英雄の死因
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

はじめての魏

鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん)

曹仁




曹仁

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

曹仁(そうじん)は、三国志演義では、鈍重で頑固、中途半端な兵法をひけらかし、

徐庶(じょしょ)孔明(こうめい)に翻弄されるという、やられ役になっています。

しかし、実際の曹仁は、聡明で勇気と決断力に優れ曹操(そうそう)を支えた

名将だったのです。




乱暴でも弓と狩猟に明け暮れた少年時代

曹仁 曹操

 

曹仁は字を子孝(しこう)といい、西暦168年、曹操の養祖父、

曹騰(そうとう)の弟曹褒(そうほう)の子、

曹熾(そうしき)の子として誕生します、曹操よりは、十三歳年下になります。

 

若い頃は、乱暴者でしたが、同時に弓馬、狩猟を行って心身を鍛錬し、

190年、反董卓連合軍が結成され、世が騒然とすると、

彼を慕う数千名の少年を束ねて淮水(わいすい)・泗水(しすい)で暴れまわりました。

 

やがて、曹仁は同族の曹操の指揮下に入る事になります。

曹操は、曹仁の部下を統率する事の非凡な事を見抜き、

別府司馬(べっぷしば)に任じて以前の兵をそのまま率いさせる事にします。



騎兵を率いて、袁術陶謙を撃破する突破力

曹仁

 

曹仁の部隊は騎兵であったようです、193年、曹仁は袁術(えんじゅつ)と戦い、

袁術の兵を他の武将より多く斬り注目されました。

間も無く、曹操は徐州の陶謙(とうけん)を攻めますが曹仁はここでも騎兵を率いて

先陣を務め陶謙軍の呂由(りょゆう)を撃破します。

陶謙には、自慢の丹陽(たんよう)兵という精鋭部隊がいましたが、曹仁の騎兵には

まるで歯が立たず、防戦一方になり曹仁は徐州内を暴れまわります。

 

いい所無しの曹操軍で唯一気を吐いた曹仁

曹操

 

197年、曹仁は、宛(えん)の張繍(ちょうしゅう)と戦い、

周辺の都市を攻撃し3000名の男女を捕虜にする手柄を立てます。

この宛で曹操は、有名な美女の鄒氏(すうし)を得て骨抜きになり、

美貌に溺れる毎日を送り堕落していきますが、

この隙を突いて張繍が背き危機一髪の大ピンチになります。

 

ここでは、曹操軍の多くが油断した為に、長男の曹昂(そうこう)が死に、

ボディーガードの典韋(てんい)も戦死し、曹操軍は防戦一方でしたが、

曹仁は部隊を激励してよく戦い、張繍の追撃を阻止するのに功積を上げました。

曹操は、曹仁の活躍に深く感謝したと言われます。

 

河北平定戦では劉備を撃滅し、曹操を袁紹に集中させる

曹仁 曹操

 

西暦200年、袁紹(えんしょう)にくっついた劉備(りゅうび)は、

撹乱部隊として許昌周辺で、曹操派の豪族達を続々と寝返らせ大兵力を造り上げます。

これには、曹操も慌て、頭が真っ白になってしまいますが、冷静な曹仁は、

劉備は、まだここにきて日が浅いので、今なら破れます」と進言。

直ちに騎兵で急行して、劉備を撃破しました。

 

これにより曹操は、袁紹との対決のみに頭を使えるようになり、

曹仁は曹操の河北統一に大きな貢献をする事になります。

 

同僚の牛金を救い、呉の周瑜の度肝を抜く

曹仁

 

西暦209年の南郡の攻略戦では、赤壁に勝利して勢いにのる

呉の周瑜(しゅうゆ)と戦います。

初戦において、牛金(ぎゅうきん)が300の手勢で城から出ますが、

周瑜はそれを6000の大軍で包囲して、じわじわ、なぶり殺し

魏軍の士気を下げようとします。

 

「おのれ周瑜!ますらおを侮辱するかッ!!」

 

曹仁は、陳矯(ちんきょう)が止めるのも聞かず、

たった十騎の勇士だけを連れて城を出ると、周瑜軍に突撃し、

見事に包囲を破って牛金を救いだし帰還します。

これにより、魏軍の士気は上がり、周瑜の企みは失敗しました。

 

 

sp_title01

 

 

鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん)

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従…
  2. 17話:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓
  3. 曹操軍 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説
  4. 袁術と孫策 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  5. 孔明と龐統の両軍師 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?…
  6. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていた…
  7. 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将
  8. 郭嘉 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魯粛、周瑜、劉備
  2. 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん)
  3. 孔明と龐統の両軍師
  4. 服部半蔵
  5. 李斯

おすすめ記事

  1. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー
  2. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻 張遼 カカロットーーーー!
  3. 33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操 曹操 油断
  4. 明智光秀は斎藤道三がいなければ歴史に名前が刻まれなかった?その理由は? 斎藤道三
  5. 織田信長を支えた津島神社の門前町・津島とは? 織田信長
  6. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】

三國志雑学

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 孔明の罠
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 龐統
  2. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  3. 曹彰
  4. 楽進

おすすめ記事

騎射の術に長けた騎馬兵士 謎の書物『契丹古伝』とは何?騎馬民族征服王朝説を解説 【感想・ネタバレ】劉備徳子は静かに暮らしたい 1巻 三国志の武将たちが現代の高校生に転生!? 袁術と董卓 【三国志トランプ】なぜこの顔ぶれなのかちょっと謎! 魯粛 魯粛が孫権を煽ったから○○の戦いを決断することができた 中国四大美女のひとり貂蝉 不満が溜まる魏延 魏延への嫌がらせ人事に込められた諸葛亮の愛 趙の旗 戦国策【趙策】人の支持を得て力を万倍とせよの巻 豊臣秀吉 戦国時代2 お笑いウルトラクイズか?大田城、水攻め爆発で落城!秀吉のリベンジはハンパ無い

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP