呂布特集
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【魏延粛清作戦】捨て駒同然の扱いをされた馬岱

「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱



よかみかん

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)の数ある版本の中で最もメジャーな毛宗崗(もうそうこう)本と、

吉川英治(よしかわえいじ)さんの小説『三国志』の元ネタになったことで日本人になじみのある李卓吾(りたくご)本。

この二つの版本で、五丈原における馬岱の扱いが違います。

李卓吾本のほうの馬岱はどうも、諸葛亮にいいように利用されてばかりの

捨て駒扱いの哀れな忠犬のように見えてしまいます。

馬岱さん……きっとすごくいい人だったに違いない……)

 

※本稿で扱うのは三国志演義の内容です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ

関連記事:錦馬超には仲間と呼べる人達がいたの?

 

 

諸葛亮の悩み

諸葛亮の悩み

 

()に対する遠征の前線・五丈原で病に倒れた(しょく)丞相(じょうしょう)諸葛亮(しょかつりょう)

死期が迫るなか、一つ心配なことがありました。

それは自らの実力と功績に自信を持つあまり他人の指図を受けることを嫌う傾向が

あらわになっていた武将・魏延(ぎえん)についてです。

 

諸葛亮が健在な間は押さえがききますが、その亡き後には

誰の言うことも聞かなくなるおそれがあると諸葛亮は考えていました。

そこで、自分のみまかった後に魏延が背いたらこの方法にそって魏延を殺すようにと

記した手順書を、丞相の事務を全面的にサポートしていた楊儀(ようぎ)に渡すことにしました。

 

 

魏延粛清作戦の指示

 

諸葛亮は病状が急変して意識を失いそうになった時に

楊儀を呼んで魏延殺害の手順書を手渡しています。

このとき、李卓吾本では馬岱は出てきませんが、

毛宗崗本では馬岱も呼び、小声で魏延殺害のための密計の指示を与えています。

 

魏延粛清作戦は、諸葛亮亡き後に撤兵の総指揮をとる楊儀の言うことを

魏延が聞かずに対立した場合、楊儀が魏延と会話をして気をひいている間に

馬岱が魏延をバッサリ斬ってしまうというものです。

魏延を斬る係の馬岱にはしっかり指示を与えておかなければならないはずですが、

李卓吾本ではどうして馬岱を呼ばずに楊儀だけに指示しているのでしょうか。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

李卓吾本の馬岱は自由に動けない

魏延と司馬懿

 

李卓吾本には、毛宗崗本にはないエピソードがあります。

それは、諸葛亮が敵の大将・司馬懿(しばい)を谷に閉じ込めて焼き殺そうとした際、

司馬懿を誘き寄せる係だった魏延も一緒に閉じ込めて殺そうとしたという話です。

この話の中で、馬岱は谷の出口を閉じる係でした。

 

大雨のために焼け死なずに済んだ魏延が、危うく味方の手によって死ぬところだったと

激怒したため、諸葛亮は谷の出口を閉めた馬岱の手違いのせいであるとして、

馬岱の位階を剥奪し、杖刑四十に処しました。

(馬岱は諸葛亮の指示通りにやっただけなのに可哀相)

魏延

 

位階を失った馬岱を、魏延は自分の副将としたいと諸葛亮にお願いしました。

ここで馬岱は魏延に貼り付くことになったため、

諸葛亮は病状が急変した時に馬岱を呼び寄せることができなかったのです。

もし呼び出せば、あとで馬岱が魏延から

「お前さっき丞相に呼ばれていたがなんの話をしてきたんだ」

とでも言われて面倒なことになるからです。

 

それに、位階剥奪・杖刑四十に処したその日に、諸葛亮からの密使が馬岱を訪れ、

諸葛亮の意図はとっくに馬岱に伝えられていたのです。

粛清作戦の具体的な指示は明記されていませんが、密使が往来できる環境にありました。

このため、李卓吾本では馬岱をわざわざ呼び出さなくても済んだのです。

 

毛宗崗本の馬岱

 

毛宗崗本には魏延焼殺未遂事件なんてありませんから、

馬岱は他の武将たちと全く変わらぬ日常を過ごしていたところで

唐突に諸葛亮から呼び出しを受けて密命を授けられたことになります。

 

魏延の副将なんかではなく、平北将軍として自分の部隊を持っているただの同僚でした。

諸葛亮没後に魏延が撤兵の総指揮をとる楊儀との対立姿勢をあらわにした時、

馬岱は自分も楊儀のことが気に入らないと言って魏延と行動をともにし、

魏延と楊儀が対峙して会話をしている時に不意打ちで魏延を殺しています。

 

諸葛亮の馬岱への配慮

孔明

 

諸葛亮の密命で馬岱がしなければならないのは、逆賊(?)に同調したうえで、

さらに一旦はついていった将軍を裏切って殺すという言語道断なふるまいです。

そんな汚れ仕事をさせる馬岱に対し、諸葛亮は一定の配慮をしています。

毛宗崗本では、諸葛亮が楊儀への遺言の中で挙げている

オススメ武将ラインナップの筆頭に馬岱が入っています。

 

「馬岱、王平(おうへい)寥化(りょうか)張嶷(ちょうぎょく)張翼(ちょうよく)らは、いずれも忠義の士でうんぬん……」

 

汚れ仕事をさせる以上、馬岱にはしっかり報いなければいけないぞ。

分かっているよな楊儀くん!というわけです。

この時点では楊儀は馬岱がスパイとして魏延の味方になることは知りませんが、

全てが終わってからこの遺言を思い出せばぴんとくるというわけです。

 

一方、李卓吾本では遺言のオススメ武将ラインナップに馬岱が入っていません。

代わりに、都から来た勅使・李福(りふく)へのことづてのなかで馬岱に言及しています。

 

「私の任用した人物は廃してはなりません。馬岱は忠義の者ですので、重く用いて下さい」

 

李卓吾本のほうが損している馬岱

 

李卓吾本と毛宗崗本で、馬岱の扱いがどう違うか整理してみます。

 

【李卓吾本】

魏延焼殺未遂事件のあおりで位階剥奪され魏延の副将となる

密使から魏延粛清の手順を指示される

諸葛亮が勅使・李福に馬岱を重用するようことづける

 

【毛宗崗本】

諸葛亮から唐突に呼び出され、魏延粛清の手順を指示される

諸葛亮が楊儀への遺言のなかで馬岱を任用するよう言う

 

 

いずれにしてもスリリングな汚れ仕事を担うことには違いありませんが、

李卓吾本のほうがよりひどい扱いになっています。

李卓吾本では位階剥奪された時点で地位のアドバンテージを失っていますし、

現場で全てを目撃し馬岱に感謝するであろう楊儀に対して馬岱をすすめるのではなく、

はるか離れた都からやってきた全然関係ない人に馬岱を託しています。

そんな人に託しても、きっと馬岱に対して親身なフォローなどしないでしょう。

放っておかれ、忘れ去られるだけです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

魏延焼殺未遂事件で諸葛亮の指示通りに働いたのに位階剥奪・杖刑四十をくらい、

さらに逆賊(?)に同調しながら最後には裏切って殺すというハードな任務を受け、

任務達成後の名誉回復の保証もない。

李卓吾本の馬岱はずいぶんひどい扱いを受けています。

 

はるか離れた都からちらっとやってきただけの勅使に託すという

お粗末なバックアップ体制は、本気で馬岱を守ろうとするものとは思えません。

ほとんどどうでもいい捨て駒扱いだったのではないでしょうか。

 

毛宗崗本は李卓吾本の変な部分を書き換えながら作られた版本ですので、

毛宗崗さんもきっと李卓吾本の馬岱の扱いはあんまりだと思って書き換えたのでしょう。

いい編集だなと思いました。

 

三国志演義のテキストは下記を参照しました。

毛宗崗本:『三国志演義』羅貫中 著 毛綸 毛宗崗 評改 山東文芸出版社 1991年12月

李卓吾本:『三国演義(新校新注本)』羅貫中 著 瀋伯俊 李燁 校注 巴蜀書社出版 1993年11月

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超の死因は何か?病死?隠居?暗殺?自害?

関連記事:裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 袁家をイジメる董卓 【三国志とお金】まともな銭は何処に?消えた良貨の行きつく先
  2. 張飛のヨメ 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?
  3. 曹丕にビビって意見を言えない家臣達 【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君?
  4. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  5. 于禁 于禁は蒼天航路と正史三国志では全然違う?
  6. 張飛と本多忠勝 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  7. 剣を持って戦う徐庶 徐庶は史実ではちゃんと出世していた!やっぱり仕えるなら魏の方が良…
  8. 袁紹と曹操 千数百年経っても面白い!?三国時代笑い話

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  2. 張飛
  3. 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負
  4. 蜀の皇帝に即位した劉備
  5. 項羽と呂布
  6. 孔明のテントがある野外のシーン
  7. 合戦シーン

おすすめ記事

  1. 袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード
  2. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介! 劉姫
  3. 【後漢のゴーマニスト】実証主義を貫いた王充(おうじゅう 苛ついている曹操
  4. 諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは? 孔明
  5. 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】
  6. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3 劉禅

三國志雑学

  1. 玄宗皇帝
  2. 陸遜
  3. 三国志の地図(州)
  4. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 奮闘する黄蓋
  2. 孔融と曹操
  3. 袁術と孫策
  4. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  5. 関羽
  6. 平野国臣
  7. 陸遜

おすすめ記事

劉備と4人の妻 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介 劉虞 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞 成廉、魏越、呂布 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る! 諸葛誕 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに? 孔明 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 【横山光輝三国志】イリュージョンで世を去る諸葛亮 文臣の最高官位に登る鍾繇(しょうよう) 潼関の戦いを勝利に導いた鍾繇その隠れた功績を紹介 韓信vs孔明 諸葛亮は陣形・戦法・軍令を駆使して戦に臨んでいた!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP