北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志演義_書類

 

三国志の小説、漫画、ゲームに映画と数多く三国志を経験し、味わってきた中で最も感銘を受けたのが、北方先生の三国志です。正直、カルチャーショックを受けました。

 

これまで自分がどれだけ固定観念の塊となって三国志に触れてきたのかを教えられた気がしました。北方先生の小説は男の生きざまを描かれています。単純な勧善懲悪の話ではありません。

 

それぞれに長所があり、短所があります。登場するキャラクターそれぞれに魅力があるのです。北方三国志の特徴のある部分を何点かご紹介いたします。




北方謙三の張飛が単なる馬鹿ではない

張飛にお酒 だめだよ

 

酒好きで一騎打ちだけ強い張飛(ちょうひ)。そんなイメージしか私にはありませんでした。しかし北方三国志に描かれている張飛は違います。劉備(りゅうび)のためにあえて暴力的なキャラを演じます。

 

緊張感を与え、戦場で死ぬ兵を少なくするために、あえて訓練で兵を討ち殺すのです。そしてより劉備のカリスマ性を高めるように仕向けます。側近にも辛い訓練をさせますが、それは戦場で生き残るためです。愛情深い張飛の姿がそこにはありました。北方三国志を読んでから張飛が大好きになってしまいました。




北方謙三の呂布がとにかく一途

連幹の計 呂布 貂蝉

 

裏切者の代名詞である呂布(りょふ)ですが、北方三国志では妻を一途に愛する男で描かれています。妻を精神的に追いやる病の原因が董卓(とうたく)にあると知って、董卓を斬るのです。妻への溢れんばかりの愛情に心を打たれます。北方三国志を読んで、呂布への見方も大きく変わりました。

 

関連記事:本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説

関連記事:思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

 

北方謙三の馬超が孤独を愛する男

馬超仲間入り

 

錦馬超の名で有名ですが、五虎将としての活躍はほとんどない馬超(ばちょう)。基本的に見せ場は曹操との長安での決戦くらいなものです。物語の途中でいきなりフェードアウトしていきます。馬超はどうした?と、いつも思っていましたが、北方三国志を読んでなるほどと納得しました。

 

馬超の求めているものが他人とまったく違うからです。馬超がどこで誰と歴史の表舞台から消えていくのか、北方三国志の醍醐味でもあります。

 

関連記事:馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

 

北方謙三の張衛の苦悩

 

他の小説や漫画ではほとんど取り上げられない張衛(張魯の弟です)にスポットを当てているのも北方三国志の面白いところです。天下に魅せられながらも、宗教の壁を乗り越えられない張衛(ちょうえい)

 

実に興味深い存在です。そして何か大切なものが欠けていると、実にくだらない男になってしまうことを張衛は人生をかけて教えてくれます。その死にざまには驚かされました。張衛と張飛の関係、張衛と馬超の関係が奥深いです。

 

北方謙三の荀彧の尊王思想

荀彧

 

私はこれまで曹操の一番の家臣は荀彧(じゅんいく)だと思ってきましたが、北方三国志を読んで根本的に誤っていることに気が付きました。荀彧は曹操の同盟者です。

 

荀彧の思想は、力を持っている者が政治を仕切るが、国の不動なる柱のような存在も必要だと説きます。そして不動なる国の中心が千年、二千年と続くことで高貴な血となり、国はその血を中心に安定していくと考えています。力を持っている者が政治を仕切るところまでは曹操と荀彧は恐ろし程に合致しています。

 

しかし、それ以降は恐ろしいほどに真逆なのです。互いにいつかは正面からぶつかり合う日がくることを心の内に秘めながら曹操と荀彧は互いに信じあい手を取り合って乱世を進んでいくのです。この荀彧の思想を劉備も持っています。

 

劉備はその思想を呂布と共有したいと願う場面もあります。それが実現していたら最強のコンビが完成していたかもしれません。

 

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

関連記事:荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

このように北方三国志オリジナルの設定がたくさんあるのですが、それが今まで触れてきた三国志の中で最も斬新で、そして魅力的で、現実的なのです。私は北方三国志を読んで、これまで腑に落ちなかった点を納得することができましたし、より三国志の魅力を感じることができました。ぜひ一度読んでみてください。

 

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

 

【中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説】

水滸伝入門ガイド

 




関連記事

  1. 北方謙三
  2. 北方謙三 ハードボイルドな司馬懿
  3. 北方謙三 ハードボイルドな張飛
  4. 北方謙三 ハードボイルドな趙雲
  5. 北方謙三 ハードボイルドな呂布
  6. 北方謙三 ハードボイルドな関羽

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • しましま
    • 2020年 4月 17日

    他にも北方版はオリキャラ(馬屋一家、曹操(魏軍)の主治医、各陣営の間者達、猛将の従者達…等々)が自然に物語に溶け込み、かつ狂言回しとしての使い方が非常に上手いというのもあります。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP