はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陸遜の出自と出身は?三国志演義では完全な脇役の陸遜に分析

陸遜




陸遜

 

呉の大黒柱として、国の危機を何度も救ってきた英雄・陸遜(りくそん)ですが、

三国志演義(さんごくしえんぎ)ではかなり渋い脇役ぶりです。生い立ちはほとんど語られていません。

 

三国志演義第38回に登場し、素性が明らかになるのが第83回のことです。

そこで初めて陸遜(りくそん)が美男子であることが紹介されるのです。

 

夷陵の戦いでは劉備(りゅうび)相手に活躍し、

諸葛孔明(しょかつこうめい)の策略に惑わされますが、

その後の陸遜の奮闘ぶりは割愛されおり、孫権(そんけん)に追い詰められ、

憤死したことすらも語られていません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】

関連記事:陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る

 

 

呉郡の豪族の出自

呉郡の豪族の出自と陸遜

 

陸遜は揚州呉郡の出身で、呉郡には「呉の四姓」と呼ばれる有力豪族がいました。

それが「顧」「張」「朱」そして「陸」です。

 

孫権は特別高貴な血筋だったわけでもなく、豪族連合の長のような存在でした。

豪族たちが政治面、軍事面で大きな働きをしたからこそ孫権は呉を建国することができたわけです

 

陸遜はそんな呉の大黒柱である四姓「陸氏」の出自ということになります。

真偽は定かではありませんが、陸氏は高祖(劉邦(りゅうほう))に儒教を勧め、

太中大夫まで昇進した陸賈(りくか)の末裔とされています。

 

陸遜が最終的に政治面でも軍事面でもトップまで登り詰められたのは、

陸氏の出自であったという背景を見逃すことはできないでしょう。

 

 

陸氏の本家の生まれではない

陸氏の本家の生まれではない陸遜

 

陸遜はあくまでも豪族の家系に生まれただけで、

陸氏の当主の座が約束されていたわけではありません。

傍系の出自です。名は遜ではなく、議でした。

 

本家の当主は、陸遜の従祖父であった盧江太守の陸康(りくこう)です。

陸遜の父は九江郡の都尉を務めた陸駿(りくしゅん)という人物でしたが、

陸遜が若い頃に亡くなっています。

 

父を亡くした陸遜は、従祖父を頼り、盧江郡で役人として働きました。

徐州攻めを画策する袁術(えんじゅつ)は、これまで親交のあった陸康に、

兵糧を貸してもらうよう頼みましたが、陸康は拒否しています。

 

陸康は武勇に優れているだけでなく、義にも篤い人物で、不正を嫌っていたようです。

皇帝の命令にも従わなかった過去があります。

 

おそらく私欲にまみれた袁術の方針に、大義名分はないと判断したのでしょう。

以降、陸康は袁術に攻められるようになります

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

陸氏の当主となる

陸氏の当主となる陸遜

 

陸康には陸績(りくせき)などの子供がいましたが、

年齢なども考慮して(おそらく才能や器量も関係していたと思いますが)、

陸遜が陸康の後継者となり、当主となりました。

 

ちなみに陸績も才能あふれる人物で、孫権に仕えました

張昭(ちょうしょう)に高く評価され、虞翻(ぐほん)や龐統(ほうとう)とも親しかったのですが、

自己主張が強すぎて孫権に嫌われ、左遷させられています。

 

陸遜は亡くなった孫策(そんさく)の娘を正妻に迎え、

孫氏と親戚関係になったことで、さらに重用されることになります。

 

ちなみに孫策にはもうひとり娘がおり、

そちらは陸遜と同じく「呉の四姓」である顧氏の顧劭に嫁いでいます。

さらにこの顧劭の母は、陸康の娘です。

孫氏、陸氏、顧氏にはかなり強い結びつきがあったということです

 

孫権によって有力豪族は始末される

孫権によって有力豪族は始末される陸遜

 

しかし皇帝に即位した孫権は、顧氏と陸氏の勢力を少しずつ削いでいきます。

皇太子を巡る骨肉の争い「二宮の変」によって、顧氏の当主・顧譚(こたん)は流罪となりました。

 

陸遜もまた、諫言を繰り返しましたが、それによって孫権に疎まれ、憤死しています。

孫権は、もはや自分は有力豪族連合の長ではないということを示したかったのでしょうか。

 

三国志ライターろひもとの独り言

三国志ライターろひもとの独り言

 

関羽(かんう)を倒すことに貢献し、劉備を撃退したことで、

逆に三国志演義ではスポットが当たることの少ない陸遜ですが、

三国志の一角を担う「呉」建国の立役者であることは間違いありません。

 

陸氏や顧氏、孫氏の関係などを見ていくと、呉が最も地縁に縛られ、

人間関係としては窮屈な国だったかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】

関連記事:陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 幕末 魏呉蜀 書物 銭大昕ってどんな人?経学考証の手法を史学に応用した博学の人
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった!…
  3. 姜維の北伐失敗と蜀の衰退
  4. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  5. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!
  6. 愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編
  7. みんな~!数学の時間だよ~!算木を使って問題を解いてみよう
  8. 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. スーパーDr華佗
  2. 後藤象二郎

おすすめ記事

  1. 【はじめての三国志編集部】今年もおつかれさまでした。 はじめての三国志
  2. 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始! 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略2】兗州攻略とあの名将たちが仲間に!!面白すぎて仕事放棄中!!
  4. 孫策の最強の武器なんと・・・・言葉とハンコ(玉璽) 玉璽
  5. 三國志戦記とはどんなアプリゲーム?
  6. 関羽は本当に反権威の人だったのか?

三國志雑学

  1. 魏の曹操孟徳
  2. 孫権 冠
  3. 撃剣を使う曹丕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 龐統
  2. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
  3. はじめての三国志編集長 kawauso

おすすめ記事

腐れ儒者気質な孔融 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者 平清盛 鎌倉幕府 鎌倉時代を扱った映画で当時の様子がリアルにわかる4選 親バカな諸葛孔明 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子 【重要なお知らせ】ストライキ決行 はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選 三国志ライター黒田レン 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの? はてなマークな劉備と袁術 榊原康政の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある善導寺へのアクセス方法 徐庶 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP