曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた

この記事の所要時間: 229




 

西方の異民族である(きょう)の血を引く馬超(ばちょう)は、

その武勇と機動力を最大限に利用して曹操(そうそう)を絶体絶命の窮地まで追い込んだことがあります。

三国志を代表する猛将のひとりですね。

馬の姓を持つ馬超(きんばちょう)こと馬超は、どれほどの名馬に乗っていたのでしょうか。

今回は馬超の愛馬について考察していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

関連記事:錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう

 

 

三国志の名馬たち

 

三国志に登場する名馬でもっとも有名なのは

「人中の呂布(りょふ)、馬中の赤兎」と呼ばれた赤兎馬(せきとば)でしょう。

汗血馬(かんけつば)と呼ばれる中央アジア産の大型の馬で、三国志演義には

1丈の長さ(およそ200cm)、8尺の高さ(およそ180cm)だったと描写されています。

1日で1000里を走ったという伝説の名馬です。

この馬に匹敵するのが曹操の愛馬である絶影(ぜつえい)で、影を止める速度を誇ったと記されています。

こちらも中央アジア産の外国馬だったようで、張繍(ちょうしゅう)謀叛(むほん)の際に曹操を乗せて

矢が三本突き刺さっても走り続け、自らの命と引き換えに曹操の窮地を救いました。

ちなみに劉備的盧(てきろ)と呼ばれる凶馬に乗っていたことで有名です。

壇渓(だんけい)を飛んで劉備の窮地を救っています。

 

 

三国志の時代の馬

 

実際に三国志の時代に活躍した馬は、このような大型なものではなく、

高さは130cmほどで、小柄の馬だったようです。

羌や馬超の兵はこの馬を乗りこなし、その機動力を駆使して戦っていました。

日本でも戦国大名の武田信玄が無敵の騎馬隊を率いていたことで有名ですが、

三国志の時代の馬と同じような大きさだったのではないかという説があります。

サラブレットのような大型な改良馬の登場は江戸時代以降になるからです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

馬超軍の主力は騎馬隊?

 

西方のチベット系遊牧民族である「羌」は、

北方のモンゴル系騎馬民族の「匈奴(きょうど)」と同じように馬を巧みに操っています。

涼州(りょうしゅう)で勢力を伸ばした董卓(とうたく)馬騰(ばとう)は、その羌兵を軍に編入させて戦力を増強しています。

馬騰の兵を引き継ぎ、羌と結んで曹操に対抗した馬超の軍の主力もやはり騎馬隊だったことでしょう。

その中でも馬超の乗っていた馬がもっともポテンシャルが高かったに違いありません。

しかし、どのような馬に乗っていたのかは記録が残っていません。

馬超の愛馬を知りたかった方には残念な話でしょう。

想像するに、もしかすると呂布の赤兎馬に匹敵するような名馬に乗っていたかもしれませんね。

 

馬超の愛馬に名前をつけてみよう!

 

ということで、馬超の愛馬の存在はもはや確かめようがありません。

ですから、ここはひとつ馬超の愛馬に名前をつけてみましょう。

ポイントはイメージカラーでしょうか。

赤兎馬は「赤」ですし、趙雲(ちょううん)の愛馬と伝わる白竜は「白」です。

絶影は「黒」でしょうかね。

曹操には爪黄飛電(そうこうひでん)という名馬もいたそうですが、こちらは「黄」でしょう。

張飛(ちょうひ)に愛馬の鳥雲踏雪(ちょううんとうせつ)もやはり「白」ですね。張遼(ちょうりょう)の愛馬の「黒捷(こくしょう)」は「黒」です。

そうなると「青」か「紫」、「緑」が残っていますね。

紫は孫権(そんけん)のイメージが強いので、青か緑でしょうか。

そういえば成都(せいと)にある武候祠(ぶこうし)の馬超像は青と緑の甲冑(かっちゅう)姿でしたね。

ちょうどピッタリなような気がします。

さて、どんな名前がいいのでしょうか?

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

ちなみに寒色のひとつに「青緑色」というカラーがあるそうです。

大空と広大な草原をイメージできていいですね。

「浅葱風」なんてのはどうでしょう。

浅葱(あさぎ)は、日本では新選組が羽織で使用したカラーですね。

青緑色とほぼ同じカラーのようです。

水浅葱は囚人服の隠語なので、あまり良いイメージはないかもしれませんが、

心に深い闇を持つ馬超にはなぜかはまるような気がします。

最終的に完全に私の独断偏見で馬超の愛馬の名前をつけてしまいました。

センス無いでしょうか。

皆さんは馬超の愛馬にどんな名前をつけたいですか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝…
  2. 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説
  3. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  4. 諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?
  5. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐…
  6. 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜
  7. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  8. 袁紹はどんな性格で他の群雄との違いはなんだったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定
  2. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?
  3. 袁紹の攻略方法は!?曹操が使った袁紹の攻略方法を紹介
  4. はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!
  5. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった
  6. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

信濃守護職就任と武田晴信の出家 曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何? あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかると上下関係がわかる! 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの? 袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介 【第2回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】あの袁●が仲間に!攻略が進む! 【キングダム552話】「身を切る作戦」ネタバレ&レビュー 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介!

おすすめ記事

  1. 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!
  2. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」
  3. 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?
  4. 【真・三國無双 Online Z 攻略3】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか!?
  5. 坂本龍馬の愛刀陸奥守吉行はどんな刀?
  6. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?
  7. 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの?
  8. 【はじ三グッズ】「可愛い趙雲のマグカップ」発売開始

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP