朝まで三国志軍師
キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期

この記事の所要時間: 217




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・あの人の最期」のコーナーです。

 

 

戦国の時代に生きる男たちの死にざまは人それぞれです。

首を敵将に討ち取られる者もいれば、乱戦の中で討ち死にする者、

味方の謀叛で命を落としたり、暗殺される者もいます。

畳の上(中国の場合は寝台の上という言い方でしょうか)で安らかに生涯を閉じる者もいれば、

自害する者、処刑される者もいます。

英雄的な死に方というのはなかなか難しいようです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?




有名な英雄の最期は?

 

三国志の登場人物で超メジャーどころの最期はどのようなものでしょうか。

・曹操・・・220年に病没

・劉備・・・223年に病没

・孫権・・・252年に病没

・諸葛亮孔明・・・234年に病没

・司馬懿・・・251年に病没

・周瑜・・・210年に病没

・関羽・・・219年に処刑

・呂布・・・198年に処刑

・孫策・・・200年に襲撃に遭い病没

・陸遜・・・245年に自害に追い込まれるようにして病没

・荀彧・・・212年に自害

・張飛・・・221年に暗殺

・馬超・・・222年に病没

 

こうして見ると病没した英雄が多いですね。

ちなみに諸葛亮孔明が病没したのは五丈原の戦いの際の陣中です。

日本では徳川家康や豊臣秀吉は病没ですね。

織田信長は自害。豊臣秀頼も自害でしょうか。

真田信繁(幸村)は戦場で討ち死に(最終的には自害)ですね。




趙雲の最期は?

 

「子龍は一身これ肝なり」と評価された蜀の五虎大将軍のひとり、

趙雲子龍の最期はどのようなものだったのでしょうか。

趙雲といえば北の雄・公孫瓚に仕えていた頃から戦場で活躍している歴戦の名将です。

長坂坡の戦いでは劉備の赤子・劉禅を救出しました。

荊州南部の平定でも武功をあげ、益州侵攻にも参加しています。

漢中争奪戦では大きな功績をあげています。

さらに諸葛亮孔明が率いる北伐にも参加しているのです。

40年近く戦場を駆けまわっていたことになりますね。

これだけの活躍をした趙雲ですが、その最期の場面は実にあっさりです。

229年第三次北伐に際して趙雲の長子・趙統と次子・趙広が諸葛亮孔明に父親の死を告げます。

馬超同様にフェードアウトするようにして趙雲も消えていくのです。

関羽の死後から10年の時が過ぎていました。

この間に蜀の五虎大将軍は全員この世を去ることになったのです。

229年は呉の孫権が皇帝に即位した年でもあります。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

突然の病没、その死因は?

 

趙雲がどのような病で亡くなったのかという記載はありません。

これだけ戦場で無理をしていたのですから、

かなりの負担が身体にあったのではないでしょうか。

趙雲が戦場で怪我を負ったという話は聞いたことがありませんので、

負傷からの病死ということはなさそうです。

その亡骸は銀屏山に葬られ、息子たちがその山の守りについたと伝わっています。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

三国志の中の人気でも一二を争う趙雲ですが、三国志「正史」、

三国志演義ともにその最期は簡潔です。

脚色の目立つ三国志演義ですら特に何のエピソードありません。

息子たちが趙雲の死を報告するだけです。

そう考えると三国志の英雄たちの中で、戦場で華々しく散った例は珍しいのかもしれません。

魏の夏侯淵・龐徳、袁紹配下の顔良・文醜、董卓配下の華雄、袁術配下の紀霊、

孫権配下の凌操、それに君主格では孫堅、鮑信くらいなのではないでしょうか。

ちなみに三国志演義では太史慈や黄忠、徐晃なども戦場で散っていますね。

無敵の武勇を誇り、冷静沈着な趙雲の最期は

やはり静かに亡くなっていくのが似合っているのかもしれません。

北伐に参加して諸葛亮を守るために討ち死に・・・

なんていうシーンがあってもいいとは思いますが。

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績…
  2. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁…
  3. 老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?
  4. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る…
  5. 蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあ…
  6. 愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編
  7. 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のク…
  8. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話
  2. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  3. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」
  4. 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家
  5. 67話:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ
  6. 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】 サンクトペテルブルク以東最大と言われた大阪城を建築した秀吉の狙いとは? 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム? 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力 徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将 124話:曹休、憤死!!石亭の戦いと孫権の即位

おすすめ記事

  1. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人
  2. 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)
  3. 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習
  4. キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在した男の数奇な運命
  5. 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還
  6. 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された
  7. 【第3回 幻想少女】驚愕の事実発覚!三国志フレンドが私にはいなかった!【ネタバレ注意】
  8. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP