陳羣への対応から分かる、郭嘉への曹操評価がおもしろい




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操と郭嘉

 

郭嘉(かくか)と言えば曹操(そうそう)がかの赤壁(せきへき)において「郭嘉がいたら負けなかったもんね!(意訳)」とまで言ったとされる、正史においてはその策謀は正に奇士とまで言われた軍師中の軍師。

 

郭嘉

 

その一方で私生活は決して、決して(二回目)褒められたところがなく、むしろ私生活が乱れに乱れていたから寿命を縮めたのではないかとも言われた人物です。そんな郭嘉への曹操からの高い評価についてもう一度見直してみましょう。

 




郭嘉亡き後

郭嘉が亡くなり悲しむ曹操

 

前述したように、曹操は赤壁の戦いで負けた際には「郭嘉さえいれば」とまで嘆いたと言われる人物。

 

郭嘉

 

その郭嘉は38歳と言う若さで儚くなりましたが、その死における曹操の嘆きは悲痛なものでした。

 

 

哀哉奉孝

痛哉奉孝

惜哉奉孝

 

「哀しいかな奉孝 痛ましいかな奉孝 惜しいかな奉孝」

 

 

郭嘉が亡くなり悲しむ曹操

 

これは郭嘉の死を聞いた曹操が零した言葉ですが、哀しい、そして痛ましいという言葉に曹操の悲痛な思いが、そして惜しいと最後に零した言葉には曹操の郭嘉に対する高い評価が込められていると思います。

 

関連記事:「魏書」「蜀書」「呉書」から読み取る赤壁の戦いの謎!実際の孔明は何も出来なかった?

関連記事:赤壁の戦いの時の兵力って曹操軍と連合軍でどれぐらい差があったの?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




 

郭嘉の貢献

郭嘉

 

事実、郭嘉の曹操に対する貢献は短い期間であっても多数ありました。

 

郭嘉

 

曹操が袁紹(えんしょう)と天下の覇者を賭けて戦った(そんで後ろで袁術(えんじゅつ)がうろうろしていた)官渡(かんと)の戦いでも、背後の孫策(そんさく)の心配を擦る曹操を安堵させたり、呂布(りょふ)との戦いでは攻めあぐね退却を考えるまでに至った曹操を押しとどめ、無事に……というのもおかしいですが、この下ヒの地で曹操は呂布と言う難敵を排除するに至ったのです。

 

郭嘉と曹操は意気投合

 

ここに至るまでに郭嘉はいくつもの進言で曹操を助けてきました。

 

関連記事:曹操、宿敵を破る!曹操が「官渡の戦い」で勝利できた理由とは?

関連記事:許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた!

 

【三国志の時代の流れを決定付けた重要な戦い】
官渡の戦い特集

 

 

劉備への目

劉備と郭嘉

 

また、曹操は取り入れることはなかったものの、郭嘉は劉備(りゅうび)を遥かに早い時期から危険視していました。特に袁術討伐を曹操が劉備に任せた際には、劉備の裏切りの危険性を程昱(ていいく)と共に進言しています。

 

早めに劉備を暗殺しようと曹操に献策する郭嘉

 

残念ながらこの進言は曹操は取り入れることはなく、後に曹操はこの進言を聞き入れなかったことを悔いました。まだまだ誰も注目していなかった劉備を見抜いた、慧眼(けいがん)を持っていたと言えますね。

 

関連記事:劉備は曹操と天下を争う気はなかった?陳寿の人物評がなかなか面白い

関連記事:関羽は劉備の配下ではなかった?荊州独立説を考察

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

 

素行不良

 

そんな数々の進言を曹操に行い、数々の献策で曹操を助けた郭嘉。しかしそんな郭嘉にも大問題と言える一点がありました。

 

郭嘉の素行が悪いとキレる陳羣

 

素行不良です。これを行ったのが曹丕(そうひ)の四友の一人陳羣(ちんぐん)。陳羣は郭嘉だけではないものの、数々の素行の悪い人物を曹操に上奏、改善要請を出したと言います。

 

関連記事:曹魏で三公までなった陳羣とはどんな人だったのか?

関連記事:【劉備の初軍師・陳羣】劉備が逃げられた陳羣と徐庶には共通点があった

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 早めに劉備を暗殺しようと曹操に献策する郭嘉
  2. 仮病を使う若き司馬懿に嫌がらせをする曹操
  3. 郭嘉と曹操は意気投合
  4. 北方謙三 ハードボイルドな曹操
  5. 曹操・曹丕・曹叡の3代に仕えた朱霊

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP