呂布が時々敗走している理由は?本当に最強なの?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁術と呂布

 

三国志のゲームにおいて武力100の最強武将とされている呂布(りょふ)。この設定は正史三国志でもある程度真実で曹瞞伝(そうまんでん)には「人中の呂布、馬中の赤兎(せきと)」という有名な言葉が出てきます。

 

袁術に助けを求める呂布

 

しかし、その割に正史の呂布を見てみると敗走しているケースも多くあります。果たして呂布は本当に最強なんでしょうか?




正史三国志の呂布の敗北

呂布を水攻めする曹操

 

では、正史の呂布伝における呂布の代表的敗北を見てみます。

 

192年 長安に攻め上って来た李傕(りかく)郭汜(かくしの軍に敗れ董卓(とうたく)の首を持って敗走
195年 陳宮(ちんきゅう)の策謀で兗州(えんしゅう)を陥れ曹操(そうそう)と百日余り激闘した後、糧食が尽きて敗走
197年 徐州(じょしゅう)牧となり(きょ)臧霸(ぞうは)を攻めるが籠城された為に勝てず退却
199年 本拠地の下邳(かひを曹操の大軍に包囲されて補給を断たれ降伏

 

このように、武力100にしては、結構負けている事が分かります。

 

それなのにどうして呂布は最強の呼び声が高いのでしょうか?

以降では、呂布が時々敗北している本当の理由について考えてみましょう。

 

関連記事:赤兎馬はポニーレベル?ちっちゃくてもパワフルな名馬

関連記事:赤兎馬はどうして名馬?呂布の相棒の嘘のようなホントの話




呂布は騎兵であり大敗できない

赤兎馬にまたがる呂布

 

呂布の強さを考える時には、呂布が劉備(りゅうび)や曹操とは根本的に違う存在であった事を考慮にいれないといけません。呂布は赤兎馬(せきとば)を自在に操る并州(へいしゅう)出身の騎兵であり、その配下もまた騎兵でした。

 

騎兵を率いる夏侯尚

 

当時の中国において騎兵は貴重な存在であり、徴兵したからと言って集まるようなものではなく、大量に失ってしまえば補充がききません。

 

行軍する兵士達b(モブ)

 

劉備のような歩兵主体の傭兵なら壊滅しようと劉備さえ無事なら、また徴兵して編制し直すのも難しくありませんが、呂布の場合はそうはいかないのです。

 

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

つまり、呂布は戦いに勝つばかりではなく、騎兵の損耗にも注意を払い、勝算の薄い戦いには、さっさと見切りをつけて騎兵を温存する必要がありました。面子の為に無駄な消耗を招くのは呂布にはナンセンスだったのです。

 

李カク(李傕)

 

その点を留意して呂布の敗北を見ると、長安においては李傕・郭汜の騎兵が圧倒的に多く、虎の子の騎兵が壊滅するのを恐れての敗走ですし、曹操と兗州を争った時には糧食が切れ補給が続かないので敗走しています。

 

李カク(李傕)と郭汜、郭、張済

 

また、臧霸との戦いは籠城戦で騎兵が役立たないので見切りをつけて退却していて、呂布が騎兵を活かせない戦いや食糧を絶たれた状態では、簡単に敗走する様子が分かります。

 

藏覇(臧覇)と呂布

 

これらは計画的敗走であり、敵に全く歯が立たないのとは違うと言えるでしょう。仮に勝利できても、味方が大勢死ぬような勝利は、呂布に取って損害が軽微な敗北よりも性質が悪いのです。

 

関連記事:【新解釈・三國志】董卓はどうして殺されるほど憎まれたの?

関連記事:董卓と呂布の関係、史実での離反は何が原因だったのか?

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 

呂布の勝ちパターン

呂布、黒山賊

 

では、今度は敗走パターンとは逆に呂布の勝ちパターンを見てみましょう。

 

193年 黒山賊、張燕(ちょうえん)の陣に配下の成廉(せいれん)魏越(ぎえつ)を伴い連日突撃、黒山賊壊滅
194年 兗州攻防戦初期、濮陽城(ぼくようじょう)から出て来た夏侯惇(かこうとん)の軍を騎兵で撃破
194年 曹操が青州兵を率いて濮陽を攻めたのを騎兵で迎え撃ち壊滅させる
195年 劉備が下ヒを出て袁術(えんじゅつ)と戦った隙に下ヒを奪いとり独立
197年 陳珪(ちんけい)の策に従い、袁術軍の韓暹(かんせん)楊奉(ようほう)を寝返らせ袁術軍を挟撃撃破

 

 

こうして見ると呂布の勝ちパターンは敵を平地で襲撃して撃ち破るか、敵が本拠地を空けている隙に拠点を奪い、糧食を確保した上で迎撃して狙い撃ちが多い事が分かります。特に黒山賊は歩兵万人、騎兵は数千もあったそうですが、呂布の鍛えた并州(へいしゅう)騎兵には為す術がなかったようです。

 

関連記事:思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

関連記事:呂布は有能に決まってます!その根拠について

 

呂布は最強だが勝ちパターンの狭さに泣いた

三国志の武器 衝車 呂布

 

呂布は平地で騎兵を駆使しての戦いでは、長安で同じく李傕・郭汜の大軍に敗れた以外、無敗で、勝率はかなり高いと言えます。

 

一人で逃げる曹操

 

曹操は最凶の悪名高い青州兵を呂布の騎兵により撃破され、百万を号した黒山賊は呂布の一撃で崩壊に追い込まれました。その意味で騎兵を自在に扱う呂布は、最強武将に位置付けてもいいでしょう。

 

しかし同時に騎兵は活用できる場面がかなり限定される存在であり、また失うと補充する事が難しい兵種であり、維持にもコストが掛かります。

袁術にたかる呂布

 

袁紹(えんしょう)や袁術の下で居候した呂布が部下に略奪を許して両者の顰蹙(ひんしゅく)を買い、逃げていく事になった事実は騎兵に掛かるコストのバカ高さを物語っているとも言えます。并州騎兵には略奪が習い性であり、呂布であろうと制止は難しかったのでしょう。

 

李傕・郭汜祭り

 

同じ事は董卓が洛陽や長安で、配下の李傕や郭汜の略奪を咎める様子がなかった事に当てはまります。呂布は最強騎兵を率いたものの、毎回勝ちパターンを見つける事が出来ず、同時に常に騎兵が活躍できる局面を産み出す戦略的頭脳が欠如していた為に、敗北を繰り返し最強と呼ばれる割に負けが多い武将になったと考えられるのです。

 

関連記事:関羽と呂布と時々赤兎!呂布と関羽はどっちが強い?

関連記事:呂布って本当に強いの?正史を見ると意外な呂布の戦績

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

歴史において、たらればは空しいですが、敢えて呂布に助言するのであれば、参謀の陳宮の進言を素直に受け入れ、中華最強の騎兵を最も価値のある戦いに投資すべきだったと言えるでしょう。

 

呂布

 

それが出来れば、曹操であろうと呂布の騎兵を簡単に打ち砕く事が出来ず、呂布は徐州を温存しつつ、袁術から分離した孫策(そんさく)と手を結ぶなどして、曹操を苦しめる事が可能だったかも知れません。

 

参考文献:正史三国志

 

関連記事:【新解釈・三國志】なぜ呂布は嫌われモノ董卓の部下なの?

関連記事:呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは?

 

【三国志の出世・恋愛・犯罪・全て見せます】
三国志ライフ

 




関連記事

  1. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3
  2. 孟獲キャッチコピー
  3. 劉禅に気に入られる黄皓
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  5. 華雄と呂布

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 3月 05日

    李傕・郭汜は光栄の三国志などに代表される歴史ゲームでは能力がいまいちで過小評価されてるような気がしますが、実際の軍事能力は高いんじゃないかと思います
    呂布以上かどうかはおいといて、台頭に渡り合える軍才はあったと思います
    その後、曹操に負けますがそもそも曹操自身が誰もが認める天才ですし、その前に実力か近しい猛将同士の仲違いで自滅した点も大きいですしね




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP