広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?

この記事の所要時間: 453




曹丕

 

曹操(そうそう)の息子にして、熾烈な後継者争いに勝利を果たした曹丕(そうひ)

彼は父の曹操のように戦上手ではありませんでしたが、

政治に関しては父に似て色々な政策を実施して魏の発展に貢献しております。

今回は魏の発展に貢献した曹丕はどのような人物で、

どういった政策を行っていったのかご紹介します。




色々な物を身に着けた青年期

曹操 曹休 曹丕

 

曹丕は黄巾の乱が勃発する3年前ほどに生まれます。

彼は幼少期から父である曹操が家に帰ってくると射術(しゃじゅつ)を教えてもらい、

すぐにマスターします。

また父から学問にもしっかりと打ち込むようにと言われ、

「史記(しき)」や「漢書(かんしょ)」などを読んで行き、

学問においても優れた才能を発揮していくようになります。

こうした青年期を迎えた曹丕ですが、彼の趣味は詩を書いたり読んだりすることでした。




弟・曹植と共に詩文を学ぶ

曹丕 曹植

 

父曹操が戦や政治に忙しい中、家に帰ってきて時間を見つけると詩文を作っておりました。

曹丕や三男の曹植(そうしょく)は父が詩文を作っている姿を小さいころから見ており、

曹丕と曹植は父が帰ってくると二人して父から詩文を学んでおりました。

こうして二人は共に父から学び詩文の面白さを学び、

二人で仲良く詩を作ってお互いの詩を読み合わせして、

どこが悪いのか、どう改善すればよいのかなど互いの詩を評価しあっておりました。

 

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生

 

曹操の後継者争いが始まる

曹操のムスコ達アイキャッチ2

 

曹丕はこのように武芸・学問・芸術と色々な物を学び、青年期を過ごしていきますが、

曹操が50歳を超え始めた頃、父が自分の後継者を選び始めます。

彼は正妻である卞氏(べんし)が生んだ曹丕・曹彰(そうしょう)・曹植の他にも、

数多くの子供達を設けておりました。

 

曹沖

 

その中で特に可愛がっていたのが、環夫人が生んだ曹沖(そうちゅう)です。

彼は幼い頃から天才的な頭脳を持っており、大人顔負けの知識を学んでいき、

10歳ごろには曹操が厳しく罰した人を救うような優しさを見せております。

他にも彼にまつわる天才的なエピソードが数多く存在し、

一番有名な物は孫権(そんけん)から贈り物として送られてきた象の量り方を

曹操に示した事です。

 

三国志 象兵

 

ある日、孫権は曹操に象を送ってきます。

曹操は群臣を試すために「この象の量り方を知っている者はいるか。」と尋ねます。

しかし群臣は誰一人曹操の問いに答えられる者はいませんでしたが、

そんな時、曹沖が手を挙げて「私が答えてもいいですか。」と父に尋ねます。

父は「沖よ。お前に分かるのか」と聞くと

「分かりますよ。」と快諾します。

そして曹沖は群臣と父に向って「まず象を船に乗せます。

すると重さで船が沈むので、船が沈んだところに印をつけます。

この印をつけた所まで物を船に積めば、

象がどの程度の重さであるかわかるのではありませんか。」と明快に答えを示します。

曹操は曹沖の答えに感心し、彼を大いに褒めたそうです。

この後から曹操は曹沖を可愛がり、

彼を後継者とするような言動を側近達に行ったりしておりました。

曹丕は自らが曹操の後継者であることを自覚していたので、

曹沖が次世代の後継者となるのではないかとかなり脅威を感じておりました。

しかし曹沖は病に倒れてしまい、そのまま亡くなってしまいます。

曹丕は曹沖が亡くなった事で自分が一番後継者に近くなるはずだと、

ホッとしましたが新たなライバルが出現します。

 

関連記事:幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について

関連記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

関連記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

仲の良かった三男との後継者争い

曹植

 

曹丕は曹沖が亡くなってホッとしていましたが、新たなライバルが出現します。

そのライバルは三男曹植です。

 

曹丕と曹植

 

彼は自信が兄である曹丕と後継者争いを繰り広げるつもりはなかったのですが、

彼の取り巻きが曹植を担ぎ出して曹操の後継者になれるように色々と画策していきます。

曹操も冷酷な一面を見せる曹丕よりも優しくて人間味に溢れ、詩文が上手い、

曹植の方が好きでした。

しかし曹操はこの事を側近や周囲に漏らすことは無く、二人の争いを見守っておりました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱…
  2. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国…
  3. 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編
  4. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  5. 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹…
  6. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1
  7. 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサ…
  8. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた
  2. 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話
  3. ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?
  4. 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか
  5. 親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?
  6. 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは? 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は… 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの? 54話:劉備、再び曹操に敗れる 宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期の流派も紹介! 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?

おすすめ記事

  1. 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯
  2. 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?
  3. 司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人
  4. 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲しい最後
  5. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  6. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師
  7. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  8. もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP