コメント機能リリース
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬超の死因は何か?病死?隠居?暗殺?自害?

ボロボロになった馬超




 

三国志に登場する数々の英雄たちの中で、なぜか亡くなるシーンが不鮮明な人物がいます。

人気武将でいうと趙雲(ちょううん)がその筆頭でしょう。

他にも魏の将軍としては曹仁(そうじん)曹洪(そうこう)もフェードアウトしていった感じがあります。

 

そして趙雲と並ぶ人気武将の「馬超(ばちょう)」もまたその死因は謎です。

馬超の死因が知りたい三国志ファンも多いのではないでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

関連記事:【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える

 

 

馬超活躍のピーク

 

馬超の活躍といえば曹操(そうそう)との間で繰り広げられた211年の「潼関の戦い(どうかんのたたかい)」でしょう。

最終的には大敗するものの、曹操をあと一歩のところまで追い詰めました。

その後は漢中の張魯(ちょうろ)のもとや異民族に身を寄せて曹操打倒を継続しましたが、

最終的には214年、益州(えきしゅう)を平定する寸前だった劉備(りゅうび)に帰順します。

 

馬超活躍のピークは211年であり、後は急速に下降していくことになるのです。

 

 

蜀の五虎大将のひとり

 

馬超の帰順を劉備は喜びました。

平北将軍・都亭侯として迎えています。

219年に劉備が漢中王を自称すると、

三国志演義では関羽(かんう)張飛(ちょうひ)に並ぶ「五虎大将(ごこだいしょう)」として馬超を扱っています。

 

蜀ファンとしては最もテンションの上がる時期ですね。

劉備の陣営には諸葛孔明(しょかつこうめい)という名軍師の他、

一騎当千の武勇を誇る関羽張飛・馬超・黄忠(こうちゅう)趙雲らが健在でした。

しかしこの年に関羽が荊州の地で敗れ、処刑されてしまいます。

五虎大将が揃って戦うことは幻で終わってしまうのです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

 

馬超が亡くなったのは222年以降

 

張飛は部下に暗殺され、黄忠も220年に病没(三国志演義では夷陵の戦いまで生きて戦死)

と勇将が次々とこの世を去っていきます。

蜀ファンにとってはまさに暗黒の時代へ突入していくことになります。

 

期待は諸葛孔明、馬超と趙雲に託されるわけですが、

そんな中で劉備が主力を率いて孫権を攻めて夷陵の戦いで大敗してしまいます。

諸葛孔明も馬超も趙雲すらこの戦いには参加していません。

 

馬超は驃騎将軍に昇進しており、涼州牧の肩書も持っていましたから、

漢中より北の魏に対しての守りを固めていたと思われます。

三国志正史では222年に47歳の若さで突如亡くなります。

三国志演義では227年まで生存が確認できますが、

特に活躍することもなく病没のみが語られています。

 

馬超隠居説

 

馬超は曹操との熾烈な戦いで燃え尽きたのではないかという見方があります。

父も弟も処刑され、妻も子も失いました。

劉備に帰順したときには馬超にはもはや何も残っていなかったのです。

 

生きることに疲れた馬超は一族を馬岱(ばたい)に預け、山奥の異民族の集落へ隠れ住むようになります。

そこで袁術(えんじゅつ)の娘とひっそり暮らしたのです。

というのが私の愛読書の北方謙三先生の三国志の内容ですね。

これまで読んできた三国志の中で最も説得力のある展開でした。

馬超が隠居したというのでは格好がつかないので、

病死という扱いを諸葛孔明はしたのかもしれません。

こうなると馬超がいつまで生きて、どう死んだのかわかりませんね。

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言

 

戦闘能力の高い異民族である羌とのつながりが深い馬超の存在は、

魏にとっては脅威だったことでしょう。

もしかしたら暗殺の魔の手が迫っていたかもしれません。

孫策(そんさく)や張飛はそうして命を落としています。

 

三国志正史を読む限りでは、

私としては家族を死に追いやってしまったという罪の意識に

馬超は苛まれていたのではないかと思います。

馬超からはとても深い闇を感じてしまうのです。

ひょっとしたら馬超は自害したのかもしれませんね。

だとしたらその死の真相は、国によって覆い隠されたことでしょう。

 

その死因が謎に包まれている馬超ですが、

北伐に参加して大活躍する姿がぜひ見たかったですね。

ちなみに生き残った娘のひとりは劉備の子と結ばれたそうです。

馬超の血が絶えることはなかったのではないでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な…
  2. 朱然に後を引き継ぐ呂蒙 朱然と孫権は劉備三兄弟に負けないくらい固い信頼関係で結ばれていた…
  3. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんな…
  4. 読書する劉備 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!
  5. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇して…
  6. ボロボロになった馬超 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】
  7. 司馬懿の名言から分かる!曹爽との権力争いを分かりやすく紹介!「駑…
  8. 曹彰 曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫策、陸遜、顧邵、他
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  4. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

おすすめ記事

  1. 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった!
  2. 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山 袁術と呂布
  3. 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯 光武帝(劉秀)
  4. プチャーチンはどんな人?幕末の日本人に敬愛された騎士道の人 黒船(ミシシッピ号)
  5. 島津斉彬の遺言に学ぶ相続トラブルを回避する方法
  6. 隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志 土いじりをする劉備

三國志雑学

  1. 張飛にお酒はだめだよ
  2. 蒋琬(しょうえん)
  3. 陳寿(晋)


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 李儒
  2. 王翦
  3. キングダムの王騎
  4. 豊臣秀吉 戦国時代
  5. はじめての三国志 画像準備中
  6. 道具を輸送する民人

おすすめ記事

藺相如(りんしょうじょ) 【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは 関羽と関索 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!? 陸遜 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった? 玉璽に興奮する袁術 袁術が玉璽を手に入れたから魏晋王朝へ伝わった?孫堅は玉璽を隠し続けた? 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。 三国志大学を目指す曹操 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心 曹操 耳で聞いて覚える三国志 【お知らせ】「耳で聞いて覚える三国志」の朗読を再開しました 天才久坂玄瑞の攘夷実行と現実との剥離

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP