よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

黄忠と黄蓋は親族なの?黄忠と黄蓋の違いと共通点をわかりやすく解説

この記事の所要時間: 235




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・同族ですか?」のコーナーです。

 

 

三国志をはじめて読むと同じ姓の登場人物が多くて混乱しますね。

例えば「孫」です。

呉の孫堅(そんけん)孫策(そんさく)

孫権(そんけん)をはじめとして、蜀にも孫乾(そんけん)がいますし、

魏にも孫礼がいます。どっちかどっちだっけ?みたいな感じになります。

「張」は多いですよ。皆さんは何人くらい名前がいえますか?

張飛張遼張昭張角、張郃、張魯張燕張松、張繍、張紘・・・たくさんいますねー。

なんと張の姓だけで60人突破してしまうのです。

でも、30人の名前が出てきた方は間違いなく三国志マニアですね。

ちなみに今は10人を例にあげましたが、この中で同族は誰もいません。

同じ張の姓でもまったく関係がないということです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?




日本ではどうなの?

 

という以前に祖先がわからないんですね。

しっかり調査したら、もしかすると張飛(ちょうひ)

張遼(ちょうりょう)の祖先は同じなのかもしれません。

姓が「劉」であれば皇族の系統なので、祖先を辿っていくと結びつくでしょう。

つまり劉備劉璋も同族といえば同族なのです。

同族から領地を奪うとはひどい話ですね。

 

 

日本だと、源氏や平氏の子孫は同族かわかりやすいです。

源氏といえば「徳川家」「武田家」「足利家」などでしょうか。

平氏では「北条家」「織田家」「伊勢家」があげられます。

他にも藤原家も式家や北家などに枝分かれしていきますが、

祖先は同じ藤原鎌足(中臣鎌足)ですね。

藤原家はさらに「近衛家」「九条家」などに分かれていきます。

このあたりは比較的最近の時代なので血統が明らかです。

しかし三国志となると2000年ちかく昔のことなので血統が不明な点も多いですね。




黄忠(こうちゅう)と黄蓋(こうがい)は同族?

 

蜀の五虎大将の「黄忠」と呉の大黒柱の「黄蓋」。

二人に共通するイメージは「老人っぽい」「頑固っぽい」という点ではないでしょうか。

三国志初心者は二人の区別がほとんどついていないかもしれませんね。

二人は果たして同族なのでしょうか?

タイムマシンでもない限り(もしくはDNA鑑定でもしない限り)、

同族かどうかはわかりません。

ただ、どこにも同族だとは記されていませんので、親戚関係ではなかったと思われます。

物語的には二人に何かしらの繋がりがあると面白いですが、残念ながら見当たらないですね。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

 

黄忠黄蓋には共通点はあるのか

 

しかし共通点がまったくないというわけではありません。

「老黄忠」というあだ名を持つ黄忠は弓の名手といわれています

(あくまでも三国志演義の脚色ですが)。

 

 

「定軍山の戦い」では曹操軍の総大将・夏侯淵を討った功労者です。

一方の黄蓋はあの有名な「赤壁の戦い」で「苦肉の策」を用いて曹操を破った功労者です。

偽りの投降の際に乗っている船に火を放ち、

そのまま曹操の船団に突っ込んだのは有名な話です。

黄蓋は英語ではHuang Gaiですね。

つまり、曹操軍を破ったという点において共通項があるわけです。

曹操側にしてみれば「黄」の姓は疫病神に見えたかもしれませんね。

後漢のシンボルカラーが「赤」であり、

五行思想では次に天下を治めるのは「黄」になりますから、

曹操としてはそれでも「黄」を邪険にはできなかったかもしれません。

 

関連記事:三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?

関連記事;赤壁の戦いは計略の宝庫

 

三国志ライター ろひもと理穂のまとめ・三国志

 

実は二人は、出身が「荊州」という点で共通しています。

黄忠は荊州の「南陽郡」出身ですし、黄蓋は荊州の「零陵郡」出身です。

南陽と零陵では同じ荊州でも東京都と大阪府以上離れていますが、

もしかしたら祖先を辿っていくと同じ祖先に行き着くのかもしれません。

どうなんでしょうか。

はっきりと二人の違いがわからない方は、赤壁の戦いまでに活躍したのが呉の黄蓋、

その後に活躍するのが蜀の黄忠だという区別するとわかりやすいのではないでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?

関連記事:黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?
  2. 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  3. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  4. 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由…
  5. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  6. はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」
  7. 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?
  8. 五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ
  2. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情
  3. 【保存版】キングダム、あの名将の悲惨な最期ワースト8選
  4. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  5. 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうなったの!?
  6. もし大政奉還が成功していたら日本はどうなった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデタラメ健康 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠 【日本史の嘘】長篠の合戦は鉄砲三段撃ちのワンサイドゲームでは無かった? 麒麟がくる主人公 明智光秀を紹介【2020年大河ドラマ】 【新企画予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』9月23日(土)から連載開始! え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した? 鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【12/19〜12/25】

おすすめ記事

  1. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  2. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  3. 坂本龍馬の愛刀陸奥守吉行はどんな刀?
  4. 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化
  5. 三国志演義の翻訳本比較してみた!どれを読めばいいの?
  6. 小栗忠順の最期!なぜ小栗は明治政府に殺されたのか?
  7. 【三国志平話】張遼が軍師で諸葛亮が剣客に!
  8. 隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP