キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る

この記事の所要時間: 314



陸遜

 

石亭や夷陵の戦いなどで活躍し、孫呉の名将として知られる陸遜(りくそん)

しかし陸遜は最初から孫家に仕えていたわけではなく、孫家に恨みすら抱いていたこともあります。

では孫家に恨みを抱いていた陸遜がどうして孫家に仕えたのか。

今回は陸遜の生い立ちについてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!

関連記事:陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析

 

 

陸家の本家で育つ陸遜

陸遜

 

陸家は江東の名族として知られていました。

陸家に生まれた陸遜は、名族だったことからエリート教育を施され、すくすくと育っていきます。

 

そんな陸遜に大事件がおきます。

それは陸家の当主・陸康(りくこう)が孫家の当主・孫策(そんさく)によって滅ぼされてしまったことです。

陸遜は当時陸康の元にいなかったため助かりますが、

陸家は当主を失った事でボロボロになってしまいます。

 

 

孫家に恨みを持つも・・・・

陸遜

 

陸家は当主・陸康が亡くなってしまいボロボロになってしまいます。

また陸康の息子はまだ幼くて家を取りまとめる能力がありませんでした。

そのため陸遜が陸家を取りまとめることになります。

 

こうして陸家の当主代理となった陸遜は陸家を取りまとめていくことになりますが、

孫家の勢力が江東一帯で拡大。

陸遜は陸家をボロボロにした孫家に恨みを持っていましたが、

このまま孫家と敵対していれば、

陸家が立ち直る前に孫家に吸収されるか、滅ぼされる可能性がありました

そのため陸遜は名士を積極的に登用している孫権(そんけん)の元に出仕することに決めます。

孫策と陸遜

 

しかし陸遜は孫権に仕えるための条件として孫家と婚姻関係を結ぶ事を提案。

孫権は陸遜の条件を飲んで孫策の妹を陸遜に嫁がせます。

こうして陸遜は孫家に対する恨みを捨てて、陸家を守るために孫権に仕えます

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

異民族討伐戦などでコツコツと武勲を上げて出世していく

陸遜

 

陸遜は孫権に仕える事になりますが、

最初から武官として仕えたわけではなく文官の仕事からスタートすることに。

 

陸遜はしっかりと事務作業や飢餓に飢える農民達の統治などを行って成果を出します。

陸遜はこうして少しずつ孫家で実績を積んでいき、

江東に割拠する異民族討伐戦でも成果を着実に出していくのでした。

こうして陸遜は孫家で一歩一歩少しづつ出世していくのでした。

 

陸遜が世に出るきっかけを作ったのはいったい誰!?

呂蒙

 

陸遜は孫家で少しつづ実績を積んでいき、成長していきますが、

陸遜が三国時代に知れ渡ることになったきっかけを作ったのはいったい誰なのでしょうか。

 

陸遜が世に出ることになったきっかけを作ったのは呂蒙(りょもう)でした。

なぜ呂蒙が陸遜を世に出すことになった人物なのか。

それは蜀の名将・関羽(かんう)と関係があります。

 

呂蒙がいたせいで関羽は油断できなかったが・・・・

関羽と陸遜

 

呂蒙は建業に帰って病を癒すことに専念します。

孫呉との国境を守っていた関羽は呂蒙が帰った事で大喜び。

どうして関羽は呂蒙が居なくなって大喜びしたのでしょう。

 

それは関羽が魏の樊城を守っている曹仁(そうじん)との戦っていた事が理由です。

関羽は曹仁が守る樊城を中々攻略することができませんでした。

その理由は兵力不足です。

関羽は孫呉との国境に大軍を置いていたので、樊城攻略軍に増援を送ることができない状況でした。

関羽は呂蒙が建業へ帰還した事で国境の守備兵を大幅に減らして、

樊城攻略軍の増援部隊として派遣することに。

 

しかし関羽が孫呉との国境を守る守備兵を減らしたのは、

呂蒙が帰っただけが理由ではありませんでした。

もう一つ大きな理由があるのです。

 

孫呉の国境守備司令官が陸遜だったから

関羽と陸遜

 

関羽は新たに着任してきた国境守備司令官を知りませんでした。

新しい司令官は陸遜でした。

陸遜はまだ孫呉の内部でも有能な人材だったことが知られず、国外ではほとんど無名に近い武将でした。

 

陸遜は呂蒙と会見し「勝利を重ねている関羽が油断している今、

荊州へ攻撃を仕掛けて奪うべきです。」と呂蒙へ進言。

呂蒙は陸遜のアドバイスを聞いて孫権へ

「私の後任には陸遜がいいでしょう。理由は陸遜の才能と度胸が司令官にふさわしいからです。」

と陸遜を推挙。

 

孫権は呂蒙の推挙を信じて陸遜を蜀との守備司令官として派遣するのでした。

陸遜は着任するとすぐに関羽へ「関羽殿。私は新米で右も左もわかりません。

しかし関羽殿が居るから私は安心してこの地を治める事ができます。

今後は関羽殿に色々と教えてもらいたいと思います。」と関羽にへりくだった手紙を送ります。

 

関羽は陸遜のへりくだった手紙と、

彼があまり名声のない人物だった事も国境の守備軍を大幅に減らした原因の一つです。

こうして陸遜は国境の守備兵が居なくなった蜀へ攻め込んで、蜀が保有していた荊州を奪うことに成功。

そして陸遜は関羽を生け捕りにして討ち取ると瞬く間に陸遜の名声が世に知れ渡ることになり、

孫呉の名将として成長を遂げていくことになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田レン

 

今回はあまり知られていない陸遜の生い立ちをご紹介しました。

陸遜の陸家は呉の四姓と言われる江東を代表する名士でした。

 

しかし呉の四姓には陸家の他に張氏・朱氏・顧氏の三姓があります。

ここでは呉の四姓の代表格をご紹介しましょう。

 

朱桓(しゅかん)朱拠(しゅきょ)は陸家と同じ呉の四姓の朱氏出身の名士です。代表格として知られます。

また孫呉の丞相として活躍した顧雍(こよう)は顧氏出身の名士です。

そして張氏には孫権のアドバイザー張昭(ちょうしょう)ではなく張温(ちょうおん)が入ります。

このような名士達に支えられていた孫家でした。

【参考文献】
ちくま学芸文庫 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!

関連記事:やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬…
  2. 【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?
  3. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半
  4. 蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない
  5. 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件
  6. 陶淵明はどんな人?働きたくないでござる酒を愛したニート系詩人
  7. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?
  8. 【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる
  2. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由
  3. 四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた【三国夢幻紀行 諸葛孔明篇1】
  4. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  5. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散
  6. 孔子と凄く仲が悪かった隠者とはどんな人達?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫策(そんさく)とはどんな人?たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い 【大三国志 攻略10】まさに戦国乱世、怒涛の戦乱の波を無事に乗り切れるのか!? 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠 はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何? 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人

おすすめ記事

  1. 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説
  2. 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察
  3. 四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた【三国夢幻紀行 諸葛孔明篇1】
  4. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?
  5. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』
  6. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】
  7. 幕末の天才?奇人?佐久間象山の名言を紹介
  8. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP