三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?

この記事の所要時間: 355




曹丕

 

曹操(そうそう)の息子にして、熾烈な後継者争いに勝利を果たした曹丕(そうひ)

彼は父の曹操のように戦上手ではありませんでしたが、

政治に関しては父に似て色々な政策を実施して魏の発展に貢献しております。

今回は魏の発展に貢献した曹丕はどのような人物で、

どういった政策を行っていったのかご紹介します。




色々な物を身に着けた青年期

曹操 曹休 曹丕

 

曹丕は黄巾の乱が勃発する3年前ほどに生まれます。

彼は幼少期から父である曹操が家に帰ってくると射術(しゃじゅつ)を教えてもらい、

すぐにマスターします。

また父から学問にもしっかりと打ち込むようにと言われ、

「史記(しき)」や「漢書(かんしょ)」などを読んで行き、

学問においても優れた才能を発揮していくようになります。

こうした青年期を迎えた曹丕ですが、彼の趣味は詩を書いたり読んだりすることでした。




弟・曹植と共に詩文を学ぶ

曹丕 曹植

 

曹操が戦や政治に忙しい中、家に帰ってきて時間を見つけると詩文を作っておりました。

曹丕や三男の曹植(そうしょく)は父が詩文を作っている姿を小さいころから見ており、

曹丕と曹植は父が帰ってくると二人して父から詩文を学んでおりました。

こうして二人は共に父から学び詩文の面白さを学び、

二人で仲良く詩を作ってお互いの詩を読み合わせして、

どこが悪いのか、どう改善すればよいのかなど互いの詩を評価しあっておりました。

 

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生

 

曹操の後継者争いが始まる

曹操のムスコ達アイキャッチ2

 

曹丕はこのように武芸・学問・芸術と色々な物を学び、青年期を過ごしていきますが、

曹操が50歳を超え始めた頃、父が自分の後継者を選び始めます。

彼は正妻である卞氏(べんし)が生んだ曹丕・曹彰(そうしょう)曹植の他にも、

数多くの子供達を設けておりました。

 

曹沖

 

その中で特に可愛がっていたのが、環夫人が生んだ曹沖(そうちゅう)です。

彼は幼い頃から天才的な頭脳を持っており、大人顔負けの知識を学んでいき、

10歳ごろには曹操が厳しく罰した人を救うような優しさを見せております。

他にも彼にまつわる天才的なエピソードが数多く存在し、

一番有名な物は孫権(そんけん)から贈り物として送られてきた象の量り方を

曹操に示した事です。

 

三国志 象兵

 

ある日、孫権は曹操に象を送ってきます。

曹操は群臣を試すために「この象の量り方を知っている者はいるか。」と尋ねます。

しかし群臣は誰一人曹操の問いに答えられる者はいませんでしたが、

そんな時、曹沖が手を挙げて「私が答えてもいいですか。」と父に尋ねます。

父は「沖よ。お前に分かるのか」と聞くと

「分かりますよ。」と快諾します。

そして曹沖は群臣と父に向って「まず象を船に乗せます。

すると重さで船が沈むので、船が沈んだところに印をつけます。

この印をつけた所まで物を船に積めば、

象がどの程度の重さであるかわかるのではありませんか。」と明快に答えを示します。

曹操は曹沖の答えに感心し、彼を大いに褒めたそうです。

この後から曹操は曹沖を可愛がり、

彼を後継者とするような言動を側近達に行ったりしておりました。

曹丕は自らが曹操の後継者であることを自覚していたので、

曹沖が次世代の後継者となるのではないかとかなり脅威を感じておりました。

しかし曹沖は病に倒れてしまい、そのまま亡くなってしまいます。

曹丕は曹沖が亡くなった事で自分が一番後継者に近くなるはずだと、

ホッとしましたが新たなライバルが出現します。

 

関連記事:幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について

関連記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

関連記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

仲の良かった三男との後継者争い

曹植

 

曹丕は曹沖が亡くなってホッとしていましたが、新たなライバルが出現します。

そのライバルは三男曹植です。

 

曹丕と曹植

 

彼は自信が兄である曹丕と後継者争いを繰り広げるつもりはなかったのですが、

彼の取り巻きが曹植を担ぎ出して曹操の後継者になれるように色々と画策していきます。

曹操も冷酷な一面を見せる曹丕よりも優しくて人間味に溢れ、詩文が上手い、

曹植の方が好きでした。

しかし曹操はこの事を側近や周囲に漏らすことは無く、二人の争いを見守っておりました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧
  2. 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャン…
  3. 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪
  4. 馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせ…
  5. 後悔する孫権 孫権老害!魏は曹叡の代で潰れるとドヤって大失敗
  6. 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ…
  7. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世し…
  8. 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢
  2. 秦の始皇帝はどんな顔をしていたの?政はユダヤ人だった?
  3. 【キングダム】競争率高すぎ!秦国には大将軍希望者で溢れていた!
  4. 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?
  5. 孫尚香ってどんな人?孔明に曹操、孫権と並び評された人物
  6. 孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  2. 明智光秀 wikipedia

おすすめ記事

後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹の評価が残念な6つの理由 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介 女王・卑弥呼はどこから来たの?邪馬台国のミステリーに迫る! 【9月の見どころ】9/27公開予定:【三国志平話】俺は周瑜派!龐統が劉備に反逆? 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち破って漢の領土を回復させた武人 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいでショックを受けて腑抜けになった!? 孔明によって殺害されてしまった劉封、実は○○から逃亡するようにアドバイスを受けていた!

おすすめ記事

  1. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」
  2. 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード
  3. 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント?
  4. 荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国志演義で紹介!
  5. 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  6. キングダム561話、龐煖が登場!「一刀の衝撃」ネタバレ&レビュー
  7. 【3分で分かる】卑弥呼の重臣・難升米(なしめ)とは何者なの?
  8. 荀彧は後漢グルーブor曹魏グルーブどっちなの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP