三国志平話




はじめての三国志

menu

はじめての呉

呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い

この記事の所要時間: 30




劉備 桃園

 

蜀の劉備の家臣団の関係性は任侠的な結びつきが強いものがありました。

そして魏の曹操と家臣団の関係性は劉備の家臣団のような任侠的な結び付きではなく、

しっかりとした主従関係で結ばれており組織的な運営をしておりました。

 

呂壱と孫権

 

では呉の家臣団の孫策(そんさく)孫権(そんけん)

家臣団の関係性はどのような結び付きをしているのでしょうか。

今回は呉の孫策孫権の家臣団達の関係性を調べてみました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!




呉の孫策周瑜の関係性

周瑜、孫策、程普

 

呉の礎を築いた孫権の兄貴である孫策

彼には親友と呼べる大事な存在兼頼れる軍師役の人物がおりました。

その人物の名前は周瑜(しゅうゆ)です。

 

周瑜と孫策

 

孫策と周瑜の関係性は断金の交わりと言われるほど強固な関係性でした。

劉備関羽張飛らの義兄弟の関係性と少し似ておりますがちょっと違います。

孫策と周瑜の関係性を示すのであれば、

義兄弟ではなく対等な者同士(同志)の結びつきではないのでしょうか。

一応孫策が君主で周瑜が配下となっておりますが、

その関係性は上記の関係の方がしっくりくるのではないのかなと思います。

また父から託されていた重鎮である韓当(かんとう)程普(ていふ)黄蓋(こうがい)らは、

周瑜とは違う結び付きであり、

こちらはしっかりとした家臣としての主従関係で孫策を支えていくことになります。

 

関連記事:孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?

関連記事:なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?




孫権の時代になると家臣団の関係性に変化が・・・・

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

孫策が亡くなった後、孫権が跡を継いで孫呉軍団を引き継いでいくことになります。

周瑜は孫策との関係性は君臣関係でありながら、

対等な者同士(同志)の結びつきが強かったのですが、

孫権の時代になると少し事情が変わってきます。

周瑜は孫権が君主たる器なのか、孫策の跡を継いで揚州を率いていくことが可能なのかを

しっかりと見定めていたのではないのかと思える言動をしております。

 

魯粛と周瑜

 

周瑜は友である魯粛(ろしゅく)を孫権に仕えさせるために馬援(ばえん)と

光武帝劉秀の故事を引き合いに出して

「孫権様は優秀な人材を招いて尊重し任用している。」と説得しております。

魯粛は周瑜の説得を受けて孫権と会見して仕えることになるのですが、

この言葉が示しているのは上記で上げた周瑜がしっかりと孫権がどのような人物であるのかを

見定めた上で発言していた証拠ではないのでしょうか。

また孫権が人材を色々と招いて登用し、主従関係を結んだ武将達も多く存在しております。

孫権が自ら招いて登用した人物や孫策時代からの武将を引き上げた武将の一例として、

呂蒙(りょもう)諸葛瑾(しょかつきん)、蒋欽(しょうきん)らが挙げられるのではないのでしょうか。

しかし孫権の家臣団の構成は上記以外にもおりました。

 

土着の名士や豪族達

陸遜 孫権

 

孫呉軍団は孫権の時代になると色々な人材が混ざり合った組織になっていきます。

孫権が孫策時代から仕えていた武将や自ら招いて仕えさせた武将達は、

しっかりと孫権と主従関係を結んでおりました。

また周瑜・魯粛のような自ら孫権を見定めて仕えた武将なども彼を盛り立てていくことに決め、

主従関係を結ぶことになります。

しかし上記以外に土着の豪族達や名士と言われる人材達も孫呉軍団に参加します。

 

陸遜

 

名士と言われる武将の有名な人物としては、

夷陵で劉備軍に大勝した陸遜(りくそん)・孫策時代から仕えていた張昭(ちょうしょう)

挙げられるのではないのでしょうか。

陸遜は土着の豪族であり孫権と一応主従関係を結ぶことになるのですが、

孫策時代から仕えていた武将達のような強固な主従関係ではありませんでした。

その原因は孫呉政権の成立にあります。

孫呉は四大貴族と言われる貴族達がおり、

この四大貴族(張氏・朱氏・陸氏・顧氏)達が孫呉の地方官の大部分を占めており、

孫策・孫権はこの貴族達に気を使わなければならないほど、

彼ら貴族達は強い力を持っておりました。

陸遜はこの四大貴族出身の陸氏であり孫権との主従関係を一応保っているものの、

孫権とは対等な存在に近いため、

孫権の人柄に惚れて(多少は彼の人柄に惹かれたところもあると思うが)

付き従っていたわけではないと考えます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02b 背景あり

 

いかがでしょうか。

今回は孫策・孫権の家臣団の関係性をレンの考察を交えながらお伝えしてきました。

蜀や魏よりも一段とわかりにくい政権であったように思えます。

また孫皓が暴虐な君主となってしまったのは、

孫呉の土着連合の強さに嫌気が差してしまったからではないのかなとレンは考えております。

でなければ前評判が孫策の再来と言われ、

皇帝に就任した当初は色々と慈善事業をしてきた人物がいきなり豹変する理由が、

見当たらないのですが皆さんはどのように思いますか。

 

参考文献 中国人物列伝 井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った…
  2. 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正…
  3. 【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていた…
  4. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れること…
  5. 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝っ…
  6. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?
  7. 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた?
  8. 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備を唯一なだめられた、法正(ほうせい)ってどんな軍師?
  2. 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん)
  3. 「濮陽の戦い」と「定陶の戦い」における曹操の復讐行為まとめ
  4. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?
  5. 王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる女性
  6. 【武田鉄矢に怒られろ!】坂本龍馬は本当はこんな人だった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう?? 土方歳三、新選組副長の刀はどんなモノ? 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将 【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ! 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者 陶淵明のすねすね漢詩「飲酒二十編」が想像以上にグダグダ 三国志のダブー・劉禅は本当に劉備の子だったの? 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄

おすすめ記事

  1. 【感想・ネタバレ】劉備徳子は静かに暮らしたい 1巻 三国志の武将たちが現代の高校生に転生!?
  2. 曹操は最初から荀彧を遠ざけていた!?原因は強烈なニオイ
  3. 張温vs秦宓宿命の口先合戦勃発?
  4. 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識!
  5. 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る
  6. 週刊ビジネス三国志vo1サービスは出し惜しみするな
  7. 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/30】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP