はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超




 

西方の異民族である(きょう)の血を引く馬超(ばちょう)は、

その武勇と機動力を最大限に利用して曹操(そうそう)を絶体絶命の窮地まで追い込んだことがあります。

三国志を代表する猛将のひとりですね。

馬の姓を持つ馬超(きんばちょう)こと馬超は、どれほどの名馬に乗っていたのでしょうか。

今回は馬超の愛馬について考察していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

関連記事:錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう

 

 

三国志の名馬たち

 

三国志に登場する名馬でもっとも有名なのは

「人中の呂布(りょふ)、馬中の赤兎」と呼ばれた赤兎馬(せきとば)でしょう。

汗血馬(かんけつば)と呼ばれる中央アジア産の大型の馬で、三国志演義には

1丈の長さ(およそ200cm)、8尺の高さ(およそ180cm)だったと描写されています。

1日で1000里を走ったという伝説の名馬です。

この馬に匹敵するのが曹操の愛馬である絶影(ぜつえい)で、影を止める速度を誇ったと記されています。

こちらも中央アジア産の外国馬だったようで、張繍(ちょうしゅう)謀叛(むほん)の際に曹操を乗せて

矢が三本突き刺さっても走り続け、自らの命と引き換えに曹操の窮地を救いました。

ちなみに劉備的盧(てきろ)と呼ばれる凶馬に乗っていたことで有名です。

壇渓(だんけい)を飛んで劉備の窮地を救っています。

 

 

三国志の時代の馬

 

実際に三国志の時代に活躍した馬は、このような大型なものではなく、

高さは130cmほどで、小柄の馬だったようです。

羌や馬超の兵はこの馬を乗りこなし、その機動力を駆使して戦っていました。

日本でも戦国大名の武田信玄が無敵の騎馬隊を率いていたことで有名ですが、

三国志の時代の馬と同じような大きさだったのではないかという説があります。

サラブレットのような大型な改良馬の登場は江戸時代以降になるからです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

馬超軍の主力は騎馬隊?

 

西方のチベット系遊牧民族である「羌」は、

北方のモンゴル系騎馬民族の「匈奴(きょうど)」と同じように馬を巧みに操っています。

涼州(りょうしゅう)で勢力を伸ばした董卓(とうたく)馬騰(ばとう)は、その羌兵を軍に編入させて戦力を増強しています。

馬騰の兵を引き継ぎ、羌と結んで曹操に対抗した馬超の軍の主力もやはり騎馬隊だったことでしょう。

その中でも馬超の乗っていた馬がもっともポテンシャルが高かったに違いありません。

しかし、どのような馬に乗っていたのかは記録が残っていません。

馬超の愛馬を知りたかった方には残念な話でしょう。

想像するに、もしかすると呂布赤兎馬に匹敵するような名馬に乗っていたかもしれませんね。

 

馬超の愛馬に名前をつけてみよう!

 

ということで、馬超の愛馬の存在はもはや確かめようがありません。

ですから、ここはひとつ馬超の愛馬に名前をつけてみましょう。

ポイントはイメージカラーでしょうか。

赤兎馬は「赤」ですし、趙雲(ちょううん)の愛馬と伝わる白竜は「白」です。

絶影は「黒」でしょうかね。

曹操には爪黄飛電(そうこうひでん)という名馬もいたそうですが、こちらは「黄」でしょう。

張飛(ちょうひ)に愛馬の鳥雲踏雪(ちょううんとうせつ)もやはり「白」ですね。張遼(ちょうりょう)の愛馬の「黒捷(こくしょう)」は「黒」です。

そうなると「青」か「紫」、「緑」が残っていますね。

紫は孫権(そんけん)のイメージが強いので、青か緑でしょうか。

そういえば成都(せいと)にある武候祠(ぶこうし)の馬超像は青と緑の甲冑(かっちゅう)姿でしたね。

ちょうどピッタリなような気がします。

さて、どんな名前がいいのでしょうか?

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

ちなみに寒色のひとつに「青緑色」というカラーがあるそうです。

大空と広大な草原をイメージできていいですね。

「浅葱風」なんてのはどうでしょう。

浅葱(あさぎ)は、日本では新選組が羽織で使用したカラーですね。

青緑色とほぼ同じカラーのようです。

水浅葱は囚人服の隠語なので、あまり良いイメージはないかもしれませんが、

心に深い闇を持つ馬超にはなぜかはまるような気がします。

最終的に完全に私の独断偏見で馬超の愛馬の名前をつけてしまいました。

センス無いでしょうか。

皆さんは馬超の愛馬にどんな名前をつけたいですか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う…
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖の功績を数えてイメージ回復を図ってみた件
  3. 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?
  4. 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏
  5. 【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した?
  6. 獬豸冠(かいちかん)って何?とんがり帽子は正義のしるし!司法官が…
  7. 袁家をイジメる董卓 【三国志とお金】まともな銭は何処に?消えた良貨の行きつく先
  8. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 西遊記はどうやって出来たの?三蔵法師編
  2. 劉禅と孔明
  3. 孔融と禰衡
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  5. 王莽

おすすめ記事

  1. 【諸葛亮vs曹植】言論バトル、前漢の功臣と二十八将どちらが優秀? 曹植は軟弱ではなかった曹植
  2. 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!
  3. 鎌倉時代は仏像にリアルさを求めた!? 廃仏毀釈
  4. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 馬超と羊
  5. 馬岱の二の舞はごめん!やばい上司から身を守る方法
  6. 篤姫の実家今和泉島津氏はどんな家柄?今和泉家に里帰りした事がある? 篤姫

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬良(眉白)
  2. 夏侯惇
  3. 榎本武揚
  4. 育てる三国志の華

おすすめ記事

三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった キングダム 527話 ネタバレ予想:話槍と鉄槌 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 畠山義就 【応仁の乱】11年間続いた応仁の乱の幕開け御霊合戦とは 三国志補完計画・どちらが本当の三国志?正史と演義 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ! そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる! 織田信長 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP