三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

周瑜は孫策よりも名門で君主になってもおかしくなかった

周瑜はナルシスト
この記事の所要時間: 237




周瑜と孫策が仲がよい

 

三国志を知らない人でも周瑜(しゅうゆ)の名前は断金(だんきん)の交わりの故事や

三國無双等で知っている方は多いのではないでしょうか。

また周瑜諸葛孔明(しょかつこうめい)のライバルとしても描かれ、孫策(そんさく)の盟友としてもその名が知られています。

 

そんな周瑜ですが孫策孫権(そんけん)よりも名門で江南(こうなん)の君主になってもおかしくありませんでした。

周瑜の家がどれくらい名門なのかここで紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち

関連記事:なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?

 

 

後漢王朝きっての名門周家

銅雀台

 

周瑜は揚州盧江郡(ようしゅうろこうぐん)出身の人です。

周瑜の家は後漢王朝初期の皇帝章帝(しょうてい)和帝(わてい)の頃に活躍した

周栄(しゅうえい)と言う人物が祖先となっています。

周栄

 

そして周瑜の従祖父・周景(しゅうけい)は後漢王朝の三公の一つ太尉(たいい)に任命されています。

この周景はとっても人気者で当代の名士の代表格と言われる人達と交流がありました。

 

周景が交流した人物の代表格として党錮(とうこ)の禁に関わった代表的な人物・陳蕃(ちんばん)

第一次党錮の禁が発動した時の有名人・李膺(りよう)

八龍(はちりゅう)」と言われた秀才ぞろいの荀家の一人・荀緄(じゅんこん)等の有名人達と

付き合いがありました。

周瑜

 

このように周景は名士達とも付き合いながら、

後漢王朝の腐敗の原因となっている宦官達を排除するように時の皇帝に進言。

周景の進言は皇帝が採用しなかったので成りませんでしたが、

気骨もある人だったことが伺えます。

 

 

周景の息子も太尉

周景

 

周景の長男周忠(しゅうちゅう)も優秀な人で、彼もまた周景同様太尉の位に就任することになります。

周忠が太尉になったのは董卓(とうたく)が殺害され、李傕(りかく)らが長安でやりたい放題やっている時に就任します。

そのため周忠は三国志の初期の段階で太尉になっており、三国志の時代と無関係ではありません。

このように周家は三国志の名門袁紹(えんしょう)荀彧(じゅんいく)らに負けないくらい名門と言える家柄だったのです。

では周瑜のパパはいったいどの程度の地位にいたのでしょうか。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

周瑜のパパは官職に就任したばかり

周瑜のパパは官職に就任したばかり

 

周瑜のパパ・周異(しゅうい)は周景や周忠のような高い地位にいたわけではありませんでした。

周異は洛陽の令でもし黄巾(こうきん)の乱や宦官討伐作戦等が発動せず、

後漢王朝が健全な状態だったら周景や周忠のような三公になっていたかもしれません。

しかし動乱の時代に突入していたので高位の位に付く事はありませんでした。

 

周瑜は名門一家であったため、若殿としてもてはやされていた

周瑜

 

周瑜の青年時代は中国各地で動乱が起き、

小さい戦から大きな戦まで様々な戦いがそこら辺じゅうで起きていました。

しかし周瑜は上記のように従祖父周景や周忠らが三公の位に登っていた事もあり、

盧江では周家の若様としてもてはやされて過ごしてたそうです。

 

その後周瑜は孫策と出会って意気投合した事で孫家に協力するのですが、

これだけの名門を輩出した家柄です。

もし周瑜が本気を出せば孫家を凌駕するほどの名声と

自らの実力を持って江南に君臨していたと思いますが、皆様はどのように思いますか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

三国志には多くの名門が登場します。

特に有名なのは名門袁家の袁術(えんじゅつ)袁紹ではないでしょうか。

二人は仲が悪く三国志初期の頃は二人の勢力が互いに戦いあう

兄弟喧嘩のような雰囲気を出していました。

 

しかしこの二人に匹敵するほどの名門は三国志にも存在します。

荀彧の家もかなりの名家ですし、今回紹介した周瑜の家も

袁術袁紹に負けないくらいの名家と言っていいでしょう。

そんな名家出身の周瑜がどうして自分よりも家柄で劣る孫家に協力することになったのか。

疑問に思う方もいると思います。

 

どうして周瑜が孫家のような成り上がりの勢力に付き従ったのか。

これは次回書く機会が与えられましたら紹介したいと思います。

はたしてこの周瑜のお話は続くのか。

今後の発展に乞うご期待!!

 

参考文献ちくま学芸文庫 正史三国志呉書等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか?

関連記事:呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 袁術は異常気象のせいで天下を握り損ねたってホント?
  2. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加してい…
  3. 蜀建国の功労者龐統の最期が悲しすぎる
  4. 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風…
  5. マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)
  6. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  7. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは…
  8. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  2. 騎馬兵にあこがれる歩兵

おすすめ記事

  1. 諸葛亮が三人目の後継者候補を言わなかったのはなぜ?
  2. 【三国志平話】俺は周瑜派!龐統が劉備に反逆?
  3. 坂の上の雲の主人公・秋山真之と後漢王朝の張衡には深い関係があった!?
  4. 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました
  5. 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた魏の文官
  6. 【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた?

三國志雑学

  1. 呉の孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

江藤新平 幕末 江藤新平「梟首」その壮絶な最期とは 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!! 李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政権運営者 【第1回 幻想少女】衝撃の三国志が誕生!これぞ三国志革命だ!! 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【9/18〜9/24】

おすすめ記事

  1. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実
  2. 夏侯淵が被った曹操の罪ってどんな刑罰?
  3. 天下の袁紹軍の組織図はどうなってたの?袁紹陣営をミエル化してみる!
  4. 飛び出す三国志絵本「燕虎物語」が素敵!国際手づくり絵本コンクール2009最優秀賞作品をレビューするよ
  5. 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!!
  6. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  7. 【9月の見どころ】9/24公開予定:【三国志平話】高鳴る鼓動!呂布と曹豹、運命の出逢い
  8. だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP