キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

走れ、李福!五丈原への神速メッセンジャー

孔明の遺言を聞きに成都から五丈原まで走った李福




孔明

 

(しょく)丞相(じょうしょう)諸葛亮(しょかつりょう)は西暦234年に北伐の前線・五丈原で亡くなりました。享年54。

三国志演義(さんごくしえんぎ)では、首都の成都にいた皇帝・劉禅(りゅうぜん)丞相危篤(きとく)の報を受けてから、

尚書僕射(しょうしょぼくや)李福(りふく)を五丈原に派遣し、

諸葛亮の後任には誰がふさわしいかを諸葛亮にたずねさせています。

 

三国志演義の記述によれば、丞相危篤の報が発せられてから

亡くなるまでの期間は長く見積もっても8日間しかなかったのですが、

その期間で五丈原からの消息を成都に伝え、

成都からの使者を五丈原に到着させることは可能なのでしょうか。

三国志演義に記されている諸葛亮の命日は8月23日です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーション

関連記事:128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・

 

 

8月中旬からのカウントダウン

諸葛亮の体調不良

 

三国志演義の記述を時系列を追って整理してみましょう。

秋8月、過労気味ではあるもののまあまあ普通に軍務をこなしていた諸葛亮のもとに、

ひとつの消息がもたらされます。

それは、蜀の北伐と同じタイミングで魏に対する遠征を行う約束をしていた呉が、

魏に敗れて退却してしまったという知らせです。

この知らせを受けて諸葛亮はかつて患っていた血を吐く病が再発し、

自ら寿命が長くないことを悟ります。

 

その夜、天文を見ていると、死期が間近に迫っていることが星にあらわれていることに気付きました。

そこで諸葛亮は延命の祈祷(きとう)を行うことにしました。

大小の灯明をともし、7日のあいだ灯明が消えなければ寿命が12年延びるというものです。

これを開始したのが「八月のなかば」とあります。

仮に、これを8月10日だとしましょう。

亡くなる8月23日まで、当日を含めてあと14日間です。

 

 

危篤の報が発送されてから李福が到着するまで

魏延

 

延命の祈祷は順調に進み、6日目の晩となりました。

このとき、敵襲(てきしゅう)を知らせに来た魏延(ぎえん)が歩いた勢いで灯明が消えてしまい、祈祷は失敗します。

これが8月15日です。

いよいよ死期が迫ったとみた諸葛亮は自分の亡き後のことを姜維(きょうい)楊儀(ようぎ)らに指示したあと

昏睡(こんすい)に陥り、翌日の夕方に目覚め、その晩は昏睡と覚醒(かくせい)を繰り返しました。

これが8月16日の夜です。

このあと、三国志演義にはこう書いてあります。

 

孔明連夜表奏后主。后主急遣尚書僕射李福、星夜径到五丈原。

孔明 連夜 後主に表奏す。後主 急ぎ尚書僕射李福を遣り、星夜に(みち)して五丈原に到る)

 

「連夜」の意味が分かりづらいですが、毎晩表文を発送していたという意味ではなく、

成都まで何日もかかる道のりを昼も夜も止めることなく表文をバトンリレーさせたという意味でしょう。

そして、それを受け取った皇帝・劉禅が急いで尚書僕射・李福を派遣したんですね。

「星夜に(みち)して」とありますから、李福は夜を徹し道を急いで五丈原にかけつけたようです。

三国志演義では李福が到着したその日に諸葛亮は亡くなっていますから、

李福が到着したのは8月23日。

8月16日夜に表文が成都に向けて発送され、

それを受け取ってから成都を出発した李福が五丈原に到着するまで、8日間です。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

成都と五丈原の間の距離

 

地図を見たところ、成都と五丈原の間は街道を通って580kmほどのようです。

この道のりを、書簡を届け、使者が来るまで8日間という日程で踏破(とうは)することは可能なのでしょうか。

片道580kmの道のり。1里=400mで換算すると1450里です。

(三国時代の1里はこれより若干長いですが、本稿では便宜上400mで計算します)

当時、軍隊の通常の行軍スピードは1日30里とされていましたが、

その速度だと片道だけで48日もかかってしまいます。

 

1日30里は兵士の体力温存や輜重(しちょう)の運搬も(かんが)みてのスピードですので、

夜を徹して道を急いだ李福はもっと早く移動したはずです。

孟達を討伐する司馬懿

 

三国時代で歴史に残る神速行軍といえば、

西暦228年、蜀に寝返った孟達(もうたつ)司馬懿(しばい)が討伐した時の行軍を思い浮かべます。

その時、司馬懿(えん)から上庸(じょうよう)までの1200里を8日間で移動するという神速で孟達を驚かせ、

備えのないうちに打ち破っています。

これと同等の速度であっても成都から五丈原までは10日もかかってしまいます。

この行軍は1日あたり60kmほどの速度ですので、歩兵の神速行軍だったのでしょう。

 

騎兵の神速行軍といえば、西暦208年、長坂の戦いの際に劉備軍を追撃した

曹純(そうじゅん)虎豹騎(こひょうき)を思い浮かべます。

虎豹騎は曹操(そうそう)軍の精鋭の騎兵隊で、劉備追撃のさいには

一昼夜に300里以上を行軍したといいます。

その虎豹騎のスピードでも成都から五丈原までは5日かかります。

 

ぎりぎり間に合うぞ、李福!

 

さて、8月16日夜に発送された表文。

書簡だけなら駅伝方式ですから虎豹騎の倍のスピードで運ぶことができたとして、

それでも2日半かかってしまいますから、成都に到着したのは8月19日の朝。

そこから李福が五丈原に向けて出発すると、命日の8月23日までは当日を含めて5日です。

さあ、虎豹騎とおんなじスピードで行軍すれば間に合いますよ! がんばれ、李福!

 

やっぱり間に合わない

写真

 

現実的に考えて、成都から五丈原まで5日で移動するということは可能なのでしょうか。

虎豹騎は騎兵の精鋭、いっぽう李福は文官。

虎豹騎のような強行軍に耐えられるとは思えません。

また、道のりも、虎豹騎が走った荊州は平地ですが、

成都から五丈原までは大巴(たいは)山脈と秦嶺(しんれい)山脈の二つの山越えがあり、

崖に板を打ち付けたような狭っまい桟道(さんどう)を馬でぶっ飛ばすことはできません。

8月16日に表文が発せられて李福が8月23日に間に合うことは不可能です。

 

吉川英治さんの工夫

 

この点、吉川英治さんの小説『三国志』では上手に処理されています。

まず、事の発端(ほったん)を「涼秋八月の夜」とぼかして書いてあり、これを8月1日だとすれば、

三国志演義で「八月のなかば」とあるのに比べて十日ほどの余裕ができます。

 

また、諸葛亮の容態については「幾日となく、同じ死生の彷徨(ほうこう)状態が続いた」と記し、

その間、人々が成都からの使者が間に合うかどうかを心配していたことが記されています。

そして結局、吉川さんの三国志では、李福は到着しないのです。

諸葛亮は五丈原にいた人々に遺言をして亡くなっています。

 

李福とのやりとりについては、「原書三国志の描写」として紹介するにとどめています。

きっと吉川さんも、8月なかばに倒れて23日までに李福に遺言は無理だろうと

お考えになったんですね。

 

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

三国志演義を読んで感じた “この日程で李福は間に合うの?”という素朴な疑問を

つきつめていくと、はからずも吉川英治さんの細かい配慮を知ることになりました。

吉川さんは三国志演義の魅力を同時代の日本人に通用する形で書こうとして

いろいろ工夫されていたんですね。

 

とは言え、三国志演義の生の描写もこれはこれで味わいがあります。

虎豹騎なみの神速行軍でめっちゃ急いでかけつけた文官・李福。

なかなか胸を打つと思いませんか?

道中くじけそうになりながらも刻限までに友人のもとへ駆けつけた『走れメロス』の

お話を思い出しました。

李福さんを、こう言って応援してあげたいです。「走れ、李福!」

 

正史三国志蜀書楊戯伝の末尾にある『季漢輔臣賛(きかんほしんさん)』の注に引く

益部耆旧(えきぶききゅう)雑記』によれば、

諸葛亮の病気が重くなったため皇帝・劉禅は李福をお見舞いに行かせ

国家の大計を諮問(しもん)させたとあり、日程的に差し迫った記述はありません。

李福は諸葛亮と語らったあと辞去して成都に向かい、帰路の途中、数日経ったところで

諸葛亮ともっと話さなければならないことがあると気付き五丈原に引き返しています。

(三国志演義では即日戻ってきています)

 

※三国志演義のテキストは下記の李卓吾本を参照しました。
『三国演義(新校新注本)』羅貫中 原著 瀋伯俊 李燁 校注 巴蜀書社出版 1993年11月

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!

関連記事:姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集
  2. 曹操の頭痛の原因は関羽? 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹…
  3. 劉備 結婚 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・…
  4. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた…
  5. 于禁 「于禁は降伏。龐徳は討ち死に」どうして違いが生まれたの??
  6. 過労死する諸葛孔明 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?
  7. 関羽が悪人扱いされない3つの理由
  8. 過労死する諸葛孔明 【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 水野勝成
  2. 司馬遷(しばせん)
  3. 西夏王陵 / wikipedia
  4. はじめての三国志編集長 kawauso

おすすめ記事

  1. 今川義元はなぜ桶狭間の戦いで織田信長に負けたのか? 若き頃の織田信長に敗れる今川義元
  2. 武田信玄はエピソード豊富な戦国武将だった理由 真田丸 武田信玄
  3. 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ? (桃園出版 三国舎)を出版しました
  4. 島津豊久と島津斉彬はどんな関係?豊久と斉彬の共通点も紹介
  5. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの?
  6. 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る

三國志雑学

  1. 龐統
  2. 曹丕
  3. 北伐する孔明
  4. 君たちはどう生きるか?劉禅
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. 明智光秀 麒麟がくる
  3. 法正
  4. 13人の妻達(曹操)
  5. 唐周(とうしゅう)
  6. 辮髪(べんぱつ)

おすすめ記事

李元昊 西夏初代皇帝・李元昊はどんな最期を迎えたの?死亡した理由や墓を紹介 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人? 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯 これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!? 張飛のヨメ 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった? 張魯 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上 陳宮 下ヒの戦いで最期を曹操に惜しまれた陳宮、彼は曹操とどんな関係だったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP