キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件

荀彧




荀彧

 

三国志には多くの名門が登場します。

曹操(そうそう)のライバル袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)は名門と呼ばれた袁家出身の武将です。

 

また曹操に殺害された孔融(こうゆう)儒教(じゅきょう)の始祖・孔子の子孫と言われ、

この人もまた三国時代の名門と呼ばれる一人です。

更に曹操の部下・陳羣(ちんぐん)も祖父や叔父さんの名声が高く、

名家と呼ばれる名声を持っていました。

 

このように多くの名門や名家と呼ばれる人達が出現する三国時代ですが、

今回紹介する荀彧三国志の中でもトップクラスの名門

荀家出身の人だったのを皆さんご存知でしたか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世した荀彧の叔父

関連記事:荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫

 

 

おじいちゃん、おじさん、おとうさんも世間に名を知られた一流の人物

白馬寺

 

荀彧の家は超一流の人達を輩出し、名門の名前にふさわしい家柄でした。

彼のお祖父ちゃん・荀淑(じゅんしゅく)は後漢の順帝~桓帝の時代にその名を轟かした有名人で

有能すぎて「神君」と呼ばれていたそうです。

荀淑には八人の息子がいました。

 

この八人の息子は全員優秀で荀家の「八龍」と言われ、

荀彧のお父さんの荀緄(じゅんこん)もこの八龍の一人です。

このように荀家の人々は全員もれなく優秀な人物ばかりを輩出しています。

荀緄

 

更に荀彧の叔父さんにあたる荀爽(じゅんそう)も八龍の一人ですが、

彼は董卓(とうたく)が後漢王朝の政権を握っている時、司空になった人物です。

このように優秀な人材ばかりを輩出してきた荀家が

三国志の中でもトップクラスの名門といえるのではないしょうか。

 

 

名門荀彧だからこそ優秀な人物を紹介できた!?

荀彧

 

荀彧は父の跡を継いで、名門荀家の一員になります。

彼は袁紹の元に行きますが、袁紹がろくな人間ではないと見切って、

曹操の元で仕官することに。

 

荀彧は曹操の幕僚として謀略、内政等多くのことに能力を発揮し、

鍾繇(しょうよう)司馬懿(しばい)は荀彧をめちゃくちゃ褒めたたえています。

このように荀彧はかなり優秀な人物ですが、彼の能力は上記だけにとどまりません。

 

彼はお父さんやお祖父さんが作り上げた人脈ネットワークを駆使して、

多くの人材を曹操へ推挙します。

 

荀彧は従子の荀攸(じゅんゆう)をはじめ郭嘉(かくか)鍾繇陳羣等多くの人材を発掘。

そして荀彧が推挙した人物の多くが大臣クラスの重職へ就任しています。

荀彧の人脈の広さと彼の優れた人物眼があったからこそ

優秀な人材を多く紹介することができたのではないのでしょうか。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

名言であり歴史を変えたアドバイスを残した名門荀彧

曹操を励ます荀彧

 

名門で優秀な荀彧は三国志の歴史に残る名言も多く残しています。

荀彧が残した名言を紹介しましょう。

官渡の戦いで曹操は袁紹軍の大軍の圧力と

自軍の兵糧が少なくなってきた事で心が折れそうになり、

荀彧へ弱音を吐いた手紙を送ります。

 

荀彧は曹操からの手紙を見て

「ここで退くのは良くないです。敵も疲れ勢いが無くなれば敵陣に変化が起きるはずです。

この変化を見逃さずに奇策を仕掛ければ勝つことが出来るでしょう。」とアドバイス。

 

曹操は荀彧のアドバイスを聞いて官渡(かんと)から退却することを止めて

官渡で踏みとどまることに。

曹操が退却をやめて官渡で踏みとどまった事で、

袁紹軍から許攸(きょゆう)が寝返ってくることになり、

袁紹軍の兵糧貯蔵庫へ奇襲攻撃を仕掛け、

袁紹軍に逆転勝利することができます。

 

この時荀彧のアドバイスがなければ、袁紹に曹操が滅ぼされていたかもしれません。

このように考えれば、荀彧の名言でありながら的確な状況判断を述べたアドバイスが

三国志の歴史を変えたと言えるでしょう。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

いかがでしたでしょうか。

今回は名門荀彧をご紹介しました。

彼一代で名門にのし上がったのではなく、何代もかけて

名門の地位を築き上げた事が分かったと思います。

しかし荀彧の死後、彼の息子達はボンクラばかりで

名門の荀家を無くしてしまったのではないのかなと心配している人もいると思います。

そんなことはありません。

 

荀彧の息子達も皆優れており、荀崧(じゅんしょう)は三国時代を統一した晋の国でも重職についています。

更に荀彧の子孫の娘も歴史に名を残した素晴らしい人物です。

このように荀彧の血脈は素晴らしい人物を多く輩出し、

三国志の中でもトップクラスの名門と言えると思います。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?曹操と生涯仲良し綺麗事を言わない荀彧の甥

関連記事:三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 周泰(しゅうたい) 徐盛と周泰って本当に仲が悪かったの?二人の微妙な関係を紹介
  2. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  3. 兵士と禰衡 【将苑】諸葛亮の兵法-勝つ組織と負ける組織の違いとは
  4. 酔っ払う関羽 関羽も食べた巨大ビスケット「博望鍋盔」の由来とお家で作れる豚まん…
  5. 夏侯惇 樊城の戦いに夏侯惇は来るはずだったの?夏侯惇の意外な一面を知る
  6. 劉備 結婚 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  7. 京劇の楽しみ方、ルーツとは?元々は安徽省の劇だった?覇王別姫で知…
  8. 司馬懿は何で諸葛亮宛に黄権を好評した手紙を送ったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  2. 一騎打ちをする太史慈と孫策
  3. 曹叡
  4. 解煩督 呉
  5. 三国志ライター黒田レン
  6. 王基に感謝する司馬昭
  7. 余生をゆっくり過ごす晩年期の徳川慶喜
  8. おんな城主 直虎
  9. 劉備妻つかまる

おすすめ記事

  1. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART2 劉禅
  2. そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ! 曹丕
  3. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生 司馬懿と曹操
  4. 曹休が虎豹騎と呼ばれる最強部隊を率いていた?どんな部隊なの? 虎豹騎を率いる曹休
  5. 【有料記事】少帝劉弁は本当に無能な皇帝だったのか? 小帝
  6. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!

三國志雑学

  1. 法正と劉備
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 三国志大学を目指す曹操
  3. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  5. はじめての三国志 画像準備中
  6. 孔明

おすすめ記事

孔明 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した? 野球をする曹操と関羽と呂布 はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫? ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超 劉禅 劉禅ってどんな政治をしたの?暗愚と呼ばれた君主の政治手腕を解説 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売開始 孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復活させたお話 呂布VS劉備三兄弟 よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!? 呂布VS劉備三兄弟 22話:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP