張魯(ちょうろ)に戦いを挑んでも勝つことができない為、

劉璋は曹操に張魯討伐を行ってもらおうと考えます。

そこで劉璋は曹操と友好関係を結ぶため、色々な贈り物を送ります。

このような経緯から劉璋は曹操との友好関係を望んでいた為、

敵対するつもりはなかったように思われます。

 

関連記事:もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

 

涼州の独立軍閥達は曹操と敵対しようと企んでいたのか

曹操

 

結論から言うと涼州の独立軍閥達は、

赤壁の戦い以前は曹操と敵対しようとは考えていなかったと思います。

むしろ友好的な関係を築いておりました。

なぜ彼らは曹操の勢力と友好的な関係を築いていたのか。

それは張既(ちょうき)鍾繇(しゅよう)の二人の文官の努力の賜物です。

鍾繇は馬騰や韓遂ら曹操の領地に攻め込んでこないように長年、

友好関係を築いてきました。

 

河北平定戦の時袁紹の甥である高幹(こうかん)が

幷州で反乱を起こします。

この時鍾繇の部下である張既は涼州から高幹を討伐する時に協力してくれるように、

馬騰の説得に成功。

張既に説得された馬騰は、息子の馬超と龐徳(ほうとく)らに軍勢を預けて、

袁紹の甥である高幹討伐を行っております。

その為、涼州の馬騰や韓遂らは曹操に反抗しようとする意志は、

この時点ではなくむしろ友好的な関係を保っておりました。

 

孫家以外は曹操に敵対する意思なし。そのため…

曹操 魏王

 

益州と涼州が曹操と敵対する意思がないため、

孫家のみが曹操に敵対する可能性がありました。

そのため曹操は涼州と益州の討伐を後回しにして、

敵対する可能性が一番高い孫家を討伐目標に定めたと考えられます。

 

孫権が降伏するようにビビらせる

曹操VS孫権R1

 

荊州を降伏させた曹操は孫権を討伐目標に決めた後、まずは荊州に侵攻を開始。

荊州は曹操軍の圧力にビビり、一戦もせず降伏します。

曹操は荊州を手に入れると孫権に脅迫状を送ります。

この時曹操は孫権に送った脅迫状に「俺の軍は80万位で、お前の領地に攻め込むから」と

いった内容の手紙を送ります。

孫家の武将達はこれしきの脅迫状で、ビビる事はありませんでした。

しかし孫家の国論は曹操に降伏すべしという勢力と曹操と決戦すべしとの派閥に、

分裂しておりました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  2. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  3. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表
  4. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  5. 後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い
  6. まだまだいた三国志の名外交官たち5選
  7. 周瑜公瑾の輝かしい功績
  8. 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?
  2. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主
  3. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ
  4. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  5. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  6. 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/9】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/19〜6/26】 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行 これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら? 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?

おすすめ記事

  1. 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?
  2. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから
  3. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  4. 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲しい最後
  5. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  6. 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!
  7. キングダム 513話 ネタバレ予想:王翦は落ちない鄴をどう落すのか?
  8. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP