よかミカンの三国志入門
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

城銅雀台




大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

「銅雀台」は、三国志演義においては、赤壁の戦いの前に孔明(こうめい)

曹操(そうそう)が、大喬(だいきょう)と小喬(しょうきょう)の2人の絶世の美女を

銅雀台に侍らせて晩年を過ごしたいとか言ってたよー」

等と呉の周瑜(しゅうゆ)に伝えた時に出てきていることは結構有名でしょう。

 

曹植

 

実際、曹操(そうそう)の五男の曹植(そうしょく)の詩である”銅雀台の賦”では、

そのような事が詠われています。

大喬(だいきょう)は呉の孫策(そんさく)の妻で小喬(しょうきょう)は周瑜(しゅうゆ)の妻なのだから、

 

周瑜くやしい 呉

 

そんなことを言われたら、

呉の人は怒って何としてでも曹操(そうそう)を潰そうとするだろうという孔明(こうめい)の策です。

さて、二人の女性は置いておいて、ここで出てくる銅雀台とはそもそも何なのでしょうか。

天下で一二を争う美女とともにその名を出されることからも、

何か途轍もない物であることは容易に想像できますが、一体どのようなものだったのでしょうか。

今回はこの銅雀台について、ご説明します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:華佗が発明した幻の麻酔薬「麻沸散」とは?

関連記事:ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話

 

 

銅雀台とはハイクオリティな宮殿!

銅雀台とはハイクオリティな宮殿!

 

銅雀台とは曹操(そうそう)が鄴(ぎょう)という都(現在の中国の河北省

邯鄲市 臨漳県 三台村)に210年の冬に建造した宮殿です。

また、当時財と富を最も多く所有していた曹操(そうそう)が造らせたため、

かなりクオリティの宮殿だったそうです。

銅雀台は3つの「台」からなり、中央は銅雀台、左には玉竜台、右には金鳳台が建てられています。

それぞれの高さ10丈(30m)に及び中空には二条の反り橋が架けられ、

銅雀台を中心に台と台の間を行き来できるようになっていました。

また、周囲に巡らされた千門万戸(多くの家々の意)も後漢の至高の芸術に彩られていました。

当時にしてみれば最上級の豪華絢爛な宮殿でした。

 

 

銅雀台を建てた鄴(ぎょう)という地は・・・

曹操

 

鄴(ぎょう)は、遠征の際の本拠地となりえる場所でした。

当時は許昌(きょしょう)を都としていましたが、表向きには都は献帝のものでした。

そのため、第二の都として曹操(そうそう)は鄴(ぎょう)を選びました。

また、鄴(ぎょう)はもともと袁紹(えんしょう)の領土で重要な拠点とされていましたので、

そこを制圧した曹操(そうそう)もそこを拠点としたのでしょう。

加えて、袁紹(えんしょう)の領土であったこともあり、その縁者が住んでいる地でもあるので、

反乱を防ぐためにもここに睨みを利かせる必要がありました。

鄴(ぎょう)は第二の都であり、”曹操の都”であるため、そこに銅雀台を建てたということです。

 

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

なぜ銅雀台を建てたの?

キングダムと三国志

 

銅雀台はかなり豪華な宮殿でしたが、そもそもなんのために建造したのでしょうか?

建造理由は、いくつかあると考えられます。

 

雀 f

 

まず、「銅雀台」という名前から考えてみましょう。

名前の由来は、ある農民が畑を耕している時に、畑の中に青銅でできた雀が出てきたため、

漢の丞相である曹操(そうそう)に献上したそうです。曹操(そうそう)はそれに大いに喜び、

それを祝うため銅雀台の建造を考えたと言われています。

ただ、これでは「それだけの理由で?」というツッコミがあります。

おそらく、これはきっかけと名前の由来に過ぎないのでしょう。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

で、本当の理由は何なの?

現実主義曹操

 

銅雀台の名前の由来ときっかけは分かりましたが、何か本当の理由があったと思われます。

銅雀台は、当時にしてみれば、前例の無い大宮殿であり、建造には長期間を要していたと考えられます。

となると、建設開始時にその理由があると考えられます。

210年に完成した銅雀台ですが、8年がかりで建造されたとされています。

となると、建設開始したのは、202年となります。

この年に何があったのか、曹操(そうそう)が何をしていたのか、が極めて重要な理由となるでしょう。

袁紹逝く! ゆるキャラ

 

202年は、曹操(そうそう)の長年のライバルの袁紹(えんしょう)が亡くなった年です。

袁紹(えんしょう)は官渡・倉亭の戦いにより敗北し、202年に袁紹(えんしょう)は病没してしまいます。

袁紹(えんしょう)の領土である鄴(ぎょう)を奪ったのも大体はこのあたりになります。

長年の栄華を極めていたライバルの袁紹(えんしょう)が遂に倒れたとあれば、

おそらく次の覇者となるのはそれを打ち破った自身である、

と曹操(そうそう)を初め皆が考えるでしょう。

そうした背景から、大宮殿を造って威勢を示す、ということを計画したのだと考えられます。

 

曹操 女性

 

冒頭で述べたように、”銅雀台の賦” によれば、曹操(そうそう)は

「宮殿で美女とイチャイチャしたい」という考えがあったようですが、

その根幹には自尊心があったと思われます。

贅沢ができる事は即ちそれほどの権力を持っているからに他なりません。

曹操(そうそう)は自身の権威を示すために建てたと考えられます。

【次ページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹植 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  2. 問題を解決する楊脩 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛され…
  3. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  4. 趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!
  5. 袁紹と田豊の仁義なきバトル物語
  6. 劉備勝ちまくり!仮想三国志 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?
  7. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  8. 中国雑技団の前身!?三国時代の大道芸

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔融

おすすめ記事

  1. 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だった!?
  2. 戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?
  3. 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将
  4. 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?
  5. 【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた
  6. 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター

三國志雑学

  1. 孔明 司馬懿 名前はどこで
  2. 魔王曹操
  3. 現実主義曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. マラソン日本代表として走る中村勘九郎 いだてん
  2. 馬謖を斬り悲しむ孔明

おすすめ記事

韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将 玉磁と孫堅 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽 【はじ三グッズ】可愛い馬超の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売中 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1 亡くなる卑弥呼 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る! 合肥の戦いの地図 張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行 もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった? 華夷秩序に砕けた山越はむしろ漢族の被害者?

おすすめ記事

  1. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  2. 西郷どんのチェストの意味は?西郷隆盛と示現流のチェスト関係性を分かりやすく解説 チェストと叫ぶ西郷隆盛
  3. 【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ
  4. 後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い
  5. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭
  6. モバイル向け新作シミュレーションRPG『三國志曹操伝 ONLINE』の事前登録をスタート
  7. 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム?
  8. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる! 蜀の劉備

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP