ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての変

泣いていると鬼ではなく、張遼がやってくる!?

愛馬に乗り敵を粉砕する張遼


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

張遼

 

「あんまり泣いていると鬼が来ちゃうよ!」

こんな脅し文句を使っているお母さんを見たことはありませんか?

 

最近では「泣いていると鬼から電話が来るよ!」

なんてことになってきているようですが…。

 

実は、その言葉は元々、「泣いていると張遼(ちょうりょう)が来るぞ!」だったのだとか。

そんな泣く子も黙る張遼とはどのような人物だったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!

関連記事: 張遼はどんな最後を迎えた?張遼の死因と年齢を解説


流れに流される張遼

流れに流される張遼

 

張遼は元々丁原(ていげん)の配下でした。

丁原は『三国志演義』で、皇帝の位を密かに狙う董卓(とうたく)に対して強く反発。

董卓がそんな目の上のたんこぶ・丁原を暗殺しようとした結果、戦が勃発。

 

当時、丁原の配下にいた呂布(りょふ)はその武勇で董卓軍を蹴散らします。

そこで董卓は呂布の鼻先に釣糸を垂らします。

釣餌は呂布の親友の李粛(りしゅく)

 

この口上手な釣餌に見事引っかかった呂布は丁原をあっさり裏切ったのでした。

このとき、呂布は丁原の兵も全て董卓にプレゼント。

その中に張遼はいたのです

 

昨日の敵が今日の君主になってしまった張遼。

その不幸は続きます。

 

王允(おういん)の策略で仲違いした董卓と呂布。

今度は呂布が怒りに任せて董卓を斬殺します。

こうして張遼の主君は呂布に。

 

ここまで、自分の意志とは裏腹にコロコロと主君を変えざるを得なかった張遼。

なんとも不憫な彼ですが、ついに運命の主君と出会う日が訪れるのです。


運命の主君との出会い

曹操

 

張遼は元の自分の主君・2人を裏切った呂布にも忠義を尽くす男でした

しかし、袁紹(えんしょう)の元へ行ったり、張邈(ちょうばく)の元へ行ったり、

曹操(そうそう)との戦で敗れてボロボロのところを助けてくれた劉備(りゅうび)を裏切ったりと

相変わらず滅茶苦茶で不義理な呂布。

 

そんな呂布を主君としていることに張遼も次第に迷いを覚えはじめます。

そんな折、張遼についに転機が訪れます。

呂布が曹操に投降したのです。

呂布の助命に対してキレる劉備

 

呂布は必死になって命乞いをします。

自分を使えば百人力だのなんだの、ペラペラペラペラ。

 

張遼は情けない呂布を見て、ついにブチ切れてしまいます。

「この匹夫が!

もう死ぬしかないんだ!

一体何をそんなに恐れているんだ!」

 

そう叫んで、ついでに曹操も罵倒。

曹操も罵倒するあたり、張遼の呂布への忠誠が窺えなくもない…。

 

その後、首を斬ってくれとこうべを垂れ、首をのばした張遼でしたが、

張遼の人となりを良く知る劉備関羽(かんう)が必死でとりなしたことにより、

その命を長らえることになったのでした。

 

今度は曹操に仕えることになるのですが、この曹操こそ、張遼にとって運命の主君だったのです

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

曹操の元でようやく開花した張遼

曹操の元でようやく開花した張遼

 

張遼は曹操の元でメキメキと頭角を現していきました。

特に『三国志演義』での活躍は目覚ましいもの。

 

関羽と仲が良いということで、戦だけではなく様々な場面で花を持たせられることの多い張遼。

そんな彼が正史、『演義』問わず最も華々しい活躍を見せたのは呉との戦・合肥の戦いでした。


呉人のトラウマ・張遼

張遼と楽進と李典

 

どうにも折り合いが悪い李典(りてん)楽進(がくしん)と共に合肥に駐屯していた張遼。

3人が醸し出す雰囲気の悪さを悟ってか、なんと呉が10万の軍勢を引き連れて襲ってきたのでした。

 

ところが、危機を前に張遼・李典楽進の3人は手を取り合います。

張遼はわずか800人の精鋭を引き連れて出陣。

怒涛の快進撃を見せ、鬼神のごとき勢いで孫権(そんけん)の喉元まで迫ります。

 

これには孫権も驚いて退却。

孫権、丘から下りてこい!一騎打ちじゃあ!!」

と叫ぶ張遼。

 

丘の上から張遼を見下ろしたところ、張遼軍の数が極端に少ないことを知った孫権。

人海戦術で張遼軍を取り囲みます。

孫権

 

ところが、張遼は破竹の勢いで包囲網を次々突破。

敵に囲まれてピーピー泣き喚く味方も助けてまわりながら、孫権軍の中を暴れまわります。

 

この勢いに腰が引けた孫権軍の兵たちにあえて張遼と当たる者はありません。

半日間衰えも見せずに戦場を駆けまわる張遼を見て、呉軍の士気はすっかり下がってしまいました。

 

孫権はこれを受けて撤退を決意。

ところが、張遼がそれを許してくれません

 

猛烈な勢いで追いかけてくる張遼軍を相手に呉軍も必死で逃げますが、

なんと退路として当てにしていた橋が落とされているではありませんか!

 

眼前に迫る張遼。

ここで落ちれば、呉もそういう運命だったのだ!

思い切って馬で対岸まで跳んだ孫権。

 

孫権は命からがら逃げ延びたのでした。

このことがあってからは、呉人は張遼の名前を聞くだけで震え上がる始末。

泣く子も黙る張遼として呉人にトラウマを植え付けたのでした。


  

 

勝って兜の緒を締める

張遼

 

呉を見事退却させた張遼に曹操も大満足でしたが、当の張遼はあまり浮かない顔。

 

誰が孫権かわからなかった張遼は、後で孫権が誰だったかを知り、

「アイツだとわかっていたら、すぐにとっ捕まえてやったのに!」

と惜しがるばかりで、勝利を鼻にかけるようなことはなかったようです。

 

なんともストイックな張遼。

戦いぶりだけではなく、その人となりも名将と呼ぶのにふさわしい人物です。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行

関連記事:張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝


 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?
  2. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱…
  3. 竜を追っている石川氏 竜にも階級があった!?某国民的・神龍が登場する漫画は中国史に忠実…
  4. 坂の上の雲の主人公・秋山真之と後漢王朝の張衡には深い関係があった…
  5. 孫権に煽られて憤死する陸遜 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍…
  6. 撃剣を使う曹丕 もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?
  7. 荒れる黄河 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  8. 西郷隆盛像 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備とイチャイチャする孫尚香
  2. 曹操は関羽をGET
  3. 曹操丞相えらいねんで!
  4. 藏覇(臧覇)と孫権
  5. 邪馬台国の卑弥呼はアイドル
  6. 徐福
  7. 鄧禹と光武帝
  8. 呂蒙

おすすめ記事

  1. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?
  2. 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝ったの? 真田丸 武田信玄
  3. 武田信玄の騎馬隊は弱かった?真実を検証 武田騎馬軍団 馬場信春
  4. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景
  5. 東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!
  6. 【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた?

三國志雑学

  1. 三国志のモブ 反乱
  2. 劉曄
  3. 蜀の馬超
  4. 孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 今川義元
  2. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  3. 幕末 魏呉蜀 書物
  4. 真田丸 武田信玄
  5. 合肥の戦いで痛い目にあった孫権
  6. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)
  7. 君たちはどう生きるか?劉禅

おすすめ記事

孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子 【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子 陸遜 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第9部 周瑜と孫策 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介! 【ネタバレ注意】キングダム545話「直感」レビュー&今後予想 剣を持って戦う徐庶 徐庶にはどんな逸話があるの? キングダム53巻 キングダム592話最新ネタバレ「死に場所」レビュー 李儒と三国志 キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い! 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP