曹操に寵愛された環夫人は、控え目な子育て上手な女性だった


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操の赤ん坊たち

 

『三国志』随一の女好きともいえる曹操(そうそう)は、

たくさんの女性を妻に迎え、

多くの子を設けました。

 

その中でも異彩を放っていたのが(かん)夫人です。

 

彼女が他の夫人と一線を画す理由とは?

今回は環夫人について紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1

関連記事:鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性


大虐殺の最中見出された環夫人

キレる曹操

 

黄巾賊(こうきんぞく)を蹴散らし、

メキメキと力をつけていった曹操。

 

そんな彼が袁紹(えんしょう)と手を組み、

袁術(えんじゅつ)公孫瓚(こうそんさん)と争っていた頃に、

とある事件が起こります。

 

なんと、陶謙(とうけん)によって、

父・曹嵩をはじめとする一族を皆殺しにされてしまうのです。

読書を陶謙に邪魔された曹操

 

これに怒り狂った曹操は復讐を決意し、

50万の兵を率いて徐州に襲い掛かります。

 

川には何十万もの死体が転がり、

鶏や犬の鳴き声さえも

聞こえなくなってしまったという徐州。

 

 

環夫人はこの大虐殺の最中に

曹操の側室として迎え入れられました。


3人の男児を授かる

曹沖

 

環夫人は曹操との間に

曹沖(そうちゅう)曹據(そうきょ)曹宇(そうう)の3人の男児を授かります。

 

この3人はいずれも出来が良く、

その中でも曹沖は

曹操に溺愛されていました。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

将来を嘱望された曹沖

曹沖が亡くなり悲しむ曹操

 

あの曹丕(そうひ)を差し置いて

曹操が後継者にしたいと考えていた曹沖。

 

彼は呉から送られてきた象の重さのはかり方を

5歳にして答えて見せるなど、

大人顔負けの知恵の持ち主でした。

 

しかし、彼が特に優れていたのは知力だけではありません。

その仁徳の高さこそが、彼が曹操に愛された所以だったのです。

 

ある日、曹操が大切にしていた(くら)が鼠に食い破られてしまい、

激怒した曹操は倉庫番を罰しようと息巻きます。

その頃、鼠にものを食い破られることは不吉とされていたのです。

 

これを見ていた曹沖は急いで倉庫番の元に走り、

倉庫番に3日後に自首するように伝えて、

自らの服に穴を開けます。

 

鼠にかじられて服に穴があいたという曹沖を見て

曹操は着ている服までかじられるのだから、

倉庫に置いてある鞍が鼠にかじられても仕方がないと

倉庫番を咎めるのをやめたと言います。

 

それほど縁の深くない家臣までかばう徳の高い曹沖は

曹操だけではなく多くの家臣たちから将来を嘱望(しょくぼう)されていました。

 

しかし、13歳という若さで世を去ってしまいます。

曹操は小馬鹿にしていた加持祈祷(かじきとう)にも手を出すほど

曹沖を死なせまいと奔走しましたが、

それでも愛する息子の命を救うことはできませんでした。


なんだかんだで安寧の日々を送った曹據

 

いよいよ魏が建国され、

曹丕が皇帝として君臨。

後継者になれて喜ぶ曹丕と落ち込む曹植

 

曹丕は大嫌いな弟・曹植(そうしょく)をチクチクと

いじめて遠くに追いやったり、

曹熊(そうゆう)にもチクチク攻撃をして自殺させたりと

兄弟に優しくないことで有名ですが、

曹據はわりと配慮してもらえたご様子。

 

曹丕の計らいで

母・環夫人の故郷である彭城郡(ほうじょうぐん)の王に封ぜられたこともありました。

 

その後、曹丕や曹叡(そうえい)の気まぐれで

各地を転々とした曹據でしたが、

最終的にはやはり彭城王に落ち着きます。

 

乱世を生きたわりには

平和に暮らせた方なのではないでしょうか。


  

 

明帝の心の友・曹宇

曹宇

 

曹宇は甥にあたる曹叡(明帝)と年が近かったこともあり、

幼いころから大変仲がよかったそうです。

 

そのため、曹叡が皇帝の位につくと

曹宇はますます寵愛を受け、

ついには中央に召し出されます。

 

いつもよくしてくれる曹叡に

曹宇は常々恩を感じていたました。

 

ある日、曹叡が病に倒れてしまいます。

これを知った曹宇は毎日のようにお見舞いに訪れました。

 

曹叡は自分の死を予見し、

曹宇に中心となってもらい、

次期皇帝である曹芳(そうほう)の世話をしてもらいたいと

曹宇に頼みます。

 

ところが、

曹宇は自分にそんな力量は無いと断ります。

 

それを聞きつけた劉放(りゅうほう)らが

横やりを入れてきて、

曹爽(そうそう)司馬懿(しばい)に曹芳の世話を任せるべきだと主張。

 

曹叡はこれを受けて悩みに悩むのですが、

結局劉放らの提言に乗っかり、

曹宇を中央から遠ざけてしまったのでした。

 

それでも曹宇は中央から大切に扱われていたそうです。

 

環夫人の教育の賜物

環夫人の教育の賜物

 

早逝(そうせい)してしまったものの曹操に愛された曹沖や、

慎ましく賢く生きた曹據・曹宇といった

3人の息子に恵まれた環夫人。

 

乱世にありながら

無欲に謙虚に生きた彼らの性格は、

環夫人だからこそ育むことができたのでしょう。

 

そんな環夫人の孫である

曹奐(そうかん)は後に皇帝をつとめています。

 

曹奐は元々司馬家の傀儡(かいらい)皇帝のようなものでしたが、

環夫人譲りの欲の無さで、

静かに時代を譲った賢人でした。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1

関連記事:妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

関連記事

  1. 和歌を楽しむ小野小町
  2. 王平は四龍将
  3. 孫策 頬
  4. 荀彧
  5. 関帝廟 関羽

    デザイン担当:よりぶりん

    関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

    三国志の英雄関羽は死後、道教の神様として祀られました。…

  6. 烏桓族

    はじめての変

    曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

    曹操(そうそう)は、率先垂範を旨として危険な戦場でも自ら飛び込…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP