諸葛亮から曹真に送られたスパムメールの内容とは?【三国志演義】

2022年3月24日


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

スパムメール(1P目)

 

ヒドイ手紙を読んで曹真憤死

憤死する麋竺(モブ)

 

曹真は諸葛亮からの手紙をみて驚きました。

 

その内容は

「学もない若輩者(じゃくはいもの)め」

「先の戦でのお前は無様だった!」

「戦わないで逃げるとはたいした臆病者だな!」

「どの面下げて中原に帰るのか?」

などと、曹真への罵詈雑言(ばりぞうごん)にあふれたものでした。

 

これを読んだ曹真は怒りのあまり、そのまま死んでしまったのです。これが中国史でよく見る「憤死」というものですね。

 

関連記事:4104名に聞きました!諸葛亮被害者の会筆頭は?孔明の度重なるハラスメントを受けた三国志人物

関連記事:それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選

 

 

 

 

正史での曹真

曹真を引き取り養う曹操 +曹丕

 

小説「三国志演義」では手柄をすべて司馬懿にとられ、酷い手紙を送られた曹真でしたが、正史「三国志」では優秀な武将です。彼は幼くして父を亡くし、曹操(そうそう)によって息子同然に育てられました。そしてその武勇を認められ、曹操の騎馬親衛隊「虎豹騎(こひょうき)」の指揮を任されるようになります。

 

後ろ向きになって弓矢を放ち虎を倒す曹真 虎豹騎

 

そこで様々な戦いにおいて功績を挙げ、魏軍で重きをなすようになっていきます。

 

曹叡に蜀を征伐することの必要性を説く曹真

 

かれは曹丕(そうひ)とも兄弟同然に育てられたため、曹丕が皇帝に即位してからも信頼され、息子の曹叡の補佐も頼まれています。

 

関連記事:戦場で華々しい活躍をした三国志時代の特殊部隊

関連記事:街亭の戦いで蜀が勝っていたら?電撃作戦を狙っていた北伐【if三国志】

 

三国志ライフ

 

 

 

曹真の死

呉軍を撃退する曹真

 

曹真は蜀の征伐を進言し、その責任者として蜀征伐に司馬懿と共に赴きます。しかし、長雨が続き、撤退を余儀なくされてしまいます。

 

小説「三国志演義」では諸葛亮による追撃を受け、曹真は怪我をしてしまいますが、正史では両軍による戦闘は行われていません。曹真は続く諸葛亮の北伐への対応の途中に病に倒れ、洛陽に帰ることになります。皇帝曹叡も彼を心配し、見舞うなどしましたが、残念ながら亡くなってしまいます。

 

部下の兵士に褒美(お金)を分け与える曹真

 

手紙云々は「三国志演義」の創作ですね。彼は戦利品を部下に分け与えるなどとても親しまれていた人柄だったそうですよ。

 

関連記事:諸葛亮の奇襲に安定対応!真の孔明キラーは曹真だった

関連記事:魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?

 

佞臣

 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

蜀の正義を盛り上げるためとはいえ、曹真への手紙はちょっと非道ですね。諸葛亮の好感度が下がるだけだと思うのですが、「三国志演義」発行当時の読者はどう思っていたのでしょうか?

 

関連記事:水滸伝と三国志演義の面白い共通点と相違点を考察

関連記事:諸葛亮は誤算だらけの丞相だった?

 

全訳三国志演義

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-諸葛亮
-, ,