よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

黄忠と黄蓋は親族なの?黄忠と黄蓋の違いと共通点をわかりやすく解説




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・同族ですか?」のコーナーです。

 

 

三国志をはじめて読むと同じ姓の登場人物が多くて混乱しますね。

例えば「孫」です。

呉の孫堅(そんけん)孫策(そんさく)

孫権(そんけん)をはじめとして、蜀にも孫乾(そんけん)がいますし、

魏にも孫礼がいます。どっちかどっちだっけ?みたいな感じになります。

「張」は多いですよ。皆さんは何人くらい名前がいえますか?

張飛張遼張昭張角、張郃、張魯張燕張松、張繍、張紘・・・たくさんいますねー。

なんと張の姓だけで60人突破してしまうのです。

でも、30人の名前が出てきた方は間違いなく三国志マニアですね。

ちなみに今は10人を例にあげましたが、この中で同族は誰もいません。

同じ張の姓でもまったく関係がないということです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?




日本ではどうなの?

 

という以前に祖先がわからないんですね。

しっかり調査したら、もしかすると張飛(ちょうひ)

張遼(ちょうりょう)の祖先は同じなのかもしれません。

姓が「劉」であれば皇族の系統なので、祖先を辿っていくと結びつくでしょう。

つまり劉備劉璋も同族といえば同族なのです。

同族から領地を奪うとはひどい話ですね。

 

 

日本だと、源氏や平氏の子孫は同族かわかりやすいです。

源氏といえば「徳川家」「武田家」「足利家」などでしょうか。

平氏では「北条家」「織田家」「伊勢家」があげられます。

他にも藤原家も式家や北家などに枝分かれしていきますが、

祖先は同じ藤原鎌足(中臣鎌足)ですね。

藤原家はさらに「近衛家」「九条家」などに分かれていきます。

このあたりは比較的最近の時代なので血統が明らかです。

しかし三国志となると2000年ちかく昔のことなので血統が不明な点も多いですね。




黄忠(こうちゅう)と黄蓋(こうがい)は同族?

 

蜀の五虎大将の「黄忠」と呉の大黒柱の「黄蓋」。

二人に共通するイメージは「老人っぽい」「頑固っぽい」という点ではないでしょうか。

三国志初心者は二人の区別がほとんどついていないかもしれませんね。

二人は果たして同族なのでしょうか?

タイムマシンでもない限り(もしくはDNA鑑定でもしない限り)、

同族かどうかはわかりません。

ただ、どこにも同族だとは記されていませんので、親戚関係ではなかったと思われます。

物語的には二人に何かしらの繋がりがあると面白いですが、残念ながら見当たらないですね。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

 

黄忠黄蓋には共通点はあるのか

 

しかし共通点がまったくないというわけではありません。

「老黄忠」というあだ名を持つ黄忠は弓の名手といわれています

(あくまでも三国志演義の脚色ですが)。

 

 

「定軍山の戦い」では曹操軍の総大将・夏侯淵を討った功労者です。

一方の黄蓋はあの有名な「赤壁の戦い」で「苦肉の策」を用いて曹操を破った功労者です。

偽りの投降の際に乗っている船に火を放ち、

そのまま曹操の船団に突っ込んだのは有名な話です。

黄蓋は英語ではHuang Gaiですね。

つまり、曹操軍を破ったという点において共通項があるわけです。

曹操側にしてみれば「黄」の姓は疫病神に見えたかもしれませんね。

後漢のシンボルカラーが「赤」であり、

五行思想では次に天下を治めるのは「黄」になりますから、

曹操としてはそれでも「黄」を邪険にはできなかったかもしれません。

 

関連記事:三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?

関連記事;赤壁の戦いは計略の宝庫

 

三国志ライター ろひもと理穂のまとめ・三国志

 

実は二人は、出身が「荊州」という点で共通しています。

黄忠は荊州の「南陽郡」出身ですし、黄蓋は荊州の「零陵郡」出身です。

南陽と零陵では同じ荊州でも東京都と大阪府以上離れていますが、

もしかしたら祖先を辿っていくと同じ祖先に行き着くのかもしれません。

どうなんでしょうか。

はっきりと二人の違いがわからない方は、赤壁の戦いまでに活躍したのが呉の黄蓋、

その後に活躍するのが蜀の黄忠だという区別するとわかりやすいのではないでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?

関連記事:黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!…
  2. 曹叡 【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていた…
  3. 劉備も茶を求めた?中国茶の種類
  4. もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】
  5. 【これが本当の目玉焼き】射抜かれた左目を食べた夏侯惇とは?
  6. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!…
  7. 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ
  8. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操と夏侯惇
  2. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

おすすめ記事

  1. 【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!!
  2. 近藤勇の首の行方は?新選組局長の最期の地をめぐる 近藤勇 新選組
  3. 佐久間象山は天才?実際の所を検証
  4. 劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う」なのか!?
  5. だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝
  6. 荀彧はどの派閥にも属さずぼっちだったの?

三國志雑学

  1. 孫策に攻撃される黄祖
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫権に煽られて憤死する陸遜

おすすめ記事

【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術 関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの? 三国志ライター黒田レン 誰が読んでも間違いなく面白い戦国時代小説!夏の読書感想文もこれでバッチリ! 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る! 三国ベースボール攻略1 三国志キャラが登場する野球ゲームに挑戦! 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの? あなたが実際に兵士として戦場に行軍してみたらどれだけ大変なの? 【将苑】諸葛亮の兵法-勝つ組織と負ける組織の違いとは

おすすめ記事

  1. 第1話:三国夢幻演義 龍の少年「命の山」配信中
  2. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた 呉夫人
  3. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話 騎馬兵にあこがれる歩兵
  4. 陶淵明のすねすね漢詩「飲酒二十編」が想像以上にグダグダ
  5. 藤崎竜ファン感涙 封神演義がアニメ化!アニメキャスト声優や見どころ
  6. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第四回:幽州(ゆうしゅう)、益州(えきしゅう)、交州(こうしゅう)編
  7. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王
  8. 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP