ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
Youtube


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!

先読み袁術




魯粛と袁術

 

別に誰に頼まれたわけではないのに、はじさんが勝手に

フィーチャーして盛り上げている、スーパーエリート袁術伝説。

秒速で皇帝を名乗り、秒速で落ちぶれた男、袁術(えんじゅつ)には、

曹操(そうそう)劉備(りゅうび)にも負けない凄い所が沢山あります。

ここでは、そんな袁術の凄い所をテンポよく紹介していきますよ。




1発目! 四代三公の超名門だから凄い!

袁家ヒストリー01 袁術 袁紹

 

袁術は、後漢でも名門中の名門の家に生まれています。

汝南袁氏は、初代の袁安(えんあん)から始まり、
袁敞(えんしょう)、袁湯(えんとう)、袁逢(えんほう)、

袁隗(えんかい)と4代にわたり、三公という主要な大臣クラスを勤めています。

通常は、一人、三公が出ただけでも大変な名誉なのに、

それが4代、100年以上にわたり出続けた袁家は

文句のつけようがない名門と言えるでしょう。

 

えっ?じゃあ袁術は、三公になったのかって?

うーんとね、袁術は、三公を飛び越えて皇帝になったから、

もっともっと、凄いんです。




2発目! 去る者は負わない主義だから凄い!

袁術と孫策

 

袁術の下には、その名門の名前ゆえに、有能な人材が、

次々と集まってきました。

 

孫家の基礎を築いた孫堅(そんけん)から始まり、

その息子の小覇王、孫策(そんさく)孫策の盟友、周瑜(しゅうゆ)

赤壁の戦いの影の仕掛け人、魯粛(ろしゅく)

さらには、少年時代の諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

いずれも三国志のビッグネームばかりです。

 

しかし、これらの人々は途中で戦死した孫堅を除き、

袁術に一時仕えただけでさっさと出て行ってしまうのです。

 

本来なら泣きべそかきながら追いすがってでも、

思いとどまらせる所ですが、

 

懐が深い袁術は、去るものは追わずを貫きました、そこが凄い!!

 

関連記事:袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた

関連記事:【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは?

 

3発目! 何気にいい人だったりするのが凄い!

朝まで三国志 袁術

 

全体としては有能でも、個人的には残酷非情な人が多い三国志の英傑達。

しかし、袁術は、個人としてもいい話が残っている稀有な人です。

少年時代の陸積(りくせき)が、寿春の袁術邸に遊びに行った時の事、

陸積は、デザートで出された当時は貴重品だったミカンを、

食べずに懐にいれて持ち帰ろうとして、途中で転びミカンをこぼしてしまいます。

 

それを見た袁術は、陸積に「君は泥棒の真似をするのか?」と叱りますが、

陸積が「故郷の母親に食べさせようと思って、、」と説明すると、

その親孝行ぶりに感動して、ミカンを与えています。

 

これは、二十四孝という、中国の道徳の教科書にも載る話です。

 

董卓&呂布

 

また、董卓(とうたく)が洛陽に入り、好き放題に振る舞いはじめた頃、

袁術は、曹操の屋敷にふらっと現れて、家人に

 

「孟徳は、董卓に逆らって殺されたらしい、、

お前達も罪が及ぶ前に洛陽から逃げた方がいいぞ」

 

と、さりげなくアドバイスをして、帰っています。

 

曹操が殺されたというのは誤報でしたが、

その後、董卓に仲間になるように誘われた曹操は、

董卓に先がない事を見越して、これを拒否し、

一族と共に洛陽を離れるので、結果として袁術のアドバイスは、

間違っていなかった事になるのです。

 

何気に良い事をしている袁術、凄いです。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操と夏侯惇 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?
  2. 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化
  3. 張遼の猛攻に泣きながら逃げる孫権 孫権vs張遼! 第1次合肥戦役と豪傑・太史慈の最期
  4. 五虎大将軍の関羽 樊城の戦いから関羽の凄さを知る!史実でも関羽は凄かった
  5. 西郷隆盛像 西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの?
  6. 【祝アニメ化】ゴールデンカムイってどんな漫画なの?
  7. 周瑜 周郎 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?
  8. ロバ顔の諸葛瑾 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. お酒が強い篤姫
  2. 織田信長
  3. スピリチュアルにハマる光武帝
  4. 劉禅に気に入られる黄皓
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

【犬戎族編は迷走?】キングダムファンが言えない黒歴史を解説 【1年3ヶ月ぶり】宇治一世 氏の朗読作品「耳で聞いて覚える三国志」の再開お知らせ 松尾芭蕉 服部半蔵と松尾芭蕉は同一人物?都市伝説を検証してみる 織田信長 織田信長は非常に騙されやすいお人好しだった。 洛陽城 【三国志マニュアル】開戦から終戦までの手続きを紹介 小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇? 金栗四三 いだてん 金栗四三と結婚した春野スヤはどんな人?大河ドラマの春野スヤと実際の春野スヤを比較 廃仏毀釈 比叡山が焼かれたのは自業自得?高利貸しだった延暦寺

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP