はじめての三国志

menu

はじめての魏

鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん)

この記事の所要時間: 159




曹仁

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

曹仁(そうじん)は、三国志演義では、鈍重で頑固、中途半端な兵法をひけらかし、

徐庶(じょしょ)孔明(こうめい)に翻弄されるという、やられ役になっています。

しかし、実際の曹仁は、聡明で勇気と決断力に優れ曹操(そうそう)を支えた

名将だったのです。




乱暴でも弓と狩猟に明け暮れた少年時代

曹仁 曹操

 

曹仁は字を子孝(しこう)といい、西暦168年、曹操の養祖父、

曹騰(そうとう)の弟曹褒(そうほう)の子、

曹熾(そうしき)の子として誕生します、曹操よりは、十三歳年下になります。

 

若い頃は、乱暴者でしたが、同時に弓馬、狩猟を行って心身を鍛錬し、

190年、反董卓連合軍が結成され、世が騒然とすると、

彼を慕う数千名の少年を束ねて淮水(わいすい)・泗水(しすい)で暴れまわりました。

 

やがて、曹仁は同族の曹操の指揮下に入る事になります。

曹操は、曹仁の部下を統率する事の非凡な事を見抜き、

別府司馬(べっぷしば)に任じて以前の兵をそのまま率いさせる事にします。



騎兵を率いて、袁術、陶謙を撃破する突破力

曹仁

 

曹仁の部隊は騎兵であったようです、193年、曹仁は袁術(えんじゅつ)と戦い、

袁術の兵を他の武将より多く斬り注目されました。

間も無く、曹操は徐州の陶謙(とうけん)を攻めますが曹仁はここでも騎兵を率いて

先陣を務め陶謙軍の呂由(りょゆう)を撃破します。

陶謙には、自慢の丹陽(たんよう)兵という精鋭部隊がいましたが、曹仁の騎兵には

まるで歯が立たず、防戦一方になり曹仁は徐州内を暴れまわります。

 

いい所無しの曹操軍で唯一気を吐いた曹仁

曹操

 

197年、曹仁は、宛(えん)の張繍(ちょうしゅう)と戦い、

周辺の都市を攻撃し3000名の男女を捕虜にする手柄を立てます。

この宛で曹操は、有名な美女の鄒氏(すうし)を得て骨抜きになり、

美貌に溺れる毎日を送り堕落していきますが、

この隙を突いて張繍が背き危機一髪の大ピンチになります。

 

ここでは、曹操軍の多くが油断した為に、長男の曹昴(そうこう)が死に、

ボディーガードの典韋(てんい)も戦死し、曹操軍は防戦一方でしたが、

曹仁は部隊を激励してよく戦い、張繍の追撃を阻止するのに功積を上げました。

曹操は、曹仁の活躍に深く感謝したと言われます。

 

河北平定戦では劉備を撃滅し、曹操を袁紹に集中させる

曹仁 曹操

 

西暦200年、袁紹(えんしょう)にくっついた劉備(りゅうび)は、

撹乱部隊として許昌周辺で、曹操派の豪族達を続々と寝返らせ大兵力を造り上げます。

これには、曹操も慌て、頭が真っ白になってしまいますが、冷静な曹仁は、

「劉備は、まだここにきて日が浅いので、今なら破れます」と進言。

直ちに騎兵で急行して、劉備を撃破しました。

 

これにより曹操は、袁紹との対決のみに頭を使えるようになり、

曹仁は曹操の河北統一に大きな貢献をする事になります。

 

同僚の牛金を救い、呉の周瑜の度肝を抜く

曹仁

 

西暦209年の南郡の攻略戦では、赤壁に勝利して勢いにのる

呉の周瑜(しゅうゆ)と戦います。

初戦において、牛金(ぎゅうきん)が300の手勢で城から出ますが、

周瑜はそれを6000の大軍で包囲して、じわじわ、なぶり殺し

魏軍の士気を下げようとします。

 

「おのれ周瑜!ますらおを侮辱するかッ!!」

 

曹仁は、陳矯(ちんきょう)が止めるのも聞かず、

たった十騎の勇士だけを連れて城を出ると、周瑜軍に突撃し、

見事に包囲を破って牛金を救いだし帰還します。

これにより、魏軍の士気は上がり、周瑜の企みは失敗しました。

 

 

sp_title01

 

 

鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん)

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無…
  2. 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝
  3. 劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人
  4. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  5. 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事…
  6. 27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話
  7. 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」
  8. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの?
  2. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密
  3. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  4. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後
  5. 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた
  6. 赤壁の戦いは計略の宝庫

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう! 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介! 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る! 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一騎打ち 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男 【告知】読者参加型企画!三国志の時代にタイムスリップしたらやりたい事

おすすめ記事

  1. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  2. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  3. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  4. 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱
  5. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  6. 世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑)
  7. 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう!
  8. 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻ってきた戦国四君

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP