三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!




魯粛と袁術

 

別に誰に頼まれたわけではないのに、はじさんが勝手に

フィーチャーして盛り上げている、スーパーエリート袁術伝説。

秒速で皇帝を名乗り、秒速で落ちぶれた男、袁術(えんじゅつ)には、

曹操(そうそう)劉備(りゅうび)にも負けない凄い所が沢山あります。

ここでは、そんな袁術の凄い所をテンポよく紹介していきますよ。




1発目! 四代三公の超名門だから凄い!

袁家ヒストリー01 袁術 袁紹

 

袁術は、後漢でも名門中の名門の家に生まれています。

汝南袁氏は、初代の袁安(えんあん)から始まり、
袁敞(えんしょう)、袁湯(えんとう)、袁逢(えんほう)、

袁隗(えんかい)と4代にわたり、三公という主要な大臣クラスを勤めています。

通常は、一人、三公が出ただけでも大変な名誉なのに、

それが4代、100年以上にわたり出続けた袁家は

文句のつけようがない名門と言えるでしょう。

 

えっ?じゃあ袁術は、三公になったのかって?

うーんとね、袁術は、三公を飛び越えて皇帝になったから、

もっともっと、凄いんです。




2発目! 去る者は負わない主義だから凄い!

袁術と孫策

 

袁術の下には、その名門の名前ゆえに、有能な人材が、

次々と集まってきました。

 

孫家の基礎を築いた孫堅(そんけん)から始まり、

その息子の小覇王、孫策(そんさく)孫策の盟友、周瑜(しゅうゆ)

赤壁の戦いの影の仕掛け人、魯粛(ろしゅく)

さらには、少年時代の諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

いずれも三国志のビッグネームばかりです。

 

しかし、これらの人々は途中で戦死した孫堅を除き、

袁術に一時仕えただけでさっさと出て行ってしまうのです。

 

本来なら泣きべそかきながら追いすがってでも、

思いとどまらせる所ですが、

 

懐が深い袁術は、去るものは追わずを貫きました、そこが凄い!!

 

関連記事:袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた

関連記事:【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは?

 

3発目! 何気にいい人だったりするのが凄い!

朝まで三国志 袁術

 

全体としては有能でも、個人的には残酷非情な人が多い三国志の英傑達。

しかし、袁術は、個人としてもいい話が残っている稀有な人です。

少年時代の陸積(りくせき)が、寿春の袁術邸に遊びに行った時の事、

陸積は、デザートで出された当時は貴重品だったミカンを、

食べずに懐にいれて持ち帰ろうとして、途中で転びミカンをこぼしてしまいます。

 

それを見た袁術は、陸積に「君は泥棒の真似をするのか?」と叱りますが、

陸積が「故郷の母親に食べさせようと思って、、」と説明すると、

その親孝行ぶりに感動して、ミカンを与えています。

 

これは、二十四孝という、中国の道徳の教科書にも載る話です。

 

董卓&呂布

 

また、董卓(とうたく)が洛陽に入り、好き放題に振る舞いはじめた頃、

袁術は、曹操の屋敷にふらっと現れて、家人に

 

「孟徳は、董卓に逆らって殺されたらしい、、

お前達も罪が及ぶ前に洛陽から逃げた方がいいぞ」

 

と、さりげなくアドバイスをして、帰っています。

 

曹操が殺されたというのは誤報でしたが、

その後、董卓に仲間になるように誘われた曹操は、

董卓に先がない事を見越して、これを拒否し、

一族と共に洛陽を離れるので、結果として袁術のアドバイスは、

間違っていなかった事になるのです。

 

何気に良い事をしている袁術、凄いです。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  2. 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!
  3. 釣った人材が次々逃げる!ダメ釣り人袁術
  4. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  5. 関羽に手紙を送る陸遜 陸遜はどうやって関羽を破ったの?絶妙な演技力を紹介
  6. 王朗からの手紙「You降っチャイナ」に諸葛亮ガチギレ
  7. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法
  8. 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 残忍な曹丕
  2. はじめての三国志
  3. 今川義元
  4. キングダム53巻
  5. 魏の曹操孟徳
  6. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)

おすすめ記事

  1. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯 毛沢東(もうたくとう)
  2. 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件
  3. 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介
  4. 辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見を述べた政治家
  5. 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合併を目論んでいた?
  6. 『三國志レギオン』のサービスが10月6日15時をもって終了

三國志雑学

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. 趙雲
  3. 典韋にボコボコにされる成廉
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 献帝
  2. 孫武(ゆるキャラ)
  3. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  4. 呂蒙
  5. 宦官
  6. ミニチュアで遊ぶ董卓

おすすめ記事

織田信長 【センゴク】織田信長が上洛するための大義名分って何?尾張・美濃を攻略する織田家 かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生 董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの? 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに周瑜を追加しました 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 【三国志演義深読み】どうして張遼は丁奉の矢で戦死するのか? 徐庶の初陣 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!

おすすめ記事

  1. 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由 対立する西郷隆盛と大久保利通
  2. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  3. 曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る 曹丕
  4. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!
  5. 関羽のエア息子?関索が大活躍した理由とは 関羽 関索
  6. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?
  7. 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント
  8. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」 兵戸制

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP