呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏はどのように興り、どのように滅んでいったのか

魏曹操と魏軍と呉軍




居酒屋三国志

 

三国志』とは言いながら、

三国が鼎立したのはけっこう終盤だということに

皆さんはお気づきでしょうか。

 

実は、それぞれの王朝が

どのように興ってどのように滅んでいったのか

よくわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、そんな皆さんのためにまず、

魏王朝がどのようにして興り、

最後はどのように滅んでいったのかを

ご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志ファン必見】これが魏の軍隊だ!

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

 

曹操が魏の礎を築く

曹操が魏の礎を築く

 

『三国志』初心者の中には、

魏という王朝を立てたのは

曹操(そうそう)だと思っている人も多いようです。

 

しかし、曹操は魏という国を建てたわけではありません。

曹操はあくまで魏の礎を築いたに過ぎず、

自ら皇帝を名乗ることはありませんでした。

 

しかし、曹操は献帝(けんてい)から魏王に封じられています。

王というのは本来皇族しかなれないもの。

それなのに曹操が魏王になったということは、

ゆくゆくは献帝から帝位を譲ってもらおう…

なんてことを考えていたのかもしれません。

 

 

曹丕、嫌いな奴らをポイポイ

曹丕、嫌いな奴らをポイポイ

 

父・曹操が築いた礎の上に

魏王朝を完成させたのは息子の曹丕(そうひ)でした。

 

曹丕は魏王となった後、

献帝から禅譲を受けて

魏の皇帝・文帝(ぶんてい)として君臨します。

 

曹丕は父がかつてそうしたように

内政に力を入れ、

文学を奨励しました。

そのためか、

魏の政治は非常に安定していたといいます。

 

しかし、問題が1つありました。

彼は身内に冷たかったのです…

かつて熾烈な後継者争いをした曹植(そうしょく)には特に冷たく、

辺境の地に追いやったのでした。

 

最強の戦略教科書『はじめての孫子の兵法』
はじめての孫子の兵法

 

曹叡、人身売買を流行らせる珍プレーを見せる

曹叡、人身売買を流行らせる珍プレーを見せる

 

魏王朝を興した曹丕でしたが、

その数年後に亡くなってしまいます。

そこで、魏の二代目の皇帝として

即位したのが明帝・曹叡(そうえい)です。

 

曹叡は軍事面では

なかなかの手腕を発揮したようですが、

宮殿を次々に建てて民を苦しめたり

謎の婚姻制度を設けて人心売買を横行させたりと

内政はズタボロでした。

 

しかし、そんな彼も若くして病にかかり、

亡くなってしまいます。

 

その後を継いで3代皇帝となったのは曹芳(そうほう)でしたが、

わずか8歳であったために

皇族である曹爽(そうそう)と重臣・司馬懿(しばい)

政務を執り行うことになったのでした。

 

司馬懿によるクーデターが…!

司馬懿によるクーデター

 

2人で曹芳を補佐するよう

曹叡から言付かっていた曹爽でしたが、

次第に司馬懿が目の上のたんこぶのような存在に

感じられるようになっていきます。

 

曹爽は次第に司馬懿を邪険に扱うようになり、

司馬懿はそれに対して静かに不満を募らせていきました。

そして、

曹爽が曹芳と共に曹叡の墓参りに出かけた際、

ついに司馬懿が動き出します。

 

司馬懿は曹爽の留守中に洛陽を乗っ取り、

曹爽を三族皆殺しの刑に処したのです。

これ以降、司馬氏が魏の政権を握ることになったのでした。

 

曹髦の無念

曹髦の無念

 

その後、本来政権を握っているべきである皇族たちは

司馬氏に対して抵抗しますが、

かつて曹丕が身内の力を削いでいたために

司馬氏に返り討ちに遭い、

ますます弱体化していきました。

 

司馬懿の死後に魏の実権を握った司馬師(しばし)は、

色ボケ野郎に皇帝は務まらん

と言って曹芳を廃位します。

 

司馬師は自分好みの曹據(そうきょ)

皇帝として擁立しようと考えていたのですが、

なんとここで曹叡の皇后・郭太后(かくたいごう)曹髦(そうぼう)を猛プッシュ。

結局、曹髦が皇帝となったのでした

 

思い通りに事が進まなかった司馬師は不満げでしたが、

皇族たちは皆

曹髦が皇帝となったからには、

かつてのように魏も栄えよう

と期待に胸を膨らませました。

 

ところが、皇族の期待通りにはなりませんでした。

司馬師やその後を継いだ司馬昭(しばしょう)が政権を牛耳り、

曹髦は持ち前の才能を発揮する場を持つことができなかったのです。

 

しかし、ただ黙っている曹髦ではありません。

司馬昭を討つことを決意したのです。

曹髦は自ら剣を持ち、

数百人の召使と共に司馬昭のもとに向かいました。

 

ところが、

なんと司馬昭の懐刀・賈充(かじゅう)が待ち構えているではありませんか!

これには曹髦もビックリです。

 

なんと味方だと思っていた者の中に、

司馬昭の暗殺を密告したものがいたのでした

 

曹髦は賈充の部下に討ち取られ、

その上皇太后の暗殺を企てていたと汚名を着せられるという

無念の死を遂げたのでした。

 

ついに司馬氏に取って代わられる

ついに司馬氏に取って代わられる

 

曹髦の後に皇帝となったのは、

元帝曹奐(そうかん)です。

曹奐はやはり司馬昭が立てた傀儡皇帝で、

何の力も持っていませんでした。

 

かつて曹奐の祖父・曹操が

皇族ではないにもかかわらず王となったように、

司馬昭もまた

曹奐を操ってうまいこと晋公から晋王になりました。

司馬昭がいつ皇帝になってもおかしくない状況になったのです

 

ところが、司馬昭はその後亡くなり、

司馬炎(しばえん)がその後を継いで晋王となります。

そして、司馬炎はその後間もなく

賈充らと共に曹奐に禅譲を迫り、

晋王朝を立てたのです。

 

こうして5代続いた魏王朝の歴史に

終止符が打たれたのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

盛者必衰(じょうじゃひっすい)とは言いますが、

王朝の興亡は本当に切ないです…。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介

関連記事:【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 曹仁と曹操 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵…
  2. 張遼・楽進・李典 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進
  3. 張遼 カカロットーーーー! 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻
  4. はじめての三国志 画像準備中 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀…
  5. 暴れる関羽 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。
  6. 君主論 董卓 董卓の武勇はすごかった!短命とはいえトップに上り詰めた男の手腕を…
  7. 羽林騎時代の若き董卓 おデブは一日にしてならず董卓を肥満させた儒教の教えとは?
  8. 張遼・楽進・李典 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!01 蔡夫人、張允、蔡瑁
  2. 晋の陳寿
  3. 呉の孫権
  4. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
  5. 司馬懿と曹操
  6. 宦官の趙高

おすすめ記事

  1. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る
  2. 夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった? 徐晃と夏侯淵
  3. 倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説 魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)
  4. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  5. 織田信長の桶狭間の勝利は勘違いで起きた! 馬に乗って戦う若き織田信長
  6. 北条早雲の逸話を紹介、戦国のパイオニアは魅力的な男?

三國志雑学

  1. 賈逵(かき)
  2. 劉邦
  3. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  4. 孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 吉田松陰
  2. 馬謖の陣形に笑う張コウ
  3. ネズミで人生を変えた李斯
  4. 天下三分の計
  5. 袁紹にお茶を渡す顔良
  6. 魏の夏侯淵
  7. 司馬懿

おすすめ記事

天才久坂玄瑞の攘夷実行と現実との剥離 孔明 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編 邯鄲淳とはどんな人?曹丕と曹植が欲しがった学者で笑い話集『笑林』の編者 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備 【三顧の礼】諸葛亮が自ら盛った作り話か!?あったか疑わしい三顧の礼 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【8/28〜9/3】 泣く子も張遼 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説 はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志2月号」1月25日(金)に出版決定 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP