広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期

この記事の所要時間: 217




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・あの人の最期」のコーナーです。

 

 

戦国の時代に生きる男たちの死にざまは人それぞれです。

首を敵将に討ち取られる者もいれば、乱戦の中で討ち死にする者、

味方の謀叛で命を落としたり、暗殺される者もいます。

畳の上(中国の場合は寝台の上という言い方でしょうか)で安らかに生涯を閉じる者もいれば、

自害する者、処刑される者もいます。

英雄的な死に方というのはなかなか難しいようです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?




有名な英雄の最期は?

 

三国志の登場人物で超メジャーどころの最期はどのようなものでしょうか。

・曹操・・・220年に病没

・劉備・・・223年に病没

・孫権・・・252年に病没

・諸葛亮孔明・・・234年に病没

・司馬懿・・・251年に病没

・周瑜・・・210年に病没

・関羽・・・219年に処刑

・呂布・・・198年に処刑

・孫策・・・200年に襲撃に遭い病没

・陸遜・・・245年に自害に追い込まれるようにして病没

・荀彧・・・212年に自害

・張飛・・・221年に暗殺

・馬超・・・222年に病没

 

こうして見ると病没した英雄が多いですね。

ちなみに諸葛亮孔明が病没したのは五丈原の戦いの際の陣中です。

日本では徳川家康や豊臣秀吉は病没ですね。

織田信長は自害。豊臣秀頼も自害でしょうか。

真田信繁(幸村)は戦場で討ち死に(最終的には自害)ですね。




趙雲の最期は?

 

「子龍は一身これ肝なり」と評価された蜀の五虎大将軍のひとり、

趙雲子龍の最期はどのようなものだったのでしょうか。

趙雲といえば北の雄・公孫瓚に仕えていた頃から戦場で活躍している歴戦の名将です。

長坂坡の戦いでは劉備の赤子・劉禅を救出しました。

荊州南部の平定でも武功をあげ、益州侵攻にも参加しています。

漢中争奪戦では大きな功績をあげています。

さらに諸葛亮孔明が率いる北伐にも参加しているのです。

40年近く戦場を駆けまわっていたことになりますね。

これだけの活躍をした趙雲ですが、その最期の場面は実にあっさりです。

229年第三次北伐に際して趙雲の長子・趙統と次子・趙広が諸葛亮孔明に父親の死を告げます。

馬超同様にフェードアウトするようにして趙雲も消えていくのです。

関羽の死後から10年の時が過ぎていました。

この間に蜀の五虎大将軍は全員この世を去ることになったのです。

229年は呉の孫権が皇帝に即位した年でもあります。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

突然の病没、その死因は?

 

趙雲がどのような病で亡くなったのかという記載はありません。

これだけ戦場で無理をしていたのですから、

かなりの負担が身体にあったのではないでしょうか。

趙雲が戦場で怪我を負ったという話は聞いたことがありませんので、

負傷からの病死ということはなさそうです。

その亡骸は銀屏山に葬られ、息子たちがその山の守りについたと伝わっています。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

三国志の中の人気でも一二を争う趙雲ですが、三国志「正史」、

三国志演義ともにその最期は簡潔です。

脚色の目立つ三国志演義ですら特に何のエピソードありません。

息子たちが趙雲の死を報告するだけです。

そう考えると三国志の英雄たちの中で、戦場で華々しく散った例は珍しいのかもしれません。

魏の夏侯淵・龐徳、袁紹配下の顔良・文醜、董卓配下の華雄、袁術配下の紀霊、

孫権配下の凌操、それに君主格では孫堅、鮑信くらいなのではないでしょうか。

ちなみに三国志演義では太史慈や黄忠、徐晃なども戦場で散っていますね。

無敵の武勇を誇り、冷静沈着な趙雲の最期は

やはり静かに亡くなっていくのが似合っているのかもしれません。

北伐に参加して諸葛亮を守るために討ち死に・・・

なんていうシーンがあってもいいとは思いますが。

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!
  2. 三国志テストにチャレンジ!!TOSIC990点を目指せ!!
  3. 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵…
  4. 涙なしには語れない桃園の結義
  5. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?
  6. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン…
  7. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?
  8. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【2/29〜3/6】
  3. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物
  4. 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕
  5. 丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!
  6. もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった? 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの? 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河 劉備と劉邦 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密! 潘璋(はんしょう)とはどんな人?素行や勤務態度は悪いけど呉の最強武将

おすすめ記事

  1. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  2. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ
  3. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将
  4. 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/30】
  6. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!
  7. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡
  8. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP