広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

この記事の所要時間: 526




大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

「銅雀台」は、三国志演義においては、赤壁の戦いの前に孔明(こうめい)

曹操(そうそう)が、大喬(だいきょう)と小喬(しょうきょう)の2人の絶世の美女を

銅雀台に侍らせて晩年を過ごしたいとか言ってたよー」

等と呉の周瑜(しゅうゆ)に伝えた時に出てきていることは結構有名でしょう。

 

曹植

 

実際、曹操(そうそう)の五男の曹植(そうしょく)の詩である”銅雀台の賦”では、そのような事が詠われています。

大喬(だいきょう)は呉の孫策(そんさく)の妻で小喬(しょうきょう)は周瑜(しゅうゆ)の妻なのだから、

 

周瑜くやしい 呉

 

そんなことを言われたら、

呉の人は怒って何としてでも曹操(そうそう)を潰そうとするだろうという孔明(こうめい)の策です。

さて、二人の女性は置いておいて、ここで出てくる銅雀台とはそもそも何なのでしょうか。

天下で一二を争う美女とともにその名を出されることからも、

何か途轍もない物であることは容易に想像できますが、一体どのようなものだったのでしょうか。

今回はこの銅雀台について、ご説明します。




銅雀台とはハイクオリティな宮殿!

銅雀台 引用

 

銅雀台とは曹操(そうそう)が鄴(ぎょう)という都(現在の中国の河北省 邯鄲市 臨漳県 三台村)に210年の冬に建造した宮殿です。

また、当時財と富を最も多く所有していた曹操(そうそう)が造らせたため、

かなりクオリティの宮殿だったそうです。

銅雀台は3つの「台」からなり、中央は銅雀台、左には玉竜台、右には金鳳台が建てられています。

それぞれの高さ10丈(30m)に及び中空には二条の反り橋が架けられ、

銅雀台を中心に台と台の間を行き来できるようになっていました。

また、周囲に巡らされた千門万戸(多くの家々の意)も後漢の至高の芸術に彩られていました。

当時にしてみれば最上級の豪華絢爛な宮殿でした。

(写真引用元:Chinaviki




銅雀台を建てた鄴(ぎょう)という地は・・・

曹操

 

鄴(ぎょう)は、遠征の際の本拠地となりえる場所でした。

当時は許昌(きょしょう)を都としていましたが、表向きには都は献帝のものでした。

そのため、第二の都として曹操(そうそう)は鄴(ぎょう)を選びました。

また、鄴(ぎょう)はもともと袁紹(えんしょう)の領土で重要な拠点とされていましたので、

そこを制圧した曹操(そうそう)もそこを拠点としたのでしょう。

加えて、袁紹(えんしょう)の領土であったこともあり、その縁者が住んでいる地でもあるので、

反乱を防ぐためにもここに睨みを利かせる必要がありました。

鄴(ぎょう)は第二の都であり、”曹操の都”であるため、そこに銅雀台を建てたということです。

 

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

なぜ銅雀台を建てたの?

キングダムと三国志

 

銅雀台はかなり豪華な宮殿でしたが、そもそもなんのために建造したのでしょうか?

建造理由は、いくつかあると考えられます。

 

雀 f

 

まず、「銅雀台」という名前から考えてみましょう。

名前の由来は、ある農民が畑を耕している時に、畑の中に青銅でできた雀が出てきたため、

漢の丞相である曹操(そうそう)に献上したそうです。曹操(そうそう)はそれに大いに喜び、

それを祝うため銅雀台の建造を考えたと言われています。

ただ、これでは「それだけの理由で?」というツッコミがあります。

おそらく、これはきっかけと名前の由来に過ぎないのでしょう。

 

で、本当の理由は何なの?

現実主義曹操

 

銅雀台の名前の由来ときっかけは分かりましたが、何か本当の理由があったと思われます。

銅雀台は、当時にしてみれば、前例の無い大宮殿であり、建造には長期間を要していたと考えられます。

となると、建設開始時にその理由があると考えられます。

210年に完成した銅雀台ですが、8年がかりで建造されたとされています。

となると、建設開始したのは、202年となります。

この年に何があったのか、曹操(そうそう)が何をしていたのか、が極めて重要な理由となるでしょう。

袁紹逝く! ゆるキャラ

 

202年は、曹操(そうそう)の長年のライバルの袁紹(えんしょう)が亡くなった年です。

袁紹(えんしょう)は官渡・倉亭の戦いにより敗北し、202年に袁紹(えんしょう)は病没してしまいます。

袁紹(えんしょう)の領土である鄴(ぎょう)を奪ったのも大体はこのあたりになります。

長年の栄華を極めていたライバルの袁紹(えんしょう)が遂に倒れたとあれば、

おそらく次の覇者となるのはそれを打ち破った自身である、と曹操(そうそう)を初め皆が考えるでしょう。

そうした背景から、大宮殿を造って威勢を示す、ということを計画したのだと考えられます。

 

曹操 女性

 

冒頭で述べたように、”銅雀台の賦” によれば、曹操(そうそう)は「宮殿で美女とイチャイチャしたい」という考えがあったようですが、

その根幹には自尊心があったと思われます。

贅沢ができる事は即ちそれほどの権力を持っているからに他なりません。

曹操(そうそう)は自身の権威を示すために建てたと考えられます。

【次ページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  2. 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介
  3. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑…
  4. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち…
  5. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ
  6. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関…
  7. 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  8. 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り!
  2. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!
  3. 曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ
  4. 民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる
  5. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる? 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント? 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒められた忠義心の塊 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた? 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散
  2. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!
  3. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  4. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥
  5. 本拠地の兗州でクーデター発生!親友の裏切りにあった曹操
  6. 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る
  7. 倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説
  8. 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP