キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る!

孔明と司馬懿




司馬懿 仲達

 

司馬家は漢の時代から続く名門の家柄。

特に司馬懿(しばい)は、八人兄弟で全員が優秀、皆字に「達」が入っていたので、

八人まとめて「八達」と称されていた。

ちなみに司馬懿はその次男である。




曹操の士官を全力拒否!

曹操

 

人材マニアの曹操(そうそう)は、そんな司馬懿に当然目を付けた。

再三の出仕命令にも、司馬懿は仮病で対応。

 

司馬懿

 

結果、兵士が派遣され、司馬懿は力尽くで出仕させられることになる。

これは想像であるが、名門である司馬家の人間としては、

宦官の家柄の出で成り上がり者である曹操なんぞには仕えたくない!

という意地があったのではないだろうか。




顧狼の相

司馬懿

 

さて、司馬懿と言えば有名なのは、曹操が司馬懿を評して言った「顧狼の相」ということば。

どういう意味かというと、身体は前を向いたまま首だけ後ろを向くことのできる司馬懿は、まるで狼のようで、油断ならないということ。

そんなこと本当に可能だったの!? と突っ込みたくなる話ですが、

この時代は憤死とかもよく起きているので、案外本当のことだったのかもしれません。

 

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

曹丕の後見人に

曹丕 残忍

 

仕官して割とすぐに、曹丕(そうひ)の後見人に選ばれる。

そのまま曹丕曹植(そうしょく)との曹操の後継者争いに突入。

このとき、司馬懿は裏で色々と策略を巡らしたと言われているが、詳細は不明。

 

関連記事:曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?

関連記事:曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?

関連記事:ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

 

政治家として、そして軍師として

曹叡

 

司馬懿は、政治家としての才能にも、軍師としての才能にも恵まれていた。

曹丕の統治下では、もっぱら政治家として、すぐに親政したがる曹丕の都を守る役目を任されていたが、曹丕が40歳で亡くなってしまう。

続いて即位したまだ若い曹叡(そうえい)は、曹丕の信任が厚かった司馬懿を厚遇。

それまでもっぱら政治家としての手腕を発揮していた司馬懿を軍師に抜擢し、その才能を開花させる。

 

関連記事:曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 呂布と劉備 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬ま…
  2. 五斗米道の教祖・張魯 劉備は張魯のおかげで三国志の英雄になれた!?
  3. 土いじりをする劉備 隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志
  4. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥…
  5. kataru 陳寿が語る孫権像
  6. 陶謙 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  7. 公孫淵 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自ら…
  8. 赤壁の戦いで敗北する曹操 曹操、思い出したくないあの場面を知育パズルにされる(華容道)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明
  2. 真田丸 武田信玄
  3. 女真族は辮髪
  4. 蔡琰
  5. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀

おすすめ記事

  1. 明智光秀が愛用した鎧は鎧紅糸縅品小札二枚胴具足とは? 井伊直政
  2. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  3. 成廉(せいれん)とはどんな人?呂布を支えた八健将
  4. kawauso編集長のぼやきVol.3「諦めるとは」
  5. 『ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち』の批評が過激的!あなたの好きな英雄もdisられている?
  6. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】

三國志雑学

  1. 邪馬台国と魏軍の兵士
  2. 後悔する孫権
  3. 李儒と三国志
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽
  2. 真田丸
  3. 周倉
  4. 孔明
  5. 陳寿(晋)
  6. 呂不韋
  7. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

曹植 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの? 劉備勝ちまくり!仮想三国志 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか? 賈詡のせいで董卓死後、中華が戦乱に陥った!? 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 長安ってどんなところ?劉邦が漢王朝の都に定めた長安とは? 孔明VS曹操 そんな!諸葛亮は曹操を目指していた?似てる二人を解説 シリア 関羽 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ 【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ちょうさい) 鮮卑族は敵?味方?くっついたり離れたりする異民族を解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP