よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?




曹操 真田丸

 

曹操(そうそう)は河北の戦いに勝利し、中国の半分を手に入れることになります。

その後曹操は、荊州を降伏させ、自分に逆ら最後の勢力孫家の討伐に向かいますが、

孫権(そんけん)劉備(りゅうび)の連合軍に赤壁の地で負けてしまいます。

三国志を知っている人も知らない人も一度は耳にしたことがある赤壁の戦いですが、

なぜ曹操は赤壁の戦いで負けたのかを考えてみました。




曹操にとっての赤壁の戦いとは!?

曹操

 

赤壁の戦いとは曹操VS 孫権劉備連合軍の戦いです。

三国志を知っている方なら結果は知っていると思いますが、

連合軍の勝利でこの戦は終結。

しかしこの戦いがどのような経緯で、

行われる事になったのか知らない方がいるのではないでしょうか。

そこで曹操サイドに立って赤壁の戦いを紹介していきたいと思います。

まず曹操にとって赤壁の戦いは、自分の勢力に敵対する唯一の存在である孫家を倒して、

天下統一を決める大事な一戦でした。

なぜ孫家のみが曹操に敵対していたのでしょうか。




孫家以外の群雄は何をしていたのか。

朝まで三国志 曹操

 

孫家以外の群雄はなぜ曹操に反抗的な態度をとっていないのでしょうか。

まず、曹操と孫権以外の群雄を紹介する前に、三国志の州を紹介します。

三国志の時代は北から幽州(ゆうしゅう)・幷州(へいしゅう)・冀州(きしゅう)・

青州(せいしゅう)・徐州(じょしゅう)・兗州(えんしゅう)・豫州(よしゅう)・

涼州(りょうしゅう)・益州(えきしゅう)・荊州(けいしゅう)・

揚州(ようしゅう)・交趾(こうし)、そして洛陽や長安近辺を含めた

司隷(しれい)を合わせて13の州に分かれておりました。

このうち曹操は幽州・幷州・冀州・青州・徐州・兗州・司隷・豫州・司隷・

荊州と中華の半分以上を手に入れておりました。

そして残っている州のうち、揚州は孫家を領地としており、

益州は劉璋が領地としておりました。

そして涼州は韓遂(かんすい)馬騰(ばとう)らの反乱軍が占拠。

さてこれらの群雄はなぜ曹操に反抗的な態度をとらないのでしょうか。

 

益州の劉璋はなぜ曹操に反抗的じゃないのか。

張魯 お宝

 

益州の劉璋は漢中にいる張魯(ちょうろ)と戦いを繰り広げておりました。

しかし何度も張魯(ちょうろ)に戦いを挑んでも勝つことができない為、

劉璋は曹操に張魯討伐を行ってもらおうと考えます。

そこで劉璋は曹操と友好関係を結ぶため、色々な贈り物を送ります。

このような経緯から劉璋は曹操との友好関係を望んでいた為、

敵対するつもりはなかったように思われます。

 

関連記事:もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

 

涼州の独立軍閥達は曹操と敵対しようと企んでいたのか

曹操

 

結論から言うと涼州の独立軍閥達は、

赤壁の戦い以前は曹操と敵対しようとは考えていなかったと思います。

むしろ友好的な関係を築いておりました。

なぜ彼らは曹操の勢力と友好的な関係を築いていたのか。

それは張既(ちょうき)鍾繇(しゅよう)の二人の文官の努力の賜物です。

鍾繇馬騰韓遂ら曹操の領地に攻め込んでこないように長年、

友好関係を築いてきました。

 

河北平定戦の時袁紹の甥である高幹(こうかん)が

幷州で反乱を起こします。

この時鍾繇の部下である張既は涼州から高幹を討伐する時に協力してくれるように、

馬騰の説得に成功。

張既に説得された馬騰は、息子の馬超龐徳(ほうとく)らに軍勢を預けて、

袁紹の甥である高幹討伐を行っております。

その為、涼州の馬騰や韓遂らは曹操に反抗しようとする意志は、

この時点ではなくむしろ友好的な関係を保っておりました。

 

孫家以外は曹操に敵対する意思なし。そのため…

曹操 魏王

 

益州と涼州が曹操と敵対する意思がないため、

孫家のみが曹操に敵対する可能性がありました。

そのため曹操は涼州と益州の討伐を後回しにして、

敵対する可能性が一番高い孫家を討伐目標に定めたと考えられます。

 

孫権が降伏するようにビビらせる

曹操VS孫権R1

 

荊州を降伏させた曹操は孫権を討伐目標に決めた後、まずは荊州に侵攻を開始。

荊州は曹操軍の圧力にビビり、一戦もせず降伏します。

曹操は荊州を手に入れると孫権に脅迫状を送ります。

この時曹操は孫権に送った脅迫状に「俺の軍は80万位で、お前の領地に攻め込むから」と

いった内容の手紙を送ります。

孫家の武将達はこれしきの脅迫状で、ビビる事はありませんでした。

しかし孫家の国論は曹操に降伏すべしという勢力と曹操と決戦すべしとの派閥に、

分裂しておりました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代…
  2. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な…
  3. 孫権が暴露!蜀は孔明の国だった
  4. 【三国天武 攻略その3】諸葛孔明?それとも呂布?三国天武に登場す…
  5. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  6. 張魯 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上
  7. 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?
  8. 蜀の厳顔 厳顔の最後はとっても○○だった!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる
  2. 孔融と曹操

おすすめ記事

  1. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い
  2. 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将
  3. 【三国志トランプ】人物の説明文がトホホな人たち 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負
  4. 『日経三国志』のテレビCMが、ACC賞フィルム部門でブロンズ賞を受賞!
  5. 「三国志人物事典」をリリースしました
  6. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末 大砲発射

おすすめ記事

今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙 『論語』は日本の偉人に大きな影響を与えていたって知ってた? 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将 孫権に煽られて憤死する陸遜 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは? 【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群雄割拠の原因だった? 舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか? 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る 三国志武将のダイエットグッズでこんなのがあったら嬉しい

おすすめ記事

  1. 【有料記事】少帝劉弁は本当に無能な皇帝だったのか?
  2. 2017年はじめてのストライキ宣言文
  3. 司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人
  4. kawauso編集長のぼやきVol.21「陰謀論」
  5. 武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの? 真田丸 武田信玄
  6. 始皇帝はどんな人?不老不死を求めた中国史上初の皇帝の人生を解説
  7. 五代友厚は大阪再生の立役者だった! 幕末 帝国議会
  8. キングダムネタバレ571話「デッドライン」レビュー解説

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP