三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点

この記事の所要時間: 538




曹休

 

魏の曹休(そうきゅう)が石亭の戦いで呉に敗北した隙を突いた

第二次北伐ですが、名将、郝昭(かくしょう)が守る陳倉城の守りの前に

兵糧不足が生じて撤退します。

孔明(こうめい)は責任を負う形で二階級降格の人事を自らに課します。

しかし、第3次北伐では一兵も損なわず、武都と陰平を落として、

その手柄で、孔明は丞相に返り咲きました。

 

前回記事:126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦

はじめての三国志全記事一覧はこちら




迫る第四次北伐、しかし二つの問題が・・

孔明

 

孔明は、息つく暇もなく、第四次北伐の準備に取り掛かりますが、

その頃の蜀には、戦争継続を難しくする二つの難問がありました。

その第一は、どんどんいなくなる人材の枯渇の問題です。

 

趙雲

 

西暦229年、最後の五虎将軍、趙雲(ちょううん)が死去します。

また、張飛(ちょうひ)の息子、張苞(ちょうほう)も第三次北伐で、

破傷風にかかり死にました。

期待をかけていた馬謖(ばしょく)も街亭のミスで処刑しました。

姜維(きょうい)など、次の世代もいるにはいますが、まだ経験不足です。

 

それは、本来なら仕事を分業して、負担を減らしたい孔明に

さらなる負担を掛ける事に繋がります。




もう一つの困難、補給力の問題

祁山、街亭01

 

もう一つの問題は、さらに切実でした。

蜀軍が地形が険しい秦嶺山脈を超えるのに補給が追いつかないのです。

陳倉城だって、食糧さえ十分にあれば包囲を続けて落ちる城だったのに、

それが不足した為に泣く泣く撤退したようなものでした。

 

実際に宿敵の司馬懿(しばい)は蜀軍の補給の脆弱さを見抜いていて、

積極的な攻勢を掛けず戦争を長引かせて、補給切れを待つ

持久戦に切り替えてしまっていた程です。

 

孔明、補給の問題を現地調達で切り抜ける

祁山、街亭04 孔明

 

孔明は、悩んだ末、補給を全て成都から運ぶのはなく、

麦の刈り入れが始まる4月に北伐の時期をずらして行う事に決します。

これにより敵地から食糧を得る事で、補給問題を解決しようとしたのです。

 

西暦231年、2月、孔明は4回目の北伐の陣頭に立ちます。

次の狙いは、祁山(きざん)、このポイントは、北の涼州と

蜀の通路を確保する上で非常に重要でした。

 

祁山を占拠した蜀軍に司馬懿が対峙する

孔明と司馬懿

 

蜀軍が祁山を攻め落とす事は、すでに司馬懿の中で織り込みずみでした。

この祁山を得ないと、孔明が期待する涼州の異民族の援軍も、

得る事が出来ないからです。

 

司馬懿は祁山にやってくると、何の動きもみせず待機しています。

ガッチリ守り、蜀軍の補給が尽きるのを見計らい襲撃するつもりなのです。

なんて、嫌な性格なんでしょう、司馬懿は・・

 

孔明、補給を助ける為に鹵城に向かうが・・

孔明

 

魏と蜀軍は対峙したまま、虚しく時間ばかりが流れます。

すると、当然、蜀軍の補給は苦しくなってきました。

 

普通なら、ここで退却ですが、孔明はここで予定通り、

王平(おうへい)張嶷(ちょうぎ)を祁山本陣の守りに残し

魏延(ぎえん)姜維(きょうい)を伴い、少しの兵力と共に、

鹵(ろ)城に麦を刈り取る為に密かに軍を移動します。

 

しかし、ここでジャーン!ジャーン!と銅鑼が鳴り響きます。

 

なんと司馬懿は、孔明が鹵城の麦を狙う事を見越して、

兵を配置していたのです。

この洞察力の深さには、孔明も舌を巻いてしまいます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス
  2. 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体を…
  3. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  4. マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・
  5. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  6. 130話:孔明無言の帰還と魏延の最後
  7. 三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた
  8. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 腐れ儒者気質な孔融

おすすめ記事

  1. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情
  2. 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの?
  3. 名探偵郭嘉TOP画面
  4. 【春秋左氏伝】兄弟思いの衛の二公子の切なすぎる顛末 関羽に無視される孫権
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】
  6. 経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ」の見どころ紹介 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人? 三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない 黄忠と黄蓋は親族なの?黄忠と黄蓋の違いと共通点をわかりやすく解説

おすすめ記事

  1. 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢
  2. 曹操は最初から荀彧を遠ざけていた!?原因は強烈なニオイ
  3. 典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!?
  4. 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  5. 趙雲は本当に英雄?趙雲はイケメンでかっこよかったの?
  6. 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ
  7. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師
  8. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP