呂蒙の死亡原因は?史実と小説で全然違う!




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

憤死する麋竺(モブ)

 

呂蒙(りょもう)は呉の名将で、関羽(かんう)を討ったことで有名ですね。そんな呂蒙は219年に42歳の若さで亡くなっています。

 

正史三国志_書類

 

その死亡原因なのですが、史実である「三国志」と小説「三国志演義」では全然違うのです。どうしてそのようになってしまったのでしょうか?

 

呂蒙の人生と功績から探ってみたいと思います。




貧乏から身を起こす呂蒙

進軍する兵士b(モブ用)

 

呂蒙は貧しい家に生まれました。あるとき、義理の兄が孫権(そんけん)軍に武将として従軍していました。当時15歳の呂蒙はその軍に勝手についていき、母親にしかられることになります。

 

しかし呂蒙は

「貧しさから抜け出すには危険を冒すしかない」と語り、母親を納得させています。

 

のちに呂蒙は自分を馬鹿にした人物を斬り殺してしまいます。

 

呉の小覇王・孫策

 

それで当時の呉の孫策(そんさく)の前に引っ立てられていったのですが、そこで孫策に才能が認められ、呉軍に武将として仕えることになるのです。

 

関連記事:孫策の許都攻略計画が成功したら三国志はどうなる?if三国志

関連記事:大失敗!孫策の許都襲撃計画と呉を滅亡から救った張紘




数々の戦いに従軍する呂蒙

赤壁の戦いで敗北する曹操

 

そして呉軍の武将として数々の功績をあげ、有名な「赤壁(せきへき)の戦い」でも曹操(そうそう)を破っています。曹操の武将曹仁との戦いでは罠を用いて彼を破ることに成功しています。

 

指揮を取る呂蒙

 

呂蒙は策略がとても得意な人物だったようです。その後は病死した呉の武将周瑜(しゅうゆ)に変わり、呉で重きをなしていくことになるのです。

 

関連記事:三国志演義で周瑜が泥酔し恥ずかしい姿を見せていた

関連記事:名将周瑜は政治のセンスもあった?戦に強いだけじゃない周瑜を考察

 

呉下の阿蒙に非ず

字が読めなくてバカにされる呂蒙

 

呂蒙はその生まれから、正式な学問を受けたことが無く、文字もかけないほどでした。

 

呉の孫権

 

ある日主君の孫権から「職務を遂行するためには学問も身に着けたほうが良いぞ」と注意されてしまいます。

 

勉強する呂蒙

 

そこで呂蒙は一念発起し、必死に学問にはげみます。やがて呂蒙は学者も驚くほどの学識を身に着けることになるのです。

 

魯粛

 

そんな時、同僚の魯粛(ろしゅく)が呂蒙を訪ねてくることがありました。正直、魯粛は呂蒙の学について疑問を持っていたのですが、実際に話し合ってみてその豊かな学識に驚いたといいます。

 

勉強に励んで文字も読めて賢くなる呂蒙

 

そして「もう君の事を呉の町(呉下)にいたときのように気軽に蒙ちゃん(阿蒙、“阿”は“-ちゃん”という意)と呼べないな!」と驚いたそうです。

 

呂蒙はそれに対して「いつも努力しているものは3日も会わないとすっかり変わっているものだよ」(士別れて三日すれば、即ち更に刮目して相待すべし)と答えたそうです。

 

呂蒙

 

これが有名な「呉下(ごか)阿蒙(あもう)(あら)ず」というエピソードです。ちなみにそこで二人が話し合った内容は領土が隣接する関羽対策についてでした。

 

関連記事:魯粛、アホの呂蒙の成長ぶりに驚いた理由とは?【呉下の阿蒙】

関連記事:【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!?

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. ロバ顔の諸葛瑾
  2. 韓綜
  3. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  4. 杯を投げつけ孫権を睨めつけ罵る呂蒙

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP