よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操に寵愛された環夫人は、控え目な子育て上手な女性だった

この記事の所要時間: 35




曹操の赤ん坊たち

 

三国志』随一の女好きともいえる曹操(そうそう)は、

たくさんの女性を妻に迎え、

多くの子を設けました。

 

その中でも異彩を放っていたのが(かん)夫人です。

 

彼女が他の夫人と一線を画す理由とは?

今回は環夫人について紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1

関連記事:鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性

 

 

大虐殺の最中見出された環夫人

キレる曹操

 

黄巾賊(こうきんぞく)を蹴散らし、

メキメキと力をつけていった曹操

 

そんな彼が袁紹(えんしょう)と手を組み、

袁術(えんじゅつ)公孫瓚(こうそんさん)と争っていた頃に、

とある事件が起こります。

 

なんと、陶謙(とうけん)によって、

父・曹嵩をはじめとする一族を皆殺しにされてしまうのです。

読書を陶謙に邪魔された曹操

 

これに怒り狂った曹操は復讐を決意し、

50万の兵を率いて徐州に襲い掛かります。

 

川には何十万もの死体が転がり、

鶏や犬の鳴き声さえも

聞こえなくなってしまったという徐州。

 

 

環夫人はこの大虐殺の最中に

曹操の側室として迎え入れられました。

 

 

3人の男児を授かる

曹沖

 

環夫人は曹操との間に

曹沖(そうちゅう)曹據(そうきょ)曹宇(そうう)の3人の男児を授かります。

 

この3人はいずれも出来が良く、

その中でも曹沖

曹操に溺愛されていました。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

将来を嘱望された曹沖

曹沖が亡くなり悲しむ曹操

 

あの曹丕(そうひ)を差し置いて

曹操が後継者にしたいと考えていた曹沖。

 

彼は呉から送られてきた象の重さのはかり方を

5歳にして答えて見せるなど、

大人顔負けの知恵の持ち主でした。

 

しかし、彼が特に優れていたのは知力だけではありません。

その仁徳の高さこそが、彼が曹操に愛された所以だったのです。

 

ある日、曹操が大切にしていた(くら)が鼠に食い破られてしまい、

激怒した曹操は倉庫番を罰しようと息巻きます。

その頃、鼠にものを食い破られることは不吉とされていたのです。

 

これを見ていた曹沖は急いで倉庫番の元に走り、

倉庫番に3日後に自首するように伝えて、

自らの服に穴を開けます。

 

鼠にかじられて服に穴があいたという曹沖を見て

曹操は着ている服までかじられるのだから、

倉庫に置いてある鞍が鼠にかじられても仕方がないと

倉庫番を咎めるのをやめたと言います。

 

それほど縁の深くない家臣までかばう徳の高い曹沖は

曹操だけではなく多くの家臣たちから将来を嘱望(しょくぼう)されていました。

 

しかし、13歳という若さで世を去ってしまいます。

曹操は小馬鹿にしていた加持祈祷(かじきとう)にも手を出すほど

曹沖を死なせまいと奔走しましたが、

それでも愛する息子の命を救うことはできませんでした。

 

なんだかんだで安寧の日々を送った曹據

 

いよいよ魏が建国され、

曹丕が皇帝として君臨。

後継者になれて喜ぶ曹丕と落ち込む曹植

 

曹丕は大嫌いな弟・曹植(そうしょく)をチクチクと

いじめて遠くに追いやったり、

曹熊(そうゆう)にもチクチク攻撃をして自殺させたりと

兄弟に優しくないことで有名ですが、

曹據はわりと配慮してもらえたご様子。

 

曹丕の計らいで

母・環夫人の故郷である彭城郡(ほうじょうぐん)の王に封ぜられたこともありました。

 

その後、曹丕や曹叡(そうえい)の気まぐれで

各地を転々とした曹據でしたが、

最終的にはやはり彭城王に落ち着きます。

 

乱世を生きたわりには

平和に暮らせた方なのではないでしょうか。

 

明帝の心の友・曹宇

曹宇

 

曹宇は甥にあたる曹叡(明帝)と年が近かったこともあり、

幼いころから大変仲がよかったそうです。

 

そのため、曹叡が皇帝の位につくと

曹宇はますます寵愛を受け、

ついには中央に召し出されます。

 

いつもよくしてくれる曹叡に

曹宇は常々恩を感じていたました。

 

ある日、曹叡が病に倒れてしまいます。

これを知った曹宇は毎日のようにお見舞いに訪れました。

 

曹叡は自分の死を予見し、

曹宇に中心となってもらい、

次期皇帝である曹芳(そうほう)の世話をしてもらいたいと

曹宇に頼みます。

 

ところが、

曹宇は自分にそんな力量は無いと断ります。

 

それを聞きつけた劉放(りゅうほう)らが

横やりを入れてきて、

曹爽(そうそう)司馬懿(しばい)曹芳の世話を任せるべきだと主張。

 

曹叡はこれを受けて悩みに悩むのですが、

結局劉放らの提言に乗っかり、

曹宇を中央から遠ざけてしまったのでした。

 

それでも曹宇は中央から大切に扱われていたそうです。

 

環夫人の教育の賜物

環夫人の教育の賜物

 

早逝(そうせい)してしまったものの曹操に愛された曹沖や、

慎ましく賢く生きた曹據・曹宇といった

3人の息子に恵まれた環夫人。

 

乱世にありながら

無欲に謙虚に生きた彼らの性格は、

環夫人だからこそ育むことができたのでしょう。

 

そんな環夫人の孫である

曹奐(そうかん)は後に皇帝をつとめています。

 

曹奐は元々司馬家の傀儡(かいらい)皇帝のようなものでしたが、

環夫人譲りの欲の無さで、

静かに時代を譲った賢人でした。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1

関連記事:妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国…
  2. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  3. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指…
  4. 霊帝が名君だったら三国志はどうなった?本当に無能だったの?
  5. 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師
  6. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は…
  7. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  8. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?
  2. 陸遜はどうやって関羽を破ったの?絶妙な演技力を紹介
  3. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情
  4. 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる
  5. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった!
  6. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう! 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング! 井伊直弼の首はどうなった?消えてしまった首の不思議 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始! 張遼に子孫はいたの?やっぱり子供たちも最強? 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編 キングダムネタバレ予想「エンポ爺は助からない!?」

おすすめ記事

  1. 能ある鷹は爪を隠す!『三国志』に見る韜晦の計
  2. 中華十弓は実在したの?仁淡兄弟は中華十弓に入れるの?
  3. 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説
  4. 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説
  5. 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介
  6. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  7. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?
  8. 白馬の王子がいっぱい?三国志女さらい列伝

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP