はじめての三国志

menu

はじめての変

北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!

この記事の所要時間: 336




三国志 (1の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)

 

三国志の小説、漫画、ゲームに映画と数多く三国志を経験し、

味わってきた中で最も感銘を受けたのが、北方先生の三国志です。

正直、カルチャーショックを受けました。

これまで自分がどれだけ固定観念の塊となって三国志に触れてきたのかを教えられた気がしました。

北方先生の小説は男の生きざまを描かれています。

単純な勧善懲悪の話ではありません。

それぞれに長所があり、短所があります。

登場するキャラクターそれぞれに魅力があるのです。

北方三国志の特徴のある部分を何点かご紹介いたします。




張飛が単なる馬鹿ではない

張飛にお酒 だめだよ

 

酒好きで一騎打ちだけ強い張飛(ちょうひ)

そんなイメージしか私にはありませんでした。

しかし北方三国志に描かれている張飛は違います。

劉備(りゅうび)のためにあえて暴力的なキャラを演じます。

緊張感を与え、戦場で死ぬ兵を少なくするために、あえて訓練で兵を討ち殺すのです。

そしてより劉備のカリスマ性を高めるように仕向けます。

側近にも辛い訓練をさせますが、それは戦場で生き残るためです。

愛情深い張飛の姿がそこにはありました。

北方三国志を読んでから張飛が大好きになってしまいました。




呂布がとにかく一途

連幹の計 呂布 貂蝉

 

裏切者の代名詞である呂布(りょふ)ですが、北方三国志では妻を一途に愛する男で描かれています。

妻を精神的に追いやる病の原因が董卓(とうたく)にあると知って、董卓を斬るのです。

妻への溢れんばかりの愛情に心を打たれます。

北方三国志を読んで、呂布への見方も大きく変わりました。

 

関連記事:本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説

関連記事:思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

 

馬超が孤独を愛する男

馬超仲間入り

 

錦馬超の名で有名ですが、五虎将としての活躍はほとんどない馬超(ばちょう)

基本的に見せ場は曹操との長安での決戦くらいなものです。物語の途中でいきなりフェードアウトしていきます。

馬超はどうした?と、いつも思っていましたが、北方三国志を読んでなるほどと納得しました。

馬超の求めているものが他人とまったく違うからです。

馬超がどこで誰と歴史の表舞台から消えていくのか、北方三国志の醍醐味でもあります。

 

関連記事:馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

 

張衛の苦悩

馬超イラスト0004 kiki

 

他の小説や漫画ではほとんど取り上げられない張衛(張魯の弟です)にスポットを当てているのも北方三国志の面白いところです。

天下に魅せられながらも、宗教の壁を乗り越えられない張衛(ちょうえい)

実に興味深い存在です。そして何か大切なものが欠けていると、

実にくだらない男になってしまうことを張衛は人生をかけて教えてくれます。

その死にざまには驚かされました。

張衛と張飛の関係、張衛と馬超の関係が奥深いです。

 

荀彧の尊王思想

荀彧

 

私はこれまで曹操の一番の家臣は荀彧(じゅんいく)だと思ってきましたが、北方三国志を読んで根本的に誤っていることに気が付きました。

荀彧は曹操の同盟者です。

荀彧の思想は、力を持っている者が政治を仕切るが、国の不動なる柱のような存在も必要だと説きます。

そして不動なる国の中心が千年、二千年と続くことで高貴な血となり、国はその血を中心に安定していくと考えています。

力を持っている者が政治を仕切るところまでは曹操と荀彧は恐ろし程に合致しています。

しかし、それ以降は恐ろしいほどに真逆なのです。

互いにいつかは正面からぶつかり合う日がくることを心の内に秘めながら曹操と荀彧は互いに信じあい手を取り合って乱世を進んでいくのです。

この荀彧の思想を劉備も持っています。

劉備はその思想を呂布と共有したいと願う場面もあります。

それが実現していたら最強のコンビが完成していたかもしれません。

 

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

関連記事:荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

このように北方三国志オリジナルの設定がたくさんあるのですが、それが今まで触れてきた三国志の中で最も斬新で、そして魅力的で、現実的なのです。

私は北方三国志を読んで、これまで腑に落ちなかった点を納得することができましたし、より三国志の魅力を感じることができました。

ぜひ一度読んでみてください。

 

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

 




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 …
  2. 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  3. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…
  4. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  5. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  6. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  7. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  8. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?
  2. 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった
  3. 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情
  4. 90話:張任によって龐統討たれる
  5. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  6. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

涙なしには語れない桃園の結義 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説! 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件? 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者 これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何? 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

おすすめ記事

  1. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1
  2. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?
  3. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた
  4. 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材
  5. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  6. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?
  7. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!
  8. 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP