キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた




朝まで三国志 董卓

 

史実によると、騎馬した上で両手で弓が引ける程の

筋力の持ち主だったと言われる董卓(とうたく)

しかし、洛陽に入るや否や、献帝(けんてい)を擁立して独裁政治を敷き、

暴飲暴食、酒池肉林をほしいままにして、ぶくぶくと肥満し、

 

董卓 呂布

 

馬が驚くと馬車から転げ落ち、味方に裏切られても、

自分で矛を取る事も出来ないまま呂布(りょふ)に斬られています。

 

では、どうして、董卓はここまで太ってしまったのでしょう?

 

関連記事:本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

関連記事:思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】




董卓は、太りたくて太ったのではない?

朝まで三国志 kawauso

読者の声「あの産廃野郎が、どうして太ったか?なんて知りたくねーよ。

美女、貂蝉(ちょうせん)の話とかでもしやがれ!!」

 

まあまあ、お怒りはごもっともですが、

時には、当然の常識にあえて疑問を投げかけるのも悪くないでしょう。

そもそも、董卓が大柄であった事は間違いないので、元々、

年齢が行って、太りやすくなっていたのは間違いないでしょう。

 

しかし、へそに蝋燭の芯を立てて、火を灯すと、3日3晩燃えた

という程に董卓が太ったのには別に理由がありました。

 

関連記事:中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?

関連記事:中国四大美女のひとり貂蝉

関連記事:悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?




儒教の価値観では、偉い人は動かない

曹植

 

実は儒教の価値観では、労働は身分の卑しい人間の仕事でした。

文字が書ける知識人の階層は、筆を持ち字が書ければよく、

それ以上の仕事は使用人にさせれば良かったのです。

 

曹丕 曹植

 

このような状態ですから、後漢の時代、知識人は、

額に汗するというような労働をしませんでしたし、

それ以上に労働を卑しんでいました。

 

それは、もちろん、運動不足として跳ね返ってきます。

洛陽に入り、献帝を擁立した董卓も、その当時の価値観、

労働は卑しいに染まっていた事と思います。

 

戦え于禁㈪02 董卓

 

西涼で馬に乗り、騎射の術を磨いていた昔は、

そんなに太らなかった董卓も、洛陽でひたすら座り、

馬車で移動する身分になると、どんどん太っていき、

最後には、馬車から転げおちても受け身もとれない

肥満体になったと考えられます。

 

関連記事:洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?

 

中国だけではない欧州でも中世までは労働を忌避した

アダムとエヴァ

(画像引用元:アダムとイブ wikipedia)

 

この労働を卑しいモノと見なす風潮は欧州にもありました。

そもそも、キリスト教では労働は、

楽園で何不自由なく暮らしていた人間の祖、アダムとイブが、

神の言いつけを破って知恵の実を食べた事による罰として、

与えられたとされています。

 

二人は、神の怒りで何不自由なく暮らせた天界の楽園から、

地上に落され、生きる為に、働かないといけなくなるのです。

こんな感じですから、欧州の上流階級が労働を卑しんだのは

当たり前でした。

 

彼らも馬車や使用人が担ぐ、輿(こし)で移動していましたが、

運動不足で肥満し、痛風のような症状に苦しんだ者も

多くいるようです。

 

関連記事:旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓

関連記事:山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界

 

爪を伸ばし特権階級を誇示した西太后、自分で衣服も着られない皇帝

太后

 

欧州においては、宗教改革でルター派が労働の尊さを訴えたので、

労働=卑しいという考えは次第に薄れていきますが、

中国では、最後の清王朝の時代まで、この考えのままでした。

 

例えば、悪女として名高い、西太后(せいたいごう)は、

手の爪をすべて、長くのばしていました。

これは、自分は機織りも、野良仕事もしなくていい、

尊い人間だという自己の身分の高さをPRする為でした。

また、ラストエンペラーで知られる、

愛新覚羅溥儀(あいしんかくら・ふぎ)は、幼少期に皇帝に即位してから、

自分で服を着た事も洗濯をした事もなく、戦犯として矯正所に入っている時、

一人だけ当たり前の作業が出来ず、作業を滞らせ、周囲の人間に嘲笑されるシーンが、

ラストエンペラーという映画に出てきます。

 

関連記事:中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

関連記事:みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

 

三国志ライター kawausoの独り言

kawauso 三国志

 

さて、労働を卑しむ、儒教の弊害から董卓が短期間で

ブクブク太った理由について、追ってみました。

ちなみに、武芸の訓練をするのは、労働ではなく国を守る為の

貴族の神聖な義務だったので問題はありません。

 

董卓も呂布徐栄(じょえい)に任せていないで、たまには、

馬で前線に出ていれば、少しは痩せたでしょうにね、、

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・オガッ!!

 

関連記事:董卓は実は名将軍であるという根拠

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

関連記事:新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ…
  2. 君たちはどう生きるか?劉禅 君たちはどう生きるか?アホ劉禅に学ぶ聡明な生き方
  3. 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天…
  4. 諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?
  5. 司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?
  6. 華雄(かゆう) 華雄って強い将軍?それとも雑魚将軍?華雄の強さを考察
  7. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主…
  8. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. スーパーDr華佗

おすすめ記事

  1. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ? 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  2. 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)
  3. 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから? 始皇帝 はじめての三国志
  4. 幕末の天才?奇人?佐久間象山の名言を紹介
  5. 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生 いずれも名将で明智オワコンに・・ 豊臣秀吉 戦国時代2
  6. 祝二周年記念!はじ三運営陣に色々聴いてみよう!

三國志雑学

  1. 曹彰
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 株式会社三国志で働く劉備と孔明

おすすめ記事

三国志の計略と孔明 謎の中華料理「日本豆腐」と「孔明点灯豆腐」とは? 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争 キングダム53巻 キングダム589話最新ネタバレ「夜の出来事」レビュー 豊臣秀吉 戦国時代2 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とおにぎり食い放題、5日間で70キロ走破 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓 成廉、魏越、呂布 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ! 汗血馬を手に入れる李広利 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった! 【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった!

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP