法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点

 

 

 

三国志(さんごくし)ではセットで語られる対照的な武将が存在します。

例えば劉備(りゅうび)曹操(そうそう)魏延(ぎえん)楊儀(ようぎ)

諸葛亮(しょかつりょう)司馬懿(しばい)などがそうです。

 

逆に、全く無関係な武将に、意外な共通点を見出す事もあり、

例えば、忠義と無節操でまったく関連がなさそうな

関羽(かんう)法正(ほうせい)にも意外な共通点がありました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?

 

関羽法正、故郷を捨てたジプシー達

 

中国では、秦の時代から皇帝制が確立しいかにもガチな中央集権に見えますが

実際には宋代に科挙制度が完成して、官僚と皇帝が直接結びつくまでは、

伝統的な地縁・血縁の社会が継続していました。

 

三国志の時代も、人材推挙は郡の長官の仕事とはいえ、

実際に推挙するのは、各県の父老であり、郷挙里選が有名です。

つまり、士大夫階級に生まれ、順調に出世がしたいなら、

自分を推挙してくれる土地の不老に良い顔をして気に入られる必要があります。

 

 

そして、中央に上がったら国の都合より故郷の便益を優先する事が

求められたのです。

 

 

しかし、何らかの理由で故郷を捨てる決断をする人がいます。

関羽司隷河東郡解(しれい・かとうぐん・かい)県の人ですが、

友人の仇討ちに連座してお尋ね者になりやむなく故郷を捨てて、

幽州へと流れて劉備に出会います。

 

法正は、司隷扶風郡郿(しれい・ちっぷうぐん・び)県の人ですが、

大飢饉の発生で、生きる為に故郷を捨て益州に入る事になります。

そこで、劉備(りゅうび)を引き込む事になるのですが、ともあれ、関羽(かんう)法正

故郷を捨てたジプシー武将である点は同じなのです。

 

 

ジプシー出世方法1中央政界のサロンに紛れ込む

 

故郷を捨てて、ジプシー化した人が出世する方法には、

推挙を頼まずに、いきなり中央政界のサロンに属する方法がありました。

中央の有力者に師事して自分を売り込んで使ってもらうのです。

 

こちらの代表的な人物には、故郷では目が出なかったが司馬懿

ヘッドハンティングされた鄧艾(とうがい)や出自不明ながら李傕(りかく)

ライバルを出し抜き献帝(けんてい)曹操に売り飛ばして

一時、曹操陣営で重きを為した董承(とうしょう)曹丕に気に入られて

出世した呉質(ごしつ)などがいます。

 

しかし、このような出世方法は世渡りの抜群なセンスと仕える人間との

相性が重要で、ただ有能なだけでは、埋もれてしまう危険性もあります。

関羽と法正は、この方法は取りませんでした。

取らないというより、この二人にそんな器用な真似は出来ないでしょう。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

 

ジプシー出世方法2故郷を捨てた群雄に仕える

 

もう一つの方法は、同じく故郷を捨てた根無し草の群雄に仕える事です。

劉備孫堅(そんけん)は、地元でトラブルを起こし、地元の助力が頼めない人で

初期は、メジャーな群雄の下請けをしながら、徐々に知名度を上げています。

このような人々は地縁に寄らない義でつながる疑似血縁集団を形成し

その集団は任侠的な性格を帯びていきました。

孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたすら故郷を守った孫一族

関羽や法正は、ジプシー群雄だった劉備に仕えて出世のチャンスを掴みます。

故郷を捨てた二人や張飛等、疑似血縁集団のボスである劉備を親とも慕い命がけで戦い

劉備は、彼らを食わせていく為に粉骨砕身して戦場を渡り歩きました。

 

社会倫理を超越する侠で繋がるジプシー達

 

劉備と言えば、たかだか部下の一人である関羽の為に仇討の軍を起こしたり

明らかに職権乱用で個人的な復讐を果たす法正を見逃したりします。

ここには、疑似血縁集団の絆は法より何より優先しないといけないという

根無し草、ジプシー群雄の掟が存在するのです。

 

思えば魏延も、粗暴で人を見下す悪癖がありながら、

親分劉備の下では優遇されていました。

 

それがオカシクなるのは劉備の死後、地方政権蜀の陣容が整い

官僚人間、諸葛亮が大好きな、組織倫理というモノが

侠の倫理に取って変わった時からです。

 

この時から魏延楊儀諸葛亮との軋轢に悩み、

魏将に匹敵する強さを持ちながら死を選ばざるを得ない

運命に落ちてしまったのでしょう。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

もし、関羽や法正が劉備より長生きしたら、

結局、魏延と同じ最後を辿ったのではないかと思えます。

両者とも魏延同様に有能だけど癖が強く組織倫理には、

容易には服さない臭いがするからです。

そうなると、史実でのライバルを陥れる諸葛亮の悪行が2つほど

増えたという結果になったかも知れませんね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:法正が「隗より始めよ」のことわざを引用して劉備に進言したけど、どういう意味?

関連記事:【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 徐庶をゲットする曹操 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から…
  2. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?
  3. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍してい…
  4. 徐庶 徐庶は正史三国志ではヒーローだった?剣術に長けていた軍師を徹底紹…
  5. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備 【素朴な疑問】三顧の礼はどうして凄いのか?
  6. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた
  7. ボク皇帝の子孫です!人の名声を利用する借屍還魂とは?
  8. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. 陳寿(晋)
  3. 張飛が使う蛇矛
  4. キングダム53巻
  5. 新選組の土方歳三
  6. 司馬朗と司馬防
  7. 影の薄い孫権

おすすめ記事

  1. 武帝とはどんな人?漢王朝の絶頂期を築いた皇帝はバイオレンスだった? 武帝は前漢の第7代皇帝
  2. 幕末の天才?奇人?佐久間象山の名言を紹介
  3. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2 はじめての三国志 画像準備中
  4. 三国志演義に登場する兵器 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操
  5. 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち 五虎大将軍の馬超
  6. 岡田以蔵とはどんな人?人斬り以蔵から刀まで分かりやすく解説 岡田以蔵(人斬り以蔵)

三國志雑学

  1. 張コウ 張郃
  2. 織田信長
  3. 鄧禹と兵士
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 石亭の戦いで交える曹休と周魴(しゅうほう)
  2. 信(キングダム風)

おすすめ記事

岩倉具視 岩倉具視の性格や出身は?ヤモリと呼ばれた男の生涯 三国天武とはどんなアプリゲーム? 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム? 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛 「宋」の国旗をバックとした兵士 澶淵の盟の背景は?燕雲十六州を巡る争いの歴史について解説 スーパーDr華佗 三国時代は荒療治が日常茶飯事だった? 赤壁の戦いで敗北する曹操 もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの? 曹操 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP