三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

三国志の雑学

銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

銅雀台 引用
この記事の所要時間: 526




大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

「銅雀台」は、三国志演義においては、赤壁の戦いの前に孔明(こうめい)

曹操(そうそう)が、大喬(だいきょう)と小喬(しょうきょう)の2人の絶世の美女を

銅雀台に侍らせて晩年を過ごしたいとか言ってたよー」

等と呉の周瑜(しゅうゆ)に伝えた時に出てきていることは結構有名でしょう。

 

曹植

 

実際、曹操(そうそう)の五男の曹植(そうしょく)の詩である”銅雀台の賦”では、そのような事が詠われています。

大喬(だいきょう)は呉の孫策(そんさく)の妻で小喬(しょうきょう)は周瑜(しゅうゆ)の妻なのだから、

 

周瑜くやしい 呉

 

そんなことを言われたら、

呉の人は怒って何としてでも曹操(そうそう)を潰そうとするだろうという孔明(こうめい)の策です。

さて、二人の女性は置いておいて、ここで出てくる銅雀台とはそもそも何なのでしょうか。

天下で一二を争う美女とともにその名を出されることからも、

何か途轍もない物であることは容易に想像できますが、一体どのようなものだったのでしょうか。

今回はこの銅雀台について、ご説明します。




銅雀台とはハイクオリティな宮殿!

銅雀台 引用

 

銅雀台とは曹操(そうそう)が鄴(ぎょう)という都(現在の中国の河北省 邯鄲市 臨漳県 三台村)に210年の冬に建造した宮殿です。

また、当時財と富を最も多く所有していた曹操(そうそう)が造らせたため、

かなりクオリティの宮殿だったそうです。

銅雀台は3つの「台」からなり、中央は銅雀台、左には玉竜台、右には金鳳台が建てられています。

それぞれの高さ10丈(30m)に及び中空には二条の反り橋が架けられ、

銅雀台を中心に台と台の間を行き来できるようになっていました。

また、周囲に巡らされた千門万戸(多くの家々の意)も後漢の至高の芸術に彩られていました。

当時にしてみれば最上級の豪華絢爛な宮殿でした。

(写真引用元:Chinaviki




銅雀台を建てた鄴(ぎょう)という地は・・・

曹操

 

鄴(ぎょう)は、遠征の際の本拠地となりえる場所でした。

当時は許昌(きょしょう)を都としていましたが、表向きには都は献帝のものでした。

そのため、第二の都として曹操(そうそう)は鄴(ぎょう)を選びました。

また、鄴(ぎょう)はもともと袁紹(えんしょう)の領土で重要な拠点とされていましたので、

そこを制圧した曹操(そうそう)もそこを拠点としたのでしょう。

加えて、袁紹(えんしょう)の領土であったこともあり、その縁者が住んでいる地でもあるので、

反乱を防ぐためにもここに睨みを利かせる必要がありました。

鄴(ぎょう)は第二の都であり、”曹操の都”であるため、そこに銅雀台を建てたということです。

 

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

なぜ銅雀台を建てたの?

キングダムと三国志

 

銅雀台はかなり豪華な宮殿でしたが、そもそもなんのために建造したのでしょうか?

建造理由は、いくつかあると考えられます。

 

雀 f

 

まず、「銅雀台」という名前から考えてみましょう。

名前の由来は、ある農民が畑を耕している時に、畑の中に青銅でできた雀が出てきたため、

漢の丞相である曹操(そうそう)に献上したそうです。曹操(そうそう)はそれに大いに喜び、

それを祝うため銅雀台の建造を考えたと言われています。

ただ、これでは「それだけの理由で?」というツッコミがあります。

おそらく、これはきっかけと名前の由来に過ぎないのでしょう。

 

で、本当の理由は何なの?

現実主義曹操

 

銅雀台の名前の由来ときっかけは分かりましたが、何か本当の理由があったと思われます。

銅雀台は、当時にしてみれば、前例の無い大宮殿であり、建造には長期間を要していたと考えられます。

となると、建設開始時にその理由があると考えられます。

210年に完成した銅雀台ですが、8年がかりで建造されたとされています。

となると、建設開始したのは、202年となります。

この年に何があったのか、曹操(そうそう)が何をしていたのか、が極めて重要な理由となるでしょう。

袁紹逝く! ゆるキャラ

 

202年は、曹操(そうそう)の長年のライバルの袁紹(えんしょう)が亡くなった年です。

袁紹(えんしょう)は官渡・倉亭の戦いにより敗北し、202年に袁紹(えんしょう)は病没してしまいます。

袁紹(えんしょう)の領土である鄴(ぎょう)を奪ったのも大体はこのあたりになります。

長年の栄華を極めていたライバルの袁紹(えんしょう)が遂に倒れたとあれば、

おそらく次の覇者となるのはそれを打ち破った自身である、と曹操(そうそう)を初め皆が考えるでしょう。

そうした背景から、大宮殿を造って威勢を示す、ということを計画したのだと考えられます。

 

曹操 女性

 

冒頭で述べたように、”銅雀台の賦” によれば、曹操(そうそう)は「宮殿で美女とイチャイチャしたい」という考えがあったようですが、

その根幹には自尊心があったと思われます。

贅沢ができる事は即ちそれほどの権力を持っているからに他なりません。

曹操(そうそう)は自身の権威を示すために建てたと考えられます。

【次ページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. Centuria hoka 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊…
  2. ドラゴンブレイド 引用 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇して…
  3. 曹操と劉備 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!…
  4. 曹操 機密保持 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保…
  5. 韓非 キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?
  6. 曹操 女性の敵? 鄒氏 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後…
  7. 劉禅 韓非子 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?
  8. 戦死 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 文王 (周) wiki
  2. 朝まで三国志
  3. 張飛 文武両道
  4. 育てる三国志の華
  5. 真田丸
  6. 曹茂
  7. 三國志戦記
  8. 王莽
  9. 表情 董卓05
  10. 孫権

おすすめ記事

  1. 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説 朝まで三国志 呂布
  2. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ? キングダム45
  3. 三国志一の策謀家、袁術の伝説 袁術 伝説 ゆるキャラ
  4. 眼球が飛び出て死亡!強烈すぎる司馬師(しばし)のエピソード【はじさん臨終図巻】 司馬師
  5. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!? キングダム 政
  6. 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの? 司馬懿

三國志雑学

  1. 司馬懿と曹操
  2. 天地を喰らう
  3. 英雄曹操とナポレオンを比較
  4. 関羽神様
  5. 魯粛

ピックアップ記事

  1. 孫策の人生に一辺の悔い無し
  2. 張勲 
  3. 陳平
  4. 三国志まとめ
  5. 何晏02
  6. 彭越
  7. 劉禅
  8. キングダム45

おすすめ記事

キレる曹操2 復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める 信 キングダム 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何? 韓信 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前半】 張挙 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!? photo credit: Getting closer via photopin (license) 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2 photo credit: Petal Droplet via photopin (license) 趙襄子(ちょうじょうし)とはどんな人?趙を建国し、春秋時代の幕を下ろした人物 photo credit: Ukok via photopin (license) 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想? 曹操頭痛 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

おすすめ記事

  1. 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの? 袁術 伝説 ゆるキャラ
  2. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿 司馬懿と真田昌幸
  3. 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選 曹操 科学
  4. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる 嫪毐 ろうあい
  5. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった? ノアの方舟 wiki
  6. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】 photo credit: Hiding behind the trees via photopin (license)
  7. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」 孔明
  8. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す! テルマエロマエ

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP