ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

城 銅雀台




大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

「銅雀台」は、三国志演義においては、赤壁の戦いの前に孔明(こうめい)

曹操(そうそう)が、大喬(だいきょう)と小喬(しょうきょう)の2人の絶世の美女を

銅雀台に侍らせて晩年を過ごしたいとか言ってたよー」

等と呉の周瑜(しゅうゆ)に伝えた時に出てきていることは結構有名でしょう。

 

曹植

 

実際、曹操(そうそう)の五男の曹植(そうしょく)の詩である”銅雀台の賦”では、

そのような事が詠われています。

大喬(だいきょう)は呉の孫策(そんさく)の妻で小喬(しょうきょう)は周瑜(しゅうゆ)の妻なのだから、

 

周瑜くやしい 呉

 

そんなことを言われたら、

呉の人は怒って何としてでも曹操(そうそう)を潰そうとするだろうという孔明(こうめい)の策です。

さて、二人の女性は置いておいて、ここで出てくる銅雀台とはそもそも何なのでしょうか。

天下で一二を争う美女とともにその名を出されることからも、

何か途轍もない物であることは容易に想像できますが、一体どのようなものだったのでしょうか。

今回はこの銅雀台について、ご説明します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:華佗が発明した幻の麻酔薬「麻沸散」とは?

関連記事:ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話

 

 

銅雀台とはハイクオリティな宮殿!

銅雀台とはハイクオリティな宮殿!

 

銅雀台とは曹操(そうそう)が鄴(ぎょう)という都(現在の中国の河北省

邯鄲市 臨漳県 三台村)に210年の冬に建造した宮殿です。

また、当時財と富を最も多く所有していた曹操(そうそう)が造らせたため、

かなりクオリティの宮殿だったそうです。

銅雀台は3つの「台」からなり、中央は銅雀台、左には玉竜台、右には金鳳台が建てられています。

それぞれの高さ10丈(30m)に及び中空には二条の反り橋が架けられ、

銅雀台を中心に台と台の間を行き来できるようになっていました。

また、周囲に巡らされた千門万戸(多くの家々の意)も後漢の至高の芸術に彩られていました。

当時にしてみれば最上級の豪華絢爛な宮殿でした。

 

 

銅雀台を建てた鄴(ぎょう)という地は・・・

曹操

 

鄴(ぎょう)は、遠征の際の本拠地となりえる場所でした。

当時は許昌(きょしょう)を都としていましたが、表向きには都は献帝のものでした。

そのため、第二の都として曹操(そうそう)は鄴(ぎょう)を選びました。

また、鄴(ぎょう)はもともと袁紹(えんしょう)の領土で重要な拠点とされていましたので、

そこを制圧した曹操(そうそう)もそこを拠点としたのでしょう。

加えて、袁紹(えんしょう)の領土であったこともあり、その縁者が住んでいる地でもあるので、

反乱を防ぐためにもここに睨みを利かせる必要がありました。

鄴(ぎょう)は第二の都であり、”曹操の都”であるため、そこに銅雀台を建てたということです。

 

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

なぜ銅雀台を建てたの?

キングダムと三国志

 

銅雀台はかなり豪華な宮殿でしたが、そもそもなんのために建造したのでしょうか?

建造理由は、いくつかあると考えられます。

 

雀 f

 

まず、「銅雀台」という名前から考えてみましょう。

名前の由来は、ある農民が畑を耕している時に、畑の中に青銅でできた雀が出てきたため、

漢の丞相である曹操(そうそう)に献上したそうです。曹操(そうそう)はそれに大いに喜び、

それを祝うため銅雀台の建造を考えたと言われています。

ただ、これでは「それだけの理由で?」というツッコミがあります。

おそらく、これはきっかけと名前の由来に過ぎないのでしょう。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

で、本当の理由は何なの?

現実主義曹操

 

銅雀台の名前の由来ときっかけは分かりましたが、何か本当の理由があったと思われます。

銅雀台は、当時にしてみれば、前例の無い大宮殿であり、建造には長期間を要していたと考えられます。

となると、建設開始時にその理由があると考えられます。

210年に完成した銅雀台ですが、8年がかりで建造されたとされています。

となると、建設開始したのは、202年となります。

この年に何があったのか、曹操(そうそう)が何をしていたのか、が極めて重要な理由となるでしょう。

袁紹逝く! ゆるキャラ

 

202年は、曹操(そうそう)の長年のライバルの袁紹(えんしょう)が亡くなった年です。

袁紹(えんしょう)は官渡・倉亭の戦いにより敗北し、202年に袁紹(えんしょう)は病没してしまいます。

袁紹(えんしょう)の領土である鄴(ぎょう)を奪ったのも大体はこのあたりになります。

長年の栄華を極めていたライバルの袁紹(えんしょう)が遂に倒れたとあれば、

おそらく次の覇者となるのはそれを打ち破った自身である、

と曹操(そうそう)を初め皆が考えるでしょう。

そうした背景から、大宮殿を造って威勢を示す、ということを計画したのだと考えられます。

 

曹操 女性

 

冒頭で述べたように、”銅雀台の賦” によれば、曹操(そうそう)は

「宮殿で美女とイチャイチャしたい」という考えがあったようですが、

その根幹には自尊心があったと思われます。

贅沢ができる事は即ちそれほどの権力を持っているからに他なりません。

曹操(そうそう)は自身の権威を示すために建てたと考えられます。

【次ページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 張譲(宦官) 宦官にヨメがいたって本当?かなり当たり前だった結婚
  2. 漢兵士を辞めて学問に目覚めた崔琰 サイエン 馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?
  3. 劉禅に気に入られる黄皓 黄皓は陪臣だったの?黄皓と劉禅、姜維や陳寿との関係に迫る!
  4. 三国志 武器 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器
  5. 袁術 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード
  6. 馬超の兜にフォーカス 馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ
  7. 関羽を討ち取る陸遜 どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  8. 木牛流馬 諸葛亮が発明した運送器具「木牛」と「流馬」の目的とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 趙雲と毛利勝永
  2. 敗北する馬岱
  3. 袁術をからかう呂布
  4. ホウ徳(龐徳)
  5. 合戦シーン
  6. 三国志 武器
  7. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  8. 劉備
  9. 司馬昭と司馬師

おすすめ記事

  1. 土安とはどんな人?兀突骨の右腕としても愛された烏戈国の精鋭 土安(南蛮族)
  2. 曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか? 司馬懿
  3. 小栗忠順とレオンロッシュ。フランスが幕府を支援していた理由は?
  4. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
  5. [ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる 孟獲キャッチコピー
  6. 三国志学会公認:横浜関帝廟ツアー

三國志雑学

  1. 公孫淵
  2. 周倉とホウ徳
  3. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  4. 水魚の交わり
  5. 亡くなる周瑜


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 残忍な曹丕
  2. キングダム
  3. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  4. 剣を持って戦う徐庶
  5. 呉の孫権は皇帝

おすすめ記事

陸遜と竹中半兵衛の両軍師が一緒に共闘したらどうなる?【if三国志】 西郷隆盛像 西郷隆盛の政治思想はどんなもの? 殷の大様 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの? 張嶷 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】 はじめての三国志からのお知らせ バナー 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに皇甫嵩を追加しました 始皇帝 始皇帝の偉大な業績!漢字を統一し意思疎通を容易にした中国の産みの親 裏切った呂布 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布 前方後円墳(古墳) なぜ古墳は作られたのか?成立時期、建設理由を徹底解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP