キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点

孔明




曹休

 

魏の曹休(そうきゅう)が石亭の戦いで呉に敗北した隙を突いた

第二次北伐ですが、名将、郝昭(かくしょう)が守る陳倉城の守りの前に

兵糧不足が生じて撤退します。

孔明(こうめい)は責任を負う形で二階級降格の人事を自らに課します。

しかし、第3次北伐では一兵も損なわず、武都と陰平を落として、

その手柄で、孔明は丞相に返り咲きました。

 

前回記事:126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦

はじめての三国志全記事一覧はこちら




迫る第四次北伐、しかし二つの問題が・・

孔明

 

孔明は、息つく暇もなく、第四次北伐の準備に取り掛かりますが、

その頃の蜀には、戦争継続を難しくする二つの難問がありました。

その第一は、どんどんいなくなる人材の枯渇の問題です。

 

趙雲

 

西暦229年、最後の五虎将軍、趙雲(ちょううん)が死去します。

また、張飛(ちょうひ)の息子、張苞(ちょうほう)も第三次北伐で、

破傷風にかかり死にました。

期待をかけていた馬謖(ばしょく)も街亭のミスで処刑しました。

姜維(きょうい)など、次の世代もいるにはいますが、まだ経験不足です。

 

それは、本来なら仕事を分業して、負担を減らしたい孔明に

さらなる負担を掛ける事に繋がります。




もう一つの困難、補給力の問題

祁山、街亭01

 

もう一つの問題は、さらに切実でした。

蜀軍が地形が険しい秦嶺山脈を超えるのに補給が追いつかないのです。

陳倉城だって、食糧さえ十分にあれば包囲を続けて落ちる城だったのに、

それが不足した為に泣く泣く撤退したようなものでした。

 

実際に宿敵の司馬懿(しばい)は蜀軍の補給の脆弱さを見抜いていて、

積極的な攻勢を掛けず戦争を長引かせて、補給切れを待つ

持久戦に切り替えてしまっていた程です。

 

孔明、補給の問題を現地調達で切り抜ける

祁山、街亭04 孔明

 

孔明は、悩んだ末、補給を全て成都から運ぶのはなく、

麦の刈り入れが始まる4月に北伐の時期をずらして行う事に決します。

これにより敵地から食糧を得る事で、補給問題を解決しようとしたのです。

 

西暦231年、2月、孔明は4回目の北伐の陣頭に立ちます。

次の狙いは、祁山(きざん)、このポイントは、北の涼州と

蜀の通路を確保する上で非常に重要でした。

 

祁山を占拠した蜀軍に司馬懿が対峙する

孔明と司馬懿

 

蜀軍が祁山を攻め落とす事は、すでに司馬懿の中で織り込みずみでした。

この祁山を得ないと、孔明が期待する涼州の異民族の援軍も、

得る事が出来ないからです。

 

司馬懿は祁山にやってくると、何の動きもみせず待機しています。

ガッチリ守り、蜀軍の補給が尽きるのを見計らい襲撃するつもりなのです。

なんて、嫌な性格なんでしょう、司馬懿は・・

 

孔明、補給を助ける為に鹵城に向かうが・・

孔明

 

魏と蜀軍は対峙したまま、虚しく時間ばかりが流れます。

すると、当然、蜀軍の補給は苦しくなってきました。

 

普通なら、ここで退却ですが、孔明はここで予定通り、

王平(おうへい)張嶷(ちょうぎ)を祁山本陣の守りに残し

魏延(ぎえん)姜維(きょうい)を伴い、少しの兵力と共に、

鹵(ろ)城に麦を刈り取る為に密かに軍を移動します。

 

しかし、ここでジャーン!ジャーン!と銅鑼が鳴り響きます。

 

なんと司馬懿は、孔明が鹵城の麦を狙う事を見越して、

兵を配置していたのです。

この洞察力の深さには、孔明も舌を巻いてしまいます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 董卓 まだ漢王朝で消耗してるの?第1話:改革なき破壊者 董卓
  2. 卞夫人 曹操 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  3. 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawauso…
  4. 孔明と司馬懿 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす
  5. 梁興(りょうこう)とはどんな人?魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに…
  6. 【祝アニメ化】ゴールデンカムイってどんな漫画なの?
  7. 黄巾賊 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  8. 【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備と孫権
  2. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  3. 韓当(かんとう)
  4. 荀攸と曹操
  5. 五虎大将軍の関羽
  6. 劉備

おすすめ記事

  1. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!
  2. 科挙問題文を紹介!あなたには解ける? 宋代の公務員試験である科挙
  3. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?
  4. 【濡須口の戦い功労者列伝】濡須塢を築き二度も曹操軍を撃退、呂蒙 呂蒙
  5. 篤姫のお墓がある上野寛永寺ってどんな所?一般の墓と違う? 徳川家を守った篤姫
  6. 【睡虎地秦簡】秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルがあった! ネズミで人生を変えた李斯

三國志雑学

  1. 皇帝に就任した曹丕
  2. 華雄と呂布
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 徳川慶喜(幕末)
  3. 明智光秀 麒麟がくる
  4. 楽進
  5. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  6. 陳登と劉備
  7. 典韋にボコボコにされる成廉

おすすめ記事

陳羣と曹丕 実は曹丕が友達いっぱいだったってホント!? 三国志の英雄が未来の人間からパクるという怪現象 王昭儀 王昭儀、曹操に愛され曹丕に大事にされた世渡り上手な女性 【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュールサービス開始 張松 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った蜀の将軍 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍 殺害される姜維と鍾会 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価 はじめての三国志からのお知らせ バナー 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに魏延を追加しました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP